人気ブログランキング | 話題のタグを見る

音更で夏の図書館まつり

音更で夏の図書館まつり_b0171771_08062319.jpg
音更町図書館=2016年5月撮影

 7月6日,音更町図書館で,「わくわくの夏! ひろがるおはなしの世界」をテーマに,「夏のこども図書館まつり」が開かれ,読み聞かせや人形劇が行われました。
 町図書館ボランティア「すずらんの会」で絵本読み聞かせを担当する「ぎんのすず」のメンバー11人が2階視聴覚室で,「スペシャルおはなし会」を実施しました。

【参考】音更町図書館Web

音更で夏の図書館まつり_b0171771_08512940.jpg
絵本=2023年4月撮影

 十勝毎日新聞が, 「読み聞かせに親子夢中 夏の図書館まつり 音更町図書館」 と伝えています。
 【音更】音更町図書館(加藤正之館長)で6日,「夏のこども図書館まつり」が開かれた。読み聞かせや人形劇が行われ,大勢の親子連れでにぎわった。

 「わくわくの夏! ひろがるおはなしの世界」をテーマに,町図書館ボランティア「すずらんの会」(野原秀範会長,会員34人)が主催した。

 同会で絵本読み聞かせを担当する「ぎんのすず」(石川祐子代表)のメンバー11人が2階視聴覚室で,「スペシャルおはなし会」を実施。「みんなのはなび」(おくはらゆめ作)を読み聞かせ,手遊びや「おまえうまそうだな」(宮西達也作)を人形劇で披露するなど,九つのプログラムで訪れた親子連れ45人を楽しませた。

-略-

(長瀬聡美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2023年07月07日11時26分の記事

# by hombetu | 2024-07-12 00:04 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)

陸別で毛利衛さんが講演

陸別で毛利衛さんが講演_b0171771_08115533.jpg
【参考】毛利衛さん
出典:フリー百科事典『ウィキペディア』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B

 7月6日,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で,「第13回陸別スターライトフェスティバル」が開かれ,宇宙飛行士の 毛利衛(まもる)さん が,「宇宙から見た地球生命のつながり」をテーマに講演 しました。
 毛利さんは1948(昭和23)年,後志管内余市町生まれで,1985年に日本人初の宇宙飛行士に選ばれ,1992(平成4)年に米スペースシャトル「エンデバー号」に日本人科学者として初めて搭乗しました。

陸別で毛利衛さんが講演_b0171771_08103130.jpg
銀河の森天文台展示室=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「陸別 宇宙飛行士の毛利さんが講演 160人が興味津々 スターライトフェスティバル」 と伝えています。
 【陸別】りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(津田浩之館長)で6日,「第13回陸別スターライトフェスティバル」が開かれ,宇宙飛行士の毛利衛さん(76)が,「宇宙から見た地球生命のつながり」をテーマに講演した。約160人の来館者も,毛利さんの体験談に興味津々。熱心に耳を傾けた。

 毛利さんは1948年,後志管内余市町生まれ。85年に日本人初の宇宙飛行士に選ばれ,92年に米スペースシャトル「エンデバー号」に日本人科学者として初めて搭乗し,無重力宇宙実験を遂行。2000年にも同号に搭乗,地球の立体地形図作成のため何度も宇宙で周回するなどした。

 毛利さんは,米スペースシャトル「チャレンジャー」の爆発事故(1986年1月)で,実現できなかったリンゴを用いた宇宙授業を,92年の「エンデバー号」で行った。この実験では生中継も成功させたが,会場では当時の映像も紹介。「ミッションを失敗できない責任の重さがあり,オリンピックの金メダルを取るプレッシャーと一緒」と例えた。

-略-

(津田久美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2023年07月07日9時48分の記事

# by hombetu | 2024-07-11 00:04 | 陸別町の様子 | Comments(0)

国立公園記念し坂本直行の絵画展示

国立公園記念し坂本直行の絵画展示_b0171771_06313681.jpg
【参考】化雲平から望むトムラウシ山=2015年7月
出典:フリー百科事典『ウィキペディア』
Mount Tomuraushi from Kaundaira.jpg

 日高山脈襟裳十勝国立公園の指定を記念し,広尾町にゆかりのある 山岳画家坂本直行氏(1906~82年)が描いた 日高の山々の絵画 が,7月30日まで,町役場1階ロビーに展示されています64年,広尾高校所蔵)の4作品です。

国立公園記念し坂本直行の絵画展示_b0171771_06310110.jpg
広尾町役場=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「国立公園記念し坂本直行の絵画展示 広尾町役場」 と伝えています。
 【広尾】日高山脈襟裳十勝国立公園の指定を記念し,広尾町にゆかりのある山岳画家坂本直行氏(1906~82年)が描いた日高の山々の絵画が,同町役場1階ロビーに展示されている。30日まで。

 「沼の原山よりトムラウシ」(1958年,町博物館所蔵),「浜トヨニより初夏の楽古連山」(1962年,JAひろお所蔵),「画題不明」(1964年,町教育長室掲示)の日高山脈関連作品と,「五月の大雪山(清川より)」(1964年,広尾高校所蔵)の4作品。

 町博物館(シーサイドパーク)以外の所蔵作品にスポットを当てた。坂本直行氏の略歴,日高山脈のパノラマ写真も一緒に掲示している。

-略-

(能勢雄太郎)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2023年07月08日17時33分の記事

# by hombetu | 2024-07-10 00:26 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)

音更高生×インデアンが新カレー

音更高生×インデアンが新カレー_b0171771_07273171.jpg
道の駅おとふけ=2024年5月撮影

 7月1日,音更高校の選択科目「地域資源活用」を履修する5人の3年生が,カレーショップ「インデアン」との コラボメニュー開発 を始めました。
 試食を経て,10月までにオリジナルのメニューを完成させ,12月から道の駅おとふけ内にあるインデアンなつぞら店での試験販売を目指します。
 初めに「インデアン」の平井総務部長が藤森商会の足跡として,1899(明治32)年に創業し,今年で125年目を迎えたことを説明しました。

音更高生×インデアンが新カレー_b0171771_07264456.jpg
「インデアン」芽室店=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「音更高生×インデアン 新カレー考案へ なつぞら店で試験販売も」 と伝えています。
 【音更】音更高校(重堂法人校長,生徒290人)の選択科目「地域資源活用」を履修する5人の3年生が1日,カレーショップ「インデアン」とのコラボメニュー開発を始めた。試食を経て,10月までにオリジナルのメニューを完成させ,12月から道の駅おとふけ内にあるインデアンなつぞら店での試験販売を目指す。(内形勝也)

 取り組むのは,男子生徒でつくる「もぐもぐプロジェクト班」。「音更町の農産物などを使ったメニューをつくり,集客に貢献し,町の活性化につなげる」を主題にしている。インデアンを運営する藤森商会(帯広市,藤森康容社長)の平井雅彦総務部長(59)とインデアン事業部の前谷陽大スーパーバイザー(50)を講師に招き,コラボメニュー開発に挑戦している。

 この日は,講師陣を招いた1回目の授業が行われた。初めに平井総務部長が藤森商会の足跡として,1899(明治32)年に創業し,今年で125年目を迎えたことを説明。インデアンは1968(昭和43)年に1号店がオープンし,現在は十勝,釧路で13店舗を展開する。現存するインデアンのうち帯広市内にある3号店「インデアンカレー西21条店」が最も歴史がある。

-略-

 生徒たちは今後,月2,3回のペースで授業に臨み,いくつかの新メニューのアイデアを試食し,試験販売するメニューを絞り込む。同班リーダーの小池力輝さん(17)は「子どもや女性を含めた幅広い年代の人たちに食べてもらえるメニューを考えたい」と話した。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2023年07月05日10時48分の記事

# by hombetu | 2024-07-09 00:23 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)

足寄高校生らが合同美化活動

足寄高校生らが合同美化活動_b0171771_05053643.jpg
利別川堤防=2016年9月撮影

 6月8日,足寄ライオン会と足寄高校ボランティア部が 合同美化活動 に取り組みました。
 ライオン会の5人,高校生3人,引率教員1人の計9人が参加し,町旭町の旧足寄東小学校周辺の利別川堤防やグラウンド,施設周辺のごみを拾いました。

足寄高校生らが合同美化活動_b0171771_05044994.jpg
旧足寄東小学校=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「足寄ライオン会と足寄高校生が合同美化活動」 と伝えています。
 ◆足寄ライオン会と足寄高校ボランティア部が合同美化活動 ライオン会の5人,高校生3人,引率教員1人の計9人が参加し,6月8日に町旭町の旧足寄東小学校周辺の利別川堤防やグラウンド,施設周辺のごみを拾った。

 ライオン会が毎年行う地域貢献活動で,会員の減少から今年度が最後の予定。西村啓一会長が「ここ数年間,高校生と一緒に行ってきた活動。今回が最後となるかもしれないが,よろしくお願いしたい」とあいさつ。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2024年07月04日15時02分の記事

# by hombetu | 2024-07-08 00:01 | 足寄町の様子 | Comments(0)