人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

b0171771_07302473.jpg
松浦武四郎像
=2019年5月,釧路で撮影

 芽室町在住の加藤公夫さんが,北海道出版企画センターから 「松浦武四郎の釧路・根室・知床探査記」 を出版しました。
 武四郎が江戸幕府に報告した釧路,根室,知床に関する記述を現代文に書き改めました。
 元道職員の加藤さんは「めむろ歴史探訪会」の会員で,「松浦武四郎の十勝内陸探査記」など13冊の著書があります。

b0171771_07311050.jpg
NHK「永遠のニシパ」ポスター
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「松浦武四郎の探査記出版 芽室の加藤さん」 と伝えています。
 【芽室】町在住の加藤公夫さん(73)が,北海道出版企画センター(札幌)から「松浦武四郎の釧路・根室・知床探査記」を出版した。武四郎が江戸幕府に報告した釧路,根室,知床に関する記述を現代文に書き改めた。

 加藤さんは「めむろ歴史探訪会」の会員で,「松浦武四郎の十勝内陸探査記」など13冊の著書がある。道職員として20代初めから根室管内別海町や根室市などに18年間勤務した経験があり,「海から朝日が昇り,水平線に夕日が沈む広大な根室が魅力的だった」と振り返る。江戸末期に,武四郎が根室の風土などをどう記したのか,興味を持ったことが執筆動機になった。

 武四郎が安政5(1858)年,41歳のときに幕府への報告書として書いた「戊午能都之也布日誌」の釧路・根室・知床に関する部分を紹介した。アイヌ地名を和訳し,アイヌたちの髪形や名前の和人化など,当時の様子が記されている。

-略-

(吉田政勝通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月10日8時00分の記事
b0171771_07221651.jpg
【参考写真】東海大学校友会館(霞が関ビルロビー)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%9E%E3%81%8C%E9%96%A2%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

 9月29日,東京十勝池田会の 第49回総会・懇親会 が,都内の東海大学校友会館で開かれ,会員,来賓合わせて66人が参加しました。
 懇親会では陶久清(すえひさきよし)会長が「ここにいるみなさんは,NHKのなつぞらのヒロインのように,東京へ出てきて自分の道を耕してこられた。今日は時間の許す限り楽しんでいただきたい」と述べました。

b0171771_07143866.jpg
池田ワイン城標示
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「創立50周年記念でイベント開催へ 東京十勝池田会」 と伝えています。
 東京十勝池田会(陶久清会長)の第49回総会・懇親会が9月29日,都内の東海大学校友会館で開かれた。会員,来賓合わせて66人が参加。総会では来年の創立50年には何らかの記念イベントを実施することなどを提案,了承された。

 役員改選では陶久会長を再任。新役員には会計監査に倉島進氏,幹事に村井律津夫氏を承認した。

 懇親会では陶久会長が「ここにいるみなさんは,NHKのなつぞらのヒロインのように,東京へ出てきて自分の道を耕してこられた。今日は時間の許す限り楽しんでいただきたい」と述べた。来賓を代表して勝井勝丸町長と丹羽泰彦町議会議長があいさつ。勝井町長は「ブドウも順調で,良い商品ができると思う」などと近況報告した。

-略-

(植木康則)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月08日9時09分の記事
b0171771_08372651.jpg
とかち物産センタ「なつぞら」コーナー
=2019年5月撮影

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」 は,惜しまれつつも9月末で半年間の放送を終了しました。
 なつぞら関連商品は現在も十勝管内の土産店などに並び,なつぞらの舞台・十勝の観光に欠かせない素材となっています。
 帯広駅エスタ東館2階にある「とかち物産センター」は,十勝管内最大級のなつぞら関連商品が並び,その数は約30種類になります。

b0171771_08374732.jpg
とかち物産センター「なつぞら」コーナー=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「なつぞら効果 続けよ 放送終了もグッズ人気」 と伝えています。
 NHK連続テレビ小説「なつぞら」は,惜しまれつつも9月末で半年間の放送を終了した。だが,なつぞら関連商品は現在も十勝管内の土産店などに並び,なつぞらの舞台・十勝の観光に欠かせない素材となっている。関連商品の売り上げは好調で,他の十勝商品も併せて購入されるなど,各店舗はなつぞらの経済効果を実感している。

(池谷智仁)


 なつぞらのロゴやイラストを使用した関連商品は,来年9月末まで販売が認められている。「なつぞら」応援推進協議会によると,関連商品は47社121アイテムに上る。うち管内企業は21社46アイテム。

 帯広駅エスタ東館2階にある「とかち物産センター」は,管内最大級のなつぞら関連商品が並ぶ。その数は約30種類。放送期間中の4月から9月の売り上げは前年比3割ほど増加し,「完全になつぞら効果」(同センター)と喜ぶ。最大10連休だった春のゴールデンウイーク(GW)や夏休み期間は,売り上げが前年の3倍以上に達する日もあった。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月05日14時00分の記事
b0171771_07373624.jpg
【参考写真】地球と海王星の大きさの比較
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E7%8E%8B%E6%98%9F

 9月28日,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で,太陽系の惑星の中で最も外側を公転する 海王星と秋の天体観望会 が開かれました。
 この日は説明会も開かれ,海王星の公転時間や大きさ,14個の衛星の中で最大の「トリトン」の説明や秋の四辺形の一つ「ペガスス座」など,秋の天体も紹介されました。

b0171771_07381929.jpg
【参考写真】海王星最大の衛星「トリトン」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E7%8E%8B%E6%98%9F

 十勝毎日新聞が, 「陸別で秋の天体観望会」 と伝えています。
 【陸別】りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)で9月28日,海王星と秋の天体観望会が開かれた。

 海王星は太陽系の惑星の中で最も外側を公転する惑星で,表層のガスに含まれたメタンの影響で青く見えるのが特徴。この日は説明会も開かれ,海王星の公転時間や大きさ,14個の衛星の中で最大の「トリトン」の説明や秋の四辺形の一つ「ペガスス座」など,秋の天体も紹介した。

 大型反射望遠鏡「りくり」では,海王星の他にも土星なども観測。雲のない星空に恵まれ,天の川を肉眼で楽しむ来館者は夏空とは違った秋の夜空を眺めて楽しんでいた。

-略-

(津田久美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月06日8時00分の記事

b0171771_06550218.jpg
本別町国民健康保険病院
=2014年8月撮影

 9月28日,健康に関するイベント 「元気の処方フェスティバル」 が,本別町中央公民館で開かれ,来場した約180人の町民らが地域医療や健康について学びました。
 本別町国民健康保険病院の主催で,会場には体験などのブースが並び,来場者は血圧や体力を測定したほか,クイズ形式で食生活を診断するコーナーは多くの来場者が挑戦しました。

b0171771_06563850.jpg
本別町中央公民館
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「地域医療や健康に理解深める 本別国保病院でフェス」 と伝えています。
 【本別】健康に関するイベント「元気の処方フェスティバル」が9月28日,町中央公民館で開かれ,来場した約180人の町民らが地域医療や健康について学んだ。

 町国民健康保険病院(一条正彦院長)の主催。太陽の丘への移転20年を記念し,地域貢献と病院を今まで以上に知ってもらいたいとイベントを企画した。

 会場には体験などのブースが並び,来場者は血圧や体力を測定したほか,クイズ形式で食生活を診断するコーナーは多くの来場者が挑戦した。病院で放射線技師らが使用する防護服を身に付け「コスプレ」気分を味わうブースでは,重たい前掛けとゴーグルを着用して,記念写真を撮るなど楽しんだ。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月07日11時30分の記事
b0171771_17543899.jpg
ワイン城
=2019年5月撮影

 池田町内にある観光名所のワイン城が 10月7日から 大規模改修工事 に入るため来年4月下旬まで休館します。なお,現在,城内で行われている物販,施設見学ガイドツアー,事務業務は今月中旬に開設予定の代替施設で行われます。
 今回の大改修はワイン城の老朽化,耐震化に対応するもので,城内1,2階の内装を統一し,ワインの陳列棚や試飲バーなどを配置します。

b0171771_17545020.jpg
ワイン城
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「7日から来春まで休館へ 池田・ワイン城」 と伝えています。
 【池田】町内にある観光名所のワイン城が7日から大規模改修工事に入るため来年4月下旬まで休館する。現在,城内で行われている物販,施設見学ガイドツアー,事務業務は今月中旬に開設予定の代替施設で行われる。

 今回の大改修はワイン城の老朽化,耐震化に対応するもので,城内1,2階の内装を統一し,ワインの陳列棚や試飲バーなどを配置。地下には城内ガイドツアー専用のテイスティングバーを設ける。東側にある昨春に一足早くリニューアルオープンしたワイン貯酒・熟成庫の「C倉庫」を含めると改修費用の総額は8億円を超える。

 休館中は「C倉庫」前に設置する大小2棟のプレハブで業務を行う。大きい方のプレハブ(延べ床面積約150平方メートル)では,物販の他,町観光協会によるインフォメーションなどが行われる。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月04日7時00分の記事
b0171771_06423364.jpg
特別養護老人ホーム「はまなす園」
=2017年8月撮影

 9月21日,江陵高校のよさこいソーランチーム16人が,浦幌町内にある 特別養護老人ホーム まなす園」を慰問 し,「前途洋々」と「ストリートオブザソーラン」などの踊りを披露しました。
 江陵高3年で浦幌町出身の藤森裟羅さんが,はまなす園で介護実習を受けたことが縁で行われました。

b0171771_06440175.jpg
【参考写真】YOSAKOIソーラン祭り=2007年6月
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/YOSAKOI%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E7%A5%AD%E3%82%8A

 十勝毎日新聞が,「江陵高よさこいチームが特養慰問 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】江陵高校(幕別)のよさこいソーランチーム16人が9月21日,町内にある特別養護老人ホームはまなす園(大山真秀施設長)を慰問した。同校3年で町出身の藤森裟羅さん(18)が,同施設で介護実習を受けたことが縁で行われた。

 社会福祉法人うらほろ幸寿会が運営する他施設の利用者や職員,家族など約100人が見守る前で,「前途洋々」と「ストリートオブザソーラン」などの踊りを披露した。

 藤森さんは「お世話になった人や家族に見てもらえた。喜んでもらえてうれしかった」と笑顔を見せた。

-略-

(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2019年10月03日9時30分の記事の記事
b0171771_06203159.jpg
参考写真】厚生労働省本省庁舎(中央合同庁舎第5号館)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81

 帯広市内の医療法人社団慶愛・慶愛病院が,2019年度の 産科医療功労者厚生大臣表彰 を受け,表彰式が9月9日に東京・霞が関の中央合同庁舎5号館で行われました。
 今年度の受賞は個人42人,団体4件で,北海道から選ばれたのは慶愛病院のみでした。

b0171771_06232323.jpg
慶愛病院(帯広市)
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「慶愛病院が厚生労働大臣表彰 産科医療功労」 と伝えています。
丸山理事長「職員の頑張りと地域の支えに感謝」
 帯広市内の医療法人社団慶愛・慶愛病院(廣瀬一浩院長)が,2019年度の産科医療功労者厚生大臣表彰を受けた。今年度の受賞は個人42人,団体4件で,北海道から選ばれたのは同病院のみ。1986年の開院以来,十勝と道東の周産期医療に貢献してきた実績が,国から認めらた。

 産科医療功労者の厚生労働大臣表彰は,2009年にスタートした。毎年,都道府県知事が地域の医療機関を推薦し,厚労省が表彰対象を選出する。

 今年は,表彰式が9月9日に東京・霞が関の中央合同庁舎5号館で行われ,慶愛からは丸山剛史理事長が出席した。

-略-

(奥野秀康)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月02日20時02分の記事
b0191190_23504886.jpg
忠類ナウマンゾウ記念館
=2019年5月撮影

 10月5日~11月4日,忠類ナウマンゾウ記念館で行われる「ナウマンゾウ化石骨発見」50周年記念事業の特別展の開幕を前に,幕別町の忠類小学校と忠類中学校の児童生徒が10月1日,半世紀ぶりに十勝に戻った 化石骨の 展示作業を体験 しました。
 なお,忠類ナウマンゾウ記念館と足寄動物化石博物館は,10月5日から「2館相互優待券」を発行します。

b0191190_23495858.jpg
幕別町立忠類中学校
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ナウマン化石の展示作業体験 忠類の児童生徒」 と伝えています。

 【幕別】忠類ナウマンゾウ化石骨発見50周年記念事業の特別展(5日~11月4日・忠類ナウマンゾウ記念館)の開幕を前に,忠類小学校(仲敏行校長)と忠類中学校(佐々木典郎校長)の児童生徒が1日,半世紀ぶりに十勝に戻った化石骨の展示作業などを手伝った。子どもたちは“地域の宝”に興味津々の様子で,大役を果たした。

 中学の全校生徒47人は,化石骨の展示作業の一部と北広島マンモスの模型の組み立てを交互に体験した。北海道博物館の添田雄二学芸員,北広島市エコミュージアムセンターの畠誠学芸員がそれぞれ指導した。

-略-

(澤村真理子)



忠類と足寄2館 相互優待券発行
 忠類ナウマンゾウ記念館と足寄動物化石博物館は,5日から「2館相互優待券」を発行する。特別展の期間中は,同記念館で常設展示されている化石のレプリカを同博物館に移設し展示する。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月02日8時11分の記事
b0171771_09084721.jpg
本別町健康管理センター
=2017年2月撮影

 9月18日,本別町食生活改善推進員協議会による 料理講習会「生涯骨太クッキング」 が町健康管理センターで開かれ,乳製品を使ったまぜご飯やオムレツなど4品のメニューのレシピを紹介されました。
 講習会には町内の福祉施設などに実習で訪れていた札幌保健医療大学の学生も参加しました。

b0171771_07572438.jpg
【参考写真】札幌保健医療大学3号館
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 十勝毎日新聞が, 「カルシウム採り入れた料理学ぶ 骨太クッキング 本別」 と伝えています。
 【本別】町食生活改善推進員協議会(小泉優子会長)による料理講習会「生涯骨太クッキング」が町健康管理センターで開かれた。

 子どもから高齢者まで「食」を通して健康づくりを推進するのが目的。地域住民ら23人が参加し,18日に開催。骨をつくる栄養素のカルシウムを多く採り入れた料理を学んだ。

 乳製品を使ったまぜご飯やオムレツなど4品のメニューのレシピを紹介。参加者は協議会メンバーから作り方を聞きながら調理し,完成品を味わった。

-略-

 講習会には町内の福祉施設などに実習で訪れていた札幌保健医療大の学生も参加。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年09月30日10時00分の記事