人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0191190_05180578.jpg
【参考写真
】残波(ざんぱ)岬灯台
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%AD%E8%B0%B7%E6%9D%91

 7月25日,池田町内の小学5,6年生を対象にした沖縄県 読谷村派遣研修の事前研修 が,池田町西部地域コミュニティセンターで開かれました。
 一行は29日から4泊5日の日程で読谷村の一般家庭に宿泊しながら沖縄県の暮らしや文化,歴史などについて現地で学びます。
 一行は空路で沖縄県入りし,ひめゆりの塔やチビチリガマ,首里城などを見学する予定です。
b0171771_17202081.jpg
【参考写真ひめゆりの塔(手前)と慰霊碑
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%82%81%E3%82%86%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%A1%94

 十勝毎日新聞が, 「読谷村派遣団が事前研修 池田」 と伝えています。

 【池田】町内の小学5,6年生を対象にした沖縄県読谷村(よみたんそん)派遣研修(町教委主催)の事前研修が25日,町西部地域コミュニティセンターで開かれた。一行は29日から4泊5日の日程で読谷村の一般家庭に宿泊しながら沖縄県の暮らしや文化,歴史などについて現地で学ぶ。

 同派遣は2015年から町子ども夢基金を活用して毎年行われており,今年で5年目を迎えた。今回の派遣団は池田小学校24人,利別小学校10人,高島小学校1人の児童35人と,引率の教員4人,町職員2人の計41人で構成する。

 一行は空路で沖縄県入り。ひめゆりの塔やチビチリガマ,首里城などを見学する他,民泊しながら沖縄料理体験や三味線体験などを楽しむなど,琉球文化に直に触れて学び8月2日に帰町予定。同月22日に事後研修でレポート発表などを行う。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月27日9時00分の記事

b0171771_19062353.jpg
【参考写真】横浜みなとみらいホール
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%82%89%E3%81%84%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

 「第52回カワイピアノコンクール」北海道地区本選会のピアノ連弾部門Aコースで,本別中学校3年の廣瀬乃愛さんと1年の武田紗弥さんが最優秀賞を獲得し,8月1日に神奈川県の横浜みなとみらいホールで開かれる 全国大会の出場 を決めました。
 4月に札幌サンプラザコンサートホールで開かれた道本選会では,2人は課題曲のうちフォーレの「ドリーの花」と自由曲を披露し“全道一”を射止めました。

b0171771_19052954.jpg
本別中学校
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「全国大会のカワイピアノコン連弾部門に本別中の廣瀬さんと武田さんが出場」 と伝えています。
 【本別】「第52回カワイピアノコンクール」北海道地区本選会のピアノ連弾部門Aコース(高校1年生以下)で,本別町の廣瀬乃愛さん(14)=本別中3年=と武田紗弥さん(12)=同1年=が最優秀賞を獲得し,8月に横浜市で開かれる全国大会の出場を決めた。晴れの舞台に立つ2人は,少しでも時間があればピアノの前に座り練習に励んでいる。

 同コンクールは,技術の優劣より自発的な音楽表現を評価するという理念を掲げているのが特徴。全国各地で開かれる予選会で入賞し地区本選会で最優秀賞に輝くと,全国大会の出場権を得る。

 4月に札幌サンプラザコンサートホールで開かれた道本選会では,2人は課題曲のうちフォーレの「ドリーの花」と自由曲を披露し“全道一”を射止めた。廣瀬さんは「2人のバランスや音の響きもよかった」と笑顔を見せる。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月17日11時36分の記事
b0171771_07164403.jpg
複合施設「FUTABA」
=2019年5月撮影

 7月13~15日の3日間,北海道大学の学生による「浦幌ラーニングジャーニー」が,浦幌町内の旧フタバ薬局を改修した複合施設「FUTABA」を拠点に開かれ, 浦幌の観光振興の可能性 などを探りました。
 学生たちは,13日は旧常室小学校を改装した「TOKOMURO Lab(常室ラボ)」を見学,14日は酪農家視察や森林公園,商店街などを散策しました。

b0171771_07205031.jpg
TOKOMURO Lab
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「北大生らがまちおこし提案 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】北海道大学の学生による「浦幌ラーニングジャーニー」(地域滞在型研修)が13~15日,町内の旧フタバ薬局を改修した複合施設「FUTABA」を拠点に開かれ,町内の観光振興の可能性などを探った。

 参加したのは日本人学生3人とオーストラリアやフィンランドなどからの留学生6人,短期交換留学生6人の計15人。常室ラボ運営委員会が主催した。

 学生たちは,13日は旧常室小学校を改装した「TOKOMURO Lab(常室ラボ)」を見学後,NPO法人うらほろスタイルサポートの門馬孝敬理事長らに「うらほろスタイル教育」の説明を受けた。

 14日は町内の酪農家視察や浦幌神社,森林公園,商店街などを散策。インタビューチームや町中地図作りチームなど4チームに分かれて,人との出会いを通して町の魅力に触れた。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月19日10時00分の記事
b0171771_13382788.jpg
【参考写真】NHK札幌放送局
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E6%94%BE%E9%80%81%E5%B1%80

 NHK札幌放送局が,連続テレビ小説「なつぞら」の出演者と視聴者でつくる,「FFJの歌」のミュージックビデオを歌唱動画を募集し,制作しました。
 全国から集まった動画111件を編集してつなぎ合わせ,2バージョンのMVが完成させました。
 十勝管内からは,帯広観光コンベンション協会や更別農業高校,神田日勝記念美術館などの関係者が出演しています。

【参考動画】NHKミュージックビデオギャラリー『FFJの歌』
https://www.nhk.or.jp/sapporo/natuzora/ffj/

b0171771_03130317.jpg
「なつぞら」コーナー
=2019年5月,NHK放送センターで撮影

 十勝毎日新聞が, 「視聴者,出演者が『FFJ』 なつぞらMV完成」 と伝えています。
 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の出演者と視聴者でつくる,「FFJの歌」のミュージックビデオ(MV)が完成した。劇中で話題になった歌で,なつぞらの舞台・十勝からも多くの人が登場している。

 NHK札幌放送局が歌唱動画を募集し制作した。FFJは全国の農業高校で歌い継がれており,なつぞらでは十勝農業高校に通っていたヒロイン奥原なつ(広瀬すずさん)らが熱唱,強烈な印象を残した。

 全国から集まった動画111件(参加人数1707人)を編集してつなぎ合わせ,2バージョンのMVが完成した。広瀬さんや草刈正雄さん,山田裕貴さん,清原翔さん,福地桃子さん,「番長」こと板橋駿谷さんら出演者も参加。十勝からは帯広観光コンベンション協会や更別農業高校,神田日勝記念美術館などの関係者が出演している。

-略-

(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月25日9時47分の記事
b0171771_03011287.jpg
「なつぞら」コーナー
=2019年5月,新得駅で撮影

 7月25日,NHK連続テレビ小説「なつぞら」の 新得町内ロケ地の 一般公開 が始まりました。
 公開を始めたのは新得西4線の牧草地で,なつが育った「柴田牧場」に通じる小道に架かる木橋と,牧場の看板,木柵が設置されています。

b0171771_14182175.jpg
【参考写真】新得町西4線地区
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「新得 なつぞらロケ地公開初日から人気」 と伝えています。
 【新得】NHK連続テレビ小説「なつぞら」の新得町内ロケ地の一般公開が25日,始まった。午前中から次々と観光客が訪れ,ドラマのイメージそのままの風景やセットにカメラを向けていた。

 公開を始めたのは新得西4線の牧草地。広瀬すずさん演じるヒロイン・なつが育った「柴田牧場」に通じる小道に架かる木橋と,牧場の看板,木柵が設置されている。オダッシュ山を背景にドラマの世界観が味わえる。

-略-

 公開場所は新得市街地を抜ける道道136号(オダッシュ通)を西進し,道総研畜産試験場の手前を右折して約700メートル。公開は午前9時~午後5時。

(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月25日11時15分の記事
b0191190_07453442.jpg
十勝ヒルズ
=2016年9月撮影

 7月20日,幕別町内の十勝ヒルズで,子どもが野菜を育て,自身でプロデュースする食堂を開くことを目的に活動している「キッズトライ農園」の一環で,帯広畜産大学の学生団体「me+you(みーとゆー)」が子どもたちへの 食育イベント を開きました。
 この日は,子どもたちは,農園で栽培されているトマト,ナス,ピーマン,ビーツ,レタスの 収穫を体験 しました。

b0191190_07504952.jpg
帯広畜産大学
=2017年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「野菜しゃきしゃきでおいしい! キッズトライ農園で収穫 畜大生が講師に」 と伝えています。

 【幕別】幕別町内の十勝ヒルズで,子どもが野菜を育て,自身でプロデュースする食堂を開くことを目的に活動している「キッズトライ農園」の一環で,20日,帯広畜産大学の学生団体「me+you(みーとゆー)」が子どもたちへの食育イベントを開いた。

 「キッズトライ農園」は,十勝ヒルズと一般社団法人とかち子育て支援センター(帯広)の長岡行子代表などにより企画され,毎回,10人ほどの子どもが参加し,5月から十勝ヒルズ内の一角で野菜を育てるなどの活動を行っている。

 この日は,大学生が講師を務め,子どもたちは,3グループに分かれて栽培されているトマト,ナス,ピーマン,ビーツ,レタスの収穫を体験した。

-略-

(大谷健人)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月24日12時29分の記事

b0191190_08464367.jpg
道立農業大学校
=2018年5月撮影

 7月7日,本別町仙美里で道立農業大学校の 第46回農大祭 が,開かれました。
 会場では,農大ブランド「仙美里ケ丘」の名前を冠したチーズやソーセージ,牛乳などを販売しました。

b0191190_08514910.jpg
農業大学校生
=2018年5月,つつじ祭りで撮影

 十勝毎日新聞が, 「自慢の加工品など人気 本別・農大祭」 と伝えています。

 【本別】道立農業大学校(赤池政彦校長)の第46回農大祭が7日,町仙美里の同校中庭で開かれた。

 会場では農大ブランド「仙美里ケ丘」の名前を冠したチーズやソーセージ,牛乳などを販売。同校で生産した小麦粉を使ったパンも人気を集めた。

 学生の個人出店もあり,畜産経営学科2年の高橋美紀さんは,同学科のプロジェクトで生産したバターオイルの「ギー」を店頭に並べた。ゆでたバターから不純物を取り除いたペースト状のギーはクッキーのような甘い香りが特徴で,来場者の興味を引いていた。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月20日8時30分の記事

b0171771_02384104.jpg
【参考写真】「ひまわり迷路」会場
=2014年8月、本別町で撮影

 7月20日, 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」 が,本別町弥生町のほ場で開幕しました。
 ヒマワリは,前田農産食品の4.5haの畑に5月に種をまきした。
 コースデザインは公募で決定し,新元号「令和」や「ほんべつ」の字などが描かれています。
b0171771_05510605.jpg
ヒマワリの種蒔き=2019年5月、前田農産圃場で撮影

 十勝毎日新聞が, 「約2キロの巨大コース楽しんで 本別ひまわり迷路開幕」 と伝えています。
 【本別】「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委,前田農産食品主催)が20日,本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ,総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。

 町内の畑での迷路イベントは2年ぶり。前田農産食品の4・5ヘクタールの畑に5月に種をまいた。コースデザインは公募で決定し,新元号「令和」や「ほんべつ」の字などが描かれている。ヒマワリは大人の背丈ほどに成長。花は咲き始めたばかりだが,間もなく見頃を迎える。

 午前10時の開会式では,前田茂雄実行委員長が「作物の成長を感じながら遊んでもらい,皆さんの笑顔も咲かせたい」とあいさつ。高橋正夫町長が開幕を宣言した。20日は午後6時半から,「夜の迷路体験 ゾンビNIGHT★」が行われ,21日はスマート農業体験,27日は地元の児童・生徒らによる音楽フェスティバルも開かれる。スタンプラリーや,タピオカドリンクなどの飲食販売もある。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月20日12時11分の記事
b0171771_21291919.jpg
さんこプラザ有楽町
=2019年7月撮影

 7月19~21の3日間,本別町とグループ「キレイマメの会」は,都内有楽町の 北海道どさんこプラザ有楽町に初出店 しました。
 今回は,「黒豆味噌」などのキレイマメ関連17種類をはじめ,「麹のめぐみ」「みそトマト」など特産品全28種類を販売しました。

b0171771_21292866.jpg
本別特産の商品
=2019年7月撮影

 十勝毎日新聞が, 「本別キレイマメ東京発信 どさんこプラザに初出店」 と伝えています。
 【東京】本別町と同町内のグループ「キレイマメの会」(岡田清信代表)は19日から3日間,都内有楽町の北海道どさんこプラザ内に初出店した。豆のまち・本別が誇るブランド「キレイマメ」を使った商品など,地元の産品を来店者にPRした。

 キレイマメを首都圏で広めようと,抜群の集客力と発信力のある,北海道のアンテナショップ・どさんこプラザに着目。十勝総合振興局を通じて道に出店を申し込み,実現した。

 「黒豆味噌(みそ)」などのキレイマメ関連17種類をはじめ,「麹(こうじ)のめぐみ」「みそトマト」など特産品全28種類を販売した。

-略-

(植木康則)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月21日12時07分の記事
b0171771_20203124.jpg
「なつぞら」ラッピング気動車
=2019年5月,陸別で撮影

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の十勝管内の撮影で使われたロケセットが,NHKから陸別,新得,帯広の 各自治体などに無償譲渡 されることになりました。
 牧場のサイロや牧草地,登場人物の家,山小屋などが対象で,ロケ地から展示場所に移設した上で,一部は早ければ来週中にも一般公開される予定です。

b0171771_20224728.jpg
「なつぞら」展示
=2019年5月、帯広駅で撮影

 十勝毎日新聞が, 「ロケセット公開へ NHK,所在地に譲渡 一部は来週」 と伝えています。
 【陸別・新得・帯広】NHK連続テレビ小説「なつぞら」の十勝管内の撮影で使われたロケセットが,NHKから陸別,新得,帯広の各自治体などに無償譲渡されることになった。牧場のサイロや牧草地,登場人物の家,山小屋などが対象。ロケ地から展示場所に移設した上で,一部は早ければ来週中にも一般公開される。

 陸別町は,広瀬すずさん演じる「なつ」が育った「柴田牧場」のサイロのロケセットを道の駅多目的広場に移設展示する。サイロはNHKが番組のために製作したもの。

-略-

 新得町は,使用された牧草地の橋や木柵,「柴田牧場」の看板や建物,タンスなどの小道具を譲り受ける。牧草地の一部は来年まで農地転用の許可を受けており,町が周辺環境を整えた上で今月中にも公開予定。個人の牧場内にある物は町から譲り渡し,牧場側で公開の準備を進める。

 市内のロケ地で使用されたのは,吉沢亮さん演じる山田天陽の家と馬小屋(アトリエ)で,移設先の真鍋庭園の無料スペースで20日から展示される。

-略-

(川野遼介,折原徹也,丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月13日13時45分の記事