人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧

b0171771_10584488.jpg
プラウ
=2014年1月,馬の史料館で撮影

 4月6日,パン製造・販売の満寿屋商店は,帯広市稲田町「麦音店」の敷地お内の畑で,馬で畑を耕す「馬耕」 を行いました。
この日は幕別町忠類の「ノースポール・ステイブル」所有の牝馬「桃姫」が参加し,敷地内約400㎡の畑をプラウをつけて耕しました。

b0171771_11003987.jpg
ますや「麦音店」
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「伝統技術を体験 ますや麦音で『馬耕』」 と伝えています。
 パン製造・販売の満寿屋商店(帯広,杉山雅則社長)は6日,麦音店(帯広市稲田町)の敷地内の畑で,馬で畑を耕す「馬耕」を行った。来店した家族連れなどが,開拓を支えた伝統の馬耕を体験した。

 2010年から馬耕の様子を地域に伝えようと実施している。16日に同店敷地内で予定している春まき小麦の種まきに備えて企画した。

 この日は幕別町忠類の「ノースポール・ステイブル」(蛭川徹代表)所有の牝馬「桃姫」(12歳)が参加し,敷地内約400平方メートルの畑をプラウをつけて耕した。「桃姫」は放映中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で,草刈正雄さん演じる柴田泰樹の愛馬としても出演している。

-略-

(中島佑斗)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月06日12時29分の記事
b0171771_11153850.jpg
糠平温泉文化ホール
=2016年9月撮影

 4月10日,ぬかびら源泉郷の 開湯100周年記念式典 が,上士幌町内の糠平温泉文化ホールで開かれました。
 ぬかびら源泉郷は1919(大正9)年,初代湯元館館主の故島隆美氏が温泉を発見したのが始まりで,この日は地元の宿泊施設関係者や来賓ら約50人が参加し,1世紀の節目を祝いました。

b0171771_11092642.jpg
ぬかびら源泉郷
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「開湯100周年の節目を祝う ぬかびら源泉郷で記念式典 上士幌」 と伝えています。
 【上士幌】ぬかびら源泉郷の開湯100周年記念式典が10日,町内の糠平温泉文化ホールで開かれた。地元の宿泊施設関係者や来賓ら約50人が参加。1世紀の歩みを振り返りながら節目を祝った。

 式辞でぬかびら源泉郷旅館組合の蟹谷吉弘組合長は「100年続いてこられたのは,地域住民や訪問客のおかげ。温泉を中心にした観光資源に磨きをかけ,150,200年と続く温泉地を目指していきたい」とあいさつ。竹中町長と町観光協会の市田雅之会長が祝辞を述べた。

 ぬかびら源泉郷は1919(大正9)年,初代湯元館館主の故島隆美氏が温泉を発見したのが始まり。当時の地名は「糠平」で,2009年に現名称に改めた。入浴施設すべてが自家源泉を持ち,加温加水や循環を行わない「源泉かけ流し」が特徴だ。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月10日20時00分の記事
b0171771_06241078.jpg
道立農業大学校正門
=2018年5月撮影

 4月8日,本別町西仙美里にある 道立農業大学校の入校式 が,開かれました。
 今春は,十勝出身の10人を含む道内外の78人の入校生が,農業の担い手としての学びを始めます。

b0171771_06245413.jpg
道立農業大学校構内図
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「担い手の思い胸に一歩 本別で農大入校式」 と伝えています。
 【本別】道立農業大学校(本別町西仙美里,山黒良寛校長)の入校式が8日午前10時から,同校体育館で開かれた。十勝出身の10人を含む道内外の78人が農業の担い手としての学びを始める。

 今年度の入校生は,畜産経営学科32人,畑作園芸経営学科27人,農業経営研究科10人,稲作経営専攻コース9人。うち女子学生は20人,道外出身者は16人。

 山黒校長が「課題解決のへ実践力と論理的思考を身に着け,頼られる農業経営者なってほしい」と式辞。高橋正夫本別町長らが祝辞を述べた。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月08日11時30分の記事
b0171771_03490126.jpg
「なつぞら」ポスター=2019年4月,NHKで撮影

 4月20日,NHK総合TVの 土曜スタジオパークin北海道 「なつぞら」特集 が,音更町文化センターから公開生放送され,観覧者約900人が集まりました。
 朝の連続テレビ小説100作目の「なつぞら」でヒロイン奥原なつを演じる広瀬すずさん,なつが通う「十勝農業高校」の同級生・居村良子役の富田望生さんが出演しました。

【参考サイト】NHK連続テレビ小説「なつぞら」公式HP
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

b0171771_01162224.jpg
音更町文化センター
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「広瀬さん「最後まで見守って」 なつぞら公開放送」 と伝えています。
 【音更】NHK総合の土曜スタジオパークin北海道「なつぞら」特集が20日,町文化センターから公開生放送された。朝ドラ「なつぞら」のヒロイン広瀬すずさんが出演し,「いろいろな世代の人に届けられる,いろいろな気持ちがある。最後まで見守ってほしい」と語った。

 観覧者約900人が集まった。広瀬さん演じる奥原なつが通う高校の同級生・居村良子役の富田望生さんも出演した。

 朝ドラ100作目のヒロインを務める広瀬さんは「すごく楽しく,プレッシャーを感じる暇がない」と明かした。負けず嫌いで,1人カラオケを楽しむなど広瀬さんの横顔も紹介。キックボクシングにはまり,「ジャッキー・チェンを見て,私も屋根から落ちたい,強くなりたいと思った。いつかアクションを披露したい」と笑顔で語った。

 十勝ロケに参加せず,人生初の北海道訪問となった富田さんは「面白いキャラクターを生んでもらい,その言葉を私の体と声で出しているだけ」と役作りを表現した。


-略-

(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月20日18時12分の記事
b0171771_15354772.jpg
豊頃町役場=2016年5月撮影

 豊頃町は,特殊詐欺被害の防止を目的に65歳以上の独居のお年寄り世帯に無料で設置している,固定電話の 通話録音装置のPR映像 を,える夢館で放映しています。
 映像は町職員と池田署員が出演した詐欺被害防止の寸劇です。

b0171771_15362023.jpg
豊頃町える夢館=2016年5月影

 十勝毎日新聞が, 「特殊詐欺被害防止の映像放映 豊頃」 と伝えています。
 【豊頃】町は特殊詐欺被害の防止を目的に65歳以上の独居のお年寄り世帯に無料で設置している固定電話の通話録音装置のPR映像を,える夢館で放映している。31日まで。

 映像は町職員と池田署員が出演した詐欺被害防止の寸劇。通話録音装置が設置された世帯に悪質商法や振り込め詐欺の電話があり,同装置で犯人を撃退するという内容。町住民課は「現在77件が設置しており,迷惑電話がなくなったと感謝されている」とPRしている。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月24日10時49分の記事
b0171771_03431232.jpg
新得高等支援学校
=2018年5月撮影

 3月末で閉校した 新得高校内に 資料室がオープン しました。
 閉校した校舎は現在,2016年度に開校した新得高等支援学校が活用していて,その一室に,70年の歴史を刻む新得高校の数百点に及ぶ資料を展示しています。

b0171771_03413031.jpg
旧新得高校閉校看板
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「新得高校資料室がオープン」 と伝えています。
 【新得】3月末で閉校した新得高校(岩田努校長)内に資料室がオープンした。

 閉校した校舎は現在,2016年度に開校した新得高等支援学校が活用している。その一室に,70年の歴史を刻む新得高校の校旗や校章,各年代の卒業アルバム,制服,各種賞状など数百点に及ぶさまざまな資料を展示している。同校教頭だった阿部穣さんは「同窓生には思い出が詰まった懐かしい資料がいっぱいある。気軽に来校して」と呼び掛けている。

-略-

(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月05日9時00分の記事
b0171771_09315146.jpg
本別町図書館
=2016年9月撮影

 4月20日,本別町図書館は,「こどもの読書週間」(23日~5月12日)に合わせ,2階で 「としょかんこどもまつり」 を開きます。
 当日は午前9時半から「おなはしステージ」として,図書館ボランティア「ぶっくる」のメンバーが,大きな絵本の読み聞かせを行います。

b0171771_09304123.jpg
本別町図書館
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「20日に『としょかんこどもまつり本別」 と伝えています。
 【本別】「こどもの読書週間」(23日~5月12日)に合わせ,町図書館は20日,同館2階で「としょかんこどもまつり」を開く。

-略-

 当日は午前9時半から同10時まで「おなはしステージ」として,ぶっくるのメンバーが大きな絵本の読み聞かせを行う。同10時からは紙飛行機を作って飛ばすイベントを実施する。

 同館1階では,宇宙船アポロ11号の月面着陸から50年を記念した,月や宇宙,ロケットを題材にした絵本,図鑑などの企画展が始まる。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月19日8時00分の記事
b0171771_21110611.jpg
帯広畜産大学構内
=2016年5月撮影

 帯広柏葉高校から今春、帯広畜産大学の畜産学部 共同獣医学課程に3人が合格 しました。
 難関の共同獣医学課程の定員は40人で、3人が合格するのはこの15年間では例がありませんでした。3人は「全員同じクラス。合格へ向けて意欲を高め合えた」と話しています。
b0171771_15450875.jpg
 十勝毎日新聞が, 「難関・畜大獣医学部に3人合格 帯広柏葉 15年間で初」 と伝えています。
 帯広柏葉高校から今春、帯広畜産大の畜産学部共同獣医学課程に3人が合格した。難関の共同獣医学課程への合格者は例年1人ほどで、3人が合格するのはこの15年間では例がない。3人は「全員同じクラス。合格へ向けて意欲を高め合えた」と合格を喜んでいる。

 合格したのは、相澤秀輔さん(18)、小松航大さん(18)、菊地悠花さん(18)の3人。

-略-

 獣医学課程は定員40人(前期日程30人、後期日程10人)。前期日程には115人が出願し、倍率は3・8倍。3人とも前期試験で合格をつかんだが、センター試験の5教科7科目の得点率は「もう少し伸ばしたかった」と焦りもあった。

-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月03日11時30分の記事
b0171771_17183773.jpg
十勝バス
=2018年5月,道の駅ステラ★ほんべつで撮影

 3月26日から3日間,ふるさと銀河線の代替バス(十勝バス)を利用した 本別町の「春休み子ども映画鑑賞会」 が,それぞれ帯広日帰りで行われました。
 十勝バスが増便して対応し,本別中央小学校,仙美里小学校,勇足小学校の児童計107人が参加しました。

b0171771_17230986.jpg
シネマ太陽帯広
=2016年9月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「バスで映画鑑賞 本別」 と伝えています。
 【本別】ふるさと銀河線の代替バス(十勝バス)を利用した「春休み子ども映画鑑賞会」が26日から3日間,それぞれ帯広日帰りで行われた。

 町ふるさと銀河線代替バス振興会議(北谷和雄会長)が利用促進事業として毎年開催。十勝バスが増便して対応し,本別中央,仙美里,勇足の各小児童計107人が参加した。

 28日の道の駅ステラ★ほんべつでの出発式では,北谷会長が「地域の大事なバスの乗り方を覚えて,楽しく過ごして」とあいさつ。子どもたちは保護者に見送られ,整理券を取ってバスに乗り込んだ。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月29日9時41分の記事
b0171771_19432172.jpg
粟野さん使用の衣装=2019年4月,NHKで撮影

 放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」でヒロイン奥原なつの 幼少役を演じる粟野咲莉(あわの さり)さんの高祖父 が,旧豊頃村(現豊頃町)の村長を務めた 故佐藤義助氏 であることが分かりました(※高祖父とは,曾祖父母の父親で,「ひいひいおじいちゃん」とも言われます)
 関係者によると,栗野さんの高祖父は故佐藤氏で,福島県真野村(まのむら/現南相馬市)出身,1924年に豊頃村役場に就職し,粟野さんが演じるなつぞらの時代と同じ1947年の初の民主選挙で村長に当選し,2期8年務めました。
 栗野さんは,2016年(平成28年)度後期に放送されたNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』でも,ヒロイン・すみれの娘・さくらの幼少期役を演じています。

【参考サイト】NHK連続テレビ小説「なつぞら」HP
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/
b0171771_17015116.jpg
現在の豊頃町役場=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『なつぞら』粟野咲莉さんルーツは十勝 人気子役の高祖父は元豊頃村長」 と伝えています。
 【豊頃】NHK連続テレビ小説「なつぞら」のヒロイン奥原なつの幼少役を演じる粟野咲莉さん(8)の高祖父が,旧豊頃村(現豊頃町)の村長を務めた故佐藤義助氏であると分かった。町内では人気ドラマのヒロインとの思わぬつながりが話題となっている。

-略-

 粟野さんは6日に札幌で開かれたトークショーで,「私は東京出身ですが,おばあちゃんが北海道出身で,ひいひいおじいちゃんがむかし十勝の豊頃村の村長さんだった」と話した。

 関係者によると,高祖父は故佐藤氏で,福島県真野村(現南相馬市)出身。真野村役場に勤め,1924年に豊頃村役場へ。粟野さんが演じるなつぞらの時代と同じ47年の初の民主選挙で村長に当選し,2期8年務めた。現在の町役場の隣にある「える夢館」の正面玄関横に立つ二宮金次郎(尊徳)像は同氏が寄贈したものとされている。

 同氏は同町二宮に住んでいたといい,二宮の農業武野温恭さん(81)は中学1年ぐらいのころ,弟が増水した川に流されてお悔やみに訪れた佐藤村長が家族に「しっかりとした橋を造りたい」と話していたのを覚えているという。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月10日12時50分の記事