人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 6月6日(月)、十勝地方の一部で ひょうが降り、農作物に被害 が出ました。
 また、帯広測候所のアメダス観測地点では、 本別町押帯地区で、午後4時~5時の1時間当たり、8.5mmの最大雨量を記録しました。
 十勝毎日新聞が、「ひょうが降り作物被害」として、伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 芽室町北部や音更町などで6日午後、局地的に激しい雨と共にひょうが降り、一部の農地で農作物被害が出た。

 芽室町祥栄地区では直径1センチ前後のひょうが降り、ビートの葉が破れたほか、雨で流されたひょうが畑の低い部分に深さ20センチほどに積もった場所もあった。近くの農家貫田敦子さんは「雨に混じってひょうが降り、雪が降ったみたいに辺り一面真っ白になった」と話していた。

 同町が独自に設置した観測機器では、同町平和で午後3時20分からの10分間で20ミリの雨量を観測。ビートや豆類のほか、畑の表土が流されるなどの被害が出ている。町とJAが7日午前から調査を行っているが、ほ場に入れない地域もあり、「被害額、面積も含め、全容を把握するには2、3日かかる可能性もある」(JAめむろ)としている。

 帯広測候所によると、アメダス観測地点の時間当たり最大雨量は、本別町押帯の同日午後4~同5時の8・5ミリが最高。帯広は8ミリだった。大雨注意報の基準となる1時間当たり25~30ミリの3分の1程度だったが、「場所によってはもっと降ったところもあり、短時間に掛けて集中的に雨が降った」(同測候所)。

 道東道の十勝清水-音更帯広IC(インターチェンジ)間は、ひょうと雨による視界不良のため同日午後3時37分から同4時10分まで通行止めとなった。

 同測候所によると、7日も十勝北部を中心に大気が不安定な状態が続いた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社2011年06月07日 14時17分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201106/20110607-0009430.ph

地図 青☆印:芽室町祥栄地区  緑☆印:芽室町平和地区

 5月25日、全国一斉に行われた 「チャレンジデー2011」 (笹川スポーツ財団主催)で、初参加の本別町は、参加者が3,475人で、参加率は41,5%でした。
 カテゴリー2(5,000~9,999人)の自治体部門で、銀メダルを獲得しました。
 なお、岩手県藤沢町と対戦する予定になっていましたが、東日本大震災発生のため、今回は、参加率を競う勝ち負けはありませんでした。

参考:本別町公式ホームページ「お知らせ『本別町チャレンジデー2011(5/9)』」
当日の様子が、画像で見ることができます。
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/home/news/challenge_day_results-2.html

◆全体の集計結果(笹川スポーツ財団発表)
エントリー:103自治体・地域(30市22町7村44地域)
総人口:2,302,458人
参加者数:1,062,740人
平均参加率:46.2%
金メダル:41個
銀メダル:48個
銅メダル:14個

◆「カテゴリー2」(5,000~9,999人)の自治体部門の結果
金メダル:長野県喬木村 参加回数 10回目 人口 6,854人 参加者 5,106人 参加率 74.5%
金メダル:岩手県葛巻町 参加回数 17回目 人口 7,487人 参加者 5,553人 参加率 74.2%
金メダル:北海道標津町 参加回数 4回目 人口 5,752人 参加者 4,124人 参加率 71.7%
金メダル:秋田県井川町 参加回数 初参加 人口 5,527人 参加者 3,415人 参加率 61.8%
銀メダル:沖縄県宜野座村 参加回数 2回目 人口 5,623人 参加者 3,348人 参加率 59.5%
銀メダル:北海道新得町 参加回数 初参加 人口 6,675人 参加者 3,735人 参加率 56.0%
銀メダル:本別町 参加回数 初参加 人口 8,383人 参加者 3,475人 参加率 41.5%
銀メダル:鹿児島県和泊町 参加回数 8回目 人口 7,202人 参加者 2,707人 参加率 37.6%
銅メダル:秋田県小坂町 参加回数 初参加 人口 6,107人 参加者 1,545人 参加率 25.3%
参考:笹川スポーツ財団ホームページ
http://www.ssf.or.jp/challenge
 6月4日(土)、特別遊漁解禁 「グレートフィッシングin然別湖」 のスタートによって 鹿追町の然別湖 でミヤベイワナが解禁になりましたです。
 遊漁事業はNPO法人北海道ツーリズム協会が鹿追町より受託して行います。釣法をルアーまたはフライフィッシングに限定し、オショロコマ(ミヤベイワナ)はリリース(魚を放す)が条件です。b0171771_3385218.jpg
 1万数千年前の火山活動によって河川が堰きとめられ、陸封されたミヤベイワナは厳しい自然環境の影響を受け、プランクトンを餌とする魚として独自の進化を遂げたと考えられています。しかし、過去の乱獲によって一時は絶滅危惧種として厚く保護され、全面禁漁となっていましたが、現在では多くのミヤベイワナが自然再生産され生息数も以前のように増えてきました。
 ミヤベイワナは、世界中で然別湖にのみ生息する固有種です。繁殖時期は秋で、然別湖の北岸に流入するヤンベツ川に大群で遡上して、川底の砂利で産卵・受精が行なわれる繁殖時期は秋で、然別湖の北岸に流入するヤンベツ川に大群で遡上して、川底の砂利で産卵・受精が行なわれることが知られています。
写真:然別湖
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Lake_Shikaribetsu_(200807).jpg

◆2011年度 然別湖特別解禁スケジュール
◇ファーストステージ
6月4日(土)〜7月11日(月) 38日間
午前 6時から午後3時まで
◇セカンドステージ
9月30日(金)〜10月11日(火) 12日間
午前7時から午後3時まで
定員:1日50名
遊漁料:4,000円
ファミリー割引:小中学生は保護者同伴で1,000円
レンタルボート:2000円 (定員2名)
レンタルライフジャケット:500円


参考:グレートフィッシングインin然別湖ホームページ
ミヤベイワナの情報と画像が満載のWebサイトです。
http://www.shikaribetsu.com/contents/information/

地図 赤☆印:グレートフィッシングin然別湖 青☆印:然別湖 緑☆印:ヤンバツ川


「ミヤベイワナ」についてここをクリック
 5月17日(火)、 本別町議会の議員が、今年も清掃ボランティア をしました。
 十勝毎日新聞が、「本別町議11人が清掃ボランティア」として、伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 町議会(方川一郎議長)の議員会(笠原求会長)は、町美里別地区の道道沿いで清掃ボランティアに取り組んだ。
 地域貢献活動の一環として2009年度から年1回、実施。今回は17日に町議11人が参加し、道路脇の延長1キロを歩いた。
 現場には袋にまとめられた一般家庭ごみや廃タイヤ、弁当殻などが散乱。参加者は手作業で一つひとつ丹念に拾い集め、2トントラック1台分を回収した。(杉原尚勝)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社2011年5月24日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/backnumber2010.php?d=20100805

 なお、町議会の日程は、次の通りです。
6月3日(金) 議会運営委員会   6月7日(火) 第2回定例会開会
b0171771_472433.jpg

写真:本別町議会議場
 仙美里小学校では創立110周年 を記念して6月5日(日)に仙美里小学校の校庭を会場にして行われる「仙美里小・仙美里中合同運動会」で、児童と教職員全員の総勢41人でヨサコイを演舞することになりました。b0171771_551396.jpg
写真:仙美里小学校の校章

 私(ブログ作成者)は、仙美里小学校に数年間在学して、創立60周年の行事を体験しました。
 当時、壊れかけた体育館しかなかったため、跳び箱やマット運動の授業は、廊下で行っていました。そんなことで、「廊下で体育の授業」と新聞に写真入りで掲載されました。
 そして、周年行事までに、新しい体育館が突貫工事で完成されました。そんなことを昨日のことのように懐かしく思い出しています。

 十勝毎日新聞が、「本別・仙美里小開校110年記念に全校一丸でヨサコイ演舞 」と、今回の取り組みについて詳しく伝えています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】今年、開校110年を迎える仙美里小学校(佐々木修一校長、児童30人)は、6月5日に同校グラウンドで行われる仙美里中との合同運動会で、児童と教職員全員の総勢41人でヨサコイを演舞する。そろいの衣装に加え、大漁旗や漁船型の山車も用意するなど演出も大掛かりになる予定。全校一丸で節目の運動会を盛り上げる。
 仙美里小は合同運動会で例年、ヨサコイ演舞を小学1~3年生の遊戯として披露している。今年は記念行事の1つでもある運動会を全校一丸で盛り上げようと、同校で恒例の「よさこいよっちょれ」を児童・教職員全員で踊ることにした。
 この取り組みに合わせ、同校は漁船型の山車を手作りし、浦幌・厚内小からは大型の大漁旗5本を借り受けることに。また、衣装も人数分をそろえ、山車の引き回しに合わせて振り付けも一部変更。当日はそろいの化粧と衣装で演舞を繰り広げ、全員による「祝110」の人文字で締めくくる予定だ。
 本番を2週間後に控え、現在は全体練習を繰り返している。迫力ある演舞を保護者に披露しようと、振り付けや掛け声、表情のつくり方などを入念にチェックしながら、完成度を高めている。児童会長の齊藤さんは「本番では全員で力を出し切りたい」と心待ちにする。
 同校の運動会で、教職員を含めた全校一丸のプログラムを設定するのは初めて。佐々木校長は「歴史のある学校がこの先、さらに力強く歩むきっかけになれば」と期待している。(杉原尚勝)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞2011年5月29日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
 6月2日(木)・3日(金)行われた囲碁の本因坊戦で、山下本因坊(32)が勝って シリーズ3連勝 しました。b0171771_4215510.jpg
 囲碁の第66期本因坊戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院主催)、山下敬吾本因坊(34)と挑戦者、羽根直樹九段の第3局は、十勝川温泉・第一ホテル豊洲亭の「豊洲庵」で行われ、235手までで山下本因坊が白番1目半勝ちしました。残り時間は羽根4分、道吾1分でした。
 本因坊道吾(どうわ)・山下敬吾九段は、これで本因坊初防衛まであと1勝としました。
 両者の対戦は、昨年に続いての対決で、山下本因坊は初防衛を、羽根九段は3期目の本因坊位を目指しています。

 山下本因坊は、1978年旭川市出身。1986年、 旭川市立東栄小学校2年生の時に少年少女囲碁大会小学生の部で歴代最年少記録で優勝し、小学生名人となりました。このときの決勝の相手はのちにプロでタイトル争いをすることとなる高尾紳路でした。
 1998年、新人王戦で初めての優勝し、2001年まで4連覇。七段だった2000年の碁聖戦で小林光一を破り、7大タイトルを初獲得。2003年、棋聖獲得により七段から九段へ飛び級昇段。2006年、棋聖位を羽根直樹から奪い返し、2009年まで4連覇を果たしました。
 これまでの羽根直樹との対戦成績は、通算で山下本因坊の28勝14敗でした。
 山下本因坊は、現在、日本棋院所属のプロ棋士で、羽「根直樹、張栩、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と呼ばれています。
 2010年、本因坊位初獲得の就位式において、雅号を「道吾」とすることを発表しました。その理由は、歴代本因坊の一人、本因坊道策と、自身の出身地である北海道から「道」を取り、本名の敬吾からの「吾」の1文字と合わせたものです。「道産子」の棋士として、今後の活躍に期待したと思います。

 この対局では、帯広出身の宮沢吾朗九段(61)が立会人を務めました。宮沢九段は、大盤解説にも飛び入り参加し、地元十勝の囲碁ファンに歓迎を受けました。

 さて、会場の十勝川温泉・第一ホテル豊洲亭は、今年4月23日、「Spa Suite(スパ・スイート) 豊洲亭」として新装オープンしたばかり。全ての部屋に展望露天風呂を備えているのが特徴です。モール温泉を楽しみながら、十勝川のゆったりとした流れや日高山脈など雄大な風景を一望できます。

 なお、第4局は、6月15日・16日の2日間、石川県小松市粟津温泉の「法師」を会場に行われる予定です。

参考:十勝川温泉第一ホテル 豊洲亭・豆陽亭ホームページ
http://www.daiichihotel.com/
 6月1日(水)、北海道各地で気温が低下し、氷点下を記録する所もありました。
 オホーツク海から冷気が吹き込み、道東や道北では、4月下旬から5月上旬並みの気温となりました。北見市留辺蘂は、最低気温が氷点下2.0度で、6月の観測史上最低を記録しました。
 この日は、節電を目的に国が提唱する「スーパークールビズ」の初日でしたが、寒すぎるスタートとなりました。
 十勝管内では、ぬかびら源泉郷大樹で氷点下1.0度を記録し、池田糠内でも、氷点下になりました。
b0171771_4273853.jpg

地図 緑☆印:北見市留辺蘂 青☆印:ぬかびら源泉郷 紫☆印:大樹

 国道273号の上士幌町幌加地区で、ミズバショウが見頃を迎えています。
 国道273号は、帯広市をを起点とし、士幌町、上川町などを経て紋別市に至る国道です。その中で、ぬかびら源泉郷と道内の国道では最高所の峠である三国峠の中間になる幌加地区で、ミズバショウがドライバーの目を慰めています。

 下記「露天風呂マニアの温泉探索記」の5月24日付けのホームページに、美しい画像が掲載されています。ぜひ、アクセスしてみてください。


参考:露天風呂マニアの温泉探索記ホームページ「十勝三股・これ温泉!?」
http://blog.goo.ne.jp/akkii83/e/105427cf7450390415856c59f4f2cfb8

地図 緑☆印 :上士幌町幌加地区

 5月22日(日)、奥田眞行氏が会長を務める大樹町の 「歴舟川の清流を守る会」 が、大樹市街地の歴舟川周辺でごみ拾いなどの活動をしました。
 歴舟川は、日高山脈に源をもち、昭和62年以降7回(昭和62・63・平成元年・3・5・12・21年)、環境省の水質調査により「日本一の清流」と認められています。また、平成8年には国土省から水の郷百選にも選ばれました。
 その後、守る会のメンバーは、歴舟川支流の「中の川」上流でも、魚道の確認をしました。
 国土交通省北海道開発局が行った2002年度「わが村は美しく-北海道」運動・第1回コンクール景観部門に、歴舟川の清流を守る会が「清流・歴舟川の保護と周囲の景観づくり」として応募している内容が、下記のホームページに紹介されています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
はじまりは?
 歴舟川は日高山脈を源に太平洋まで大樹町1町だけを流れる川で、昔から「母なる川」として住民に親しまれてきました。毎年行われる環境省公共用水域水質測定では、1987年から2000年までに6回日本一の清流に指定を受け、「水の郷100選」にも選ばれている清流です。過去に3年連続日本一の指定を受けてから5年間空白があったことがきっかけとなり、自然保護に興味のある人たちが川を守る会を設立し、保護活動を進めています。

歴舟大樹橋での流木撤去作業
●おもな活動
 1992年の設立以来、歴舟川の自然景観を守る活動を展開。ゴミ拾いや流木撤去などの美化活動をはじめ、家畜ふん尿や野積堆肥が河川に流入する箇所を調査し、改善を求めるなどの取り組みの成果から、2000年度には7年ぶりに日本一の清流に指定されました。
 また、川を取り巻く景観づくりにも力を入れ、河畔林への植栽を実行。5月~9月までの日曜朝には会が植栽した桜並木を見ながら、堤防の桜づつみ遊歩道を歩く会を開いています。
 ほかにも魚道の視察や水生動物の生息調査、ヤマベや小魚の放流、講演会の実施など活動は多岐に渡っています。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:国土交通省北海道開発局2002年度「わが村は美しく-北海道」運動・第1回コンクール景観部門「歴舟川の清流を守る会」
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_nogyo/wagamura/contest/01/scene/k_26/index.html

 なお、2002年度「わが村は美しく-北海道」運動・第1回コンクール地域特産物部門に、本別町から 「本別発 豆ではりきる母さんの会」 が応募し、銅賞に選ばれています。
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_nogyo/wagamura/contest/01/area/t_26/index.html

地図緑☆印:大樹町中心街を流れる歴舟川  青☆印:中の川・歴舟川合流地点