カテゴリ:十勝の町や村の様子( 918 )

b0171771_07033284.jpg
清水高校
=2014年1月撮影

12月1日、満寿屋商店は、帯広市内の麦音店限定で、清水高校の生徒が考えた創作パンを基に開発した期間限定の新商品 「鶏となますのバインミー」 を発売します。
 この商品は、清水高生が、パン作りを競う「パン甲子園2018 inいわみざわ」で優勝した「新芽バインミー」を、麦音店でアレンジしました。

b0171771_23230184.jpg
参考写真:ベトナムのサンドイッチ「バインミー」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%BC

 十勝毎日新聞が,「清水高生徒考案のパン発売 満寿屋麦音店」 と伝えています。
 満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は、帯広市内の麦音店(稲田町南8線西16)限定で、清水高校の生徒が考えた創作パンを基に開発した期間限定の新商品「鶏となますのバインミー」を12月1日に発売する。

 同商品は、道内の高校生がパン作りを競う「パン甲子園2018inいわみざわ」(9月、岩見沢市)で優勝した同校生産技術系列食品分野3年の佐藤亜依さん(17)、鈴木杏理さん(17)、高倉裕梨さん(18)による「新芽バインミー」を、麦音店の赤坂玲見奈さん(22)と佐々木駿介さん(22)がアレンジ。地元産食材を使ってベトナム風サンドイッチのバインミーを作った高校生らの「新芽バインミー」の良さを生かし、商品として仕上げた。

 パン生地には十勝産キタノカオリの小麦粉に、ユメチカラの強力粉、古代種のディンケル小麦を混ぜ込み、香り高くもちもちとした食感に。

-略-

(長谷川正人)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年11月27日21時00分の記事の記事
[PR]
b0171771_05191769.jpg
参考写真:札幌ドーム・クローズドアリーナ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

 11月24日,プロ野球の日本ハムは,札幌ドームで「ファンフェスティバル2018」を開きました。
 抽選の結果, 来年の応援大使 は浦幌町が中島卓也内野手と西村天裕投手,陸別町が鶴岡慎也捕手と石川直也投手に決まりました。

b0171771_05010129.jpg
参考写真:中島卓也内野手
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%8D%93%E4%B9%9F

 十勝毎日新聞が, 「日ハム応援大使,浦幌は中島と西村,陸別は鶴岡と石川直」 と伝えています。
 【札幌】プロ野球の日本ハムは24日,札幌ドームで「ファンフェスティバル2018」を開き,選手が道内市町村で住民と交流しながらまち起こしに寄与する「北海道179市町村応援大使」の抽選を行った。来年の応援大使は浦幌町が中島卓也内野手と西村天裕投手,陸別町が鶴岡慎也捕手と石川直也投手に決まった。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月24日16時56分の記事
[PR]
b0171771_04363192.jpg
ぴあ21しほろ
=2018年5月撮影

 11月8日から,道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営する『at LOCAL』は, 地場産のトウモロコシを使った 「とうきびまん」 の販売を始めました。
 今年に入って「あんまんが食べたい」と要望があり,地場食材を使ったあんまんの商品化に取り組んできました。
 生地の中のこしあんには,ホールコーンをペースト状にし,白あんに練り込みました。

b0171771_04365659.jpg
ぴあ21しほろ
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「トウモロコシをあんまんに 士幌産使用 ぴあ21しほろ」 と伝えています。
 【士幌】道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から,地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。

 士幌産のブランド牛「しほろ牛」を100%使った「しほろ牛お相撲肉まん」に続くシリーズ。今年に入って「あんまんが食べたい」と要望があり,地場食材を使ったあんまんの商品化に取り組んできた。

 生地の中のこしあんは,ホールコーンをペースト状にし,白あんに練り込んだもの。ほのかにトウキビの風味が感じられ,舌触りはなめらかなのが特徴だ。持ち帰り用の冷凍セット(3個入り)も近く販売する予定。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月14日9時00分の記事
[PR]
b0171771_10465023.jpg
写真:エア・ドゥ ボーイング737-500型機
出典::フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/AIRDO


 エア・ドゥは,今月の1カ月間,全路線の機内のモニターで 冬の十勝の魅力をPRする 動画を放映 しています。
 動画は2016年度に十勝アウトドア推進委員会が作製した動画のダイジェスト版で,とかち観光誘致空港利用推進協議会が機内で放映する2分バージョンに編集しました。
 豊頃町のジュエリーアイスや音更町の彩凛華(さいりんか),鹿追町のしかりべつ湖コタンなど,十勝で楽しめるアクティビティーなどを中心に紹介しています。

b0171771_00431352.jpg
彩凛華(音更)
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「冬の十勝の魅力機内動画でPR エア・ドゥが今月」 と伝えています。
 エア・ドゥは,今月の1カ月間,全路線の機内のモニターで冬の十勝の魅力をPRする動画を放映している。観光客が落ち込む冬季に,首都圏から道東地区に足を運ぶ観光客を増やしたい考えだ。

 動画は2016年度に十勝アウトドア推進委員会が作製した動画のダイジェスト版で,とかち観光誘致空港利用推進協議会が機内で放映する2分バージョンに編集した。動画はジュエリーアイス(豊頃)や彩凛華(音更),しかりべつ湖コタン(鹿追)など十勝で楽しめるアクティビティーなどを中心に紹介。新たに,羽田空港ととかち帯広空港を結ぶ路線図も付けて位置関係を分かりやすく表現した。

 エア・ドゥでは10月に釧路のPR動画を放映。12月は網走,来年1月は北見の動画を放映する予定。同社は2015年から東京で冬の東北海道のプロモーションを行っており,帯広を含めた道東エリアへの誘客に力を入れている。今年就航20周年の節目を迎え,さらなる地域貢献の一環として実施している。

-略-

(川野遼介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月21日13時14分の記事
[PR]
 
b0171771_03223292.jpg
豊頃町保健センター
=2014年8月撮影

 11月9日,65歳以上の1人暮らしのお年寄りを対象とした,豊頃町の 「いきいき料理教室」の最終回 が,豊頃町保健センターで開かれました。
 今年度5回目を数える料理教室には,男性も含めて9人が参加しました。

 十勝毎日新聞が, 「いきいき料理教室が最終回 豊頃」 と伝えています。
 【豊頃】65歳以上の1人暮らしのお年寄りを対象とした「いきいき料理教室」(町主催)の最終回が9日,保健センターで開かれた。

 今年度5回目を数える料理教室には9人が参加。男性と女性に分かれて,町の野田のり子栄養士らを講師に招き,サケとキノコの炊き込みご飯,野菜スープ,ナスとカボチャのそぼろ煮,切り干し大根とブロッコリーのキムチあえの4品を調理した。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月17日12時55分の記事
[PR]
タンチョウW

参考写真:タンチョウ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6

 11月15日,帯広工業高校環境土木科の2年生は,音更と池田町の十勝川流域2カ所に,越冬する タンチョウ用の 給餌場を設置 しました。 給餌場は,市民団体の十勝川中流部市民協働会議が2009年から設置していて,生徒14人は同会議の活動に協力し,音更町の十勝川温泉ホテル大平原の畑と池田町の千代田堰堤展望公園に,来年3月まで設置しました。


十勝川温泉1007 (25)

十勝川温泉(音更町)=2000年7月撮影

 十勝毎日新聞が,「タンチョウ給餌場を設置 十勝川流域に帯工高生」 と伝えています。


 【池田・音更】帯広工業高校環境土木科の2年生は15日,音更と池田町の十勝川流域2カ所に,越冬するタンチョウ用の給餌場を設置した。

 給餌場は,市民団体の十勝川中流部市民協働会議が2009年から設置している。特別天然記念物タンチョウをウイルスなどによる大量死から守るため環境省が進める「越冬地分散事業」の一環。

 同校の生徒14人は同会議の活動に協力し,十勝川温泉ホテル大平原の畑(音更)と千代田堰(えん)堤展望公園(池田)に給餌場を設置した。展望公園は初の設置で,道路脇から見やすい位置を生徒が検討。餌のデントコーンを入れたバケツを囲む形で高さ約1.5メートルのやぐらを組み,むしろをかぶせた。来年3月まで設置する。

-略-

(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年11月15日18時41分の記事の記事
[PR]
b0191190_01400253.jpg
アンモナイトの化石
=2017年8月,浦幌で撮影

 11月12日,大樹町生涯学習センターで, 「化石ミニ発掘体験会」 が開かれました。
 招かれ大樹小学校の児童が,約30分かけてブロック状の模造岩を専用の道具で削り,埋め込まれたアンモナイトやサメの歯など本物の化石を取り出しました。


b0191190_01301774.jpg
大樹町生涯学習センター=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「大樹で化石ミニ発掘体験会」 と伝えています。
 【大樹】町生涯学習センターで12日,「化石ミニ発掘体験会」が開かれた。

 同センターで開催中の「大樹で発見されたヒゲクジラの化石特別展」(町教委主催,足寄動物化石博物館協力)にちなんだイベント。大樹小の児童が多く訪れた。

-略-

 子どもたちは約30分かけてブロック状の模造岩(長さ約5センチ,幅・高さ約4センチ)を専用の道具で削り,埋め込まれたアンモナイトやサメの歯など本物の化石を取り出した。

(船水よう子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月15日12時30分の記事
[PR]
b0171771_05030751.jpg
音更高校
=2018年5月撮影

 11月10日、音更高校開放講座 「大人のためのジャンボ書道講座」 が、音更高校書道教室で開かれました。
 音更高の比企絢子教諭が指導し、受講者は三尺四尺判(幅90cm長さ1.2m)の半紙に、全身を使って大きな筆を操り、思い思いに5枚ずつを一気に書き上げました。

 十勝毎日新聞が, 「ジャンボ書道に挑戦 音更」 と伝えています。
 【音更】音更高校開放講座「大人のためのジャンボ書道講座(大字書・前衛書)」が10日、同校書道教室で開かれた。

 町教委との共催。同校の比企絢子教諭が指導し、書道部の福田菜瑚未部長(17)と宮田沙奈副部長(17)=いずれも2年=がサポートした。

 受講した町内の小口泰江さん(64)と高橋京子さん(55)は、三尺四尺判(幅90センチ長さ1・2メートル)の半紙に、全身を使って大きな筆を操り、思い思いに「音」「心」「花」や孫の名前など5枚ずつを一気に書き上げた。

-略-

(村西信一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月14日13時43分の記事
[PR]
b0191190_21165506.jpg
帯広の森「サラダ館」
=2016年9月撮影

 10月21日, 第56回全日本通信珠算競技道東大会道東大会 が,帯広の森サラダ館で開かれました。
 個人総合競技では,日農機の今井博暁さんがそろばん道東一に輝きました。 団体総合競技では,高校生以上の部で帯広南商業高,中学生の部で幕別中,小学5・6年生の部で芽室小,4年生以下の部で新得屈足南小が部門を制しました。

 十勝毎日新聞が, 「今井さん珠算道東一 団体は南商高V 全日本通信大会」 と伝えています。
 第56回全日本通信珠算競技道東大会兼北海道珠算選手権大会道東支部予選が10月21日,帯広の森サラダ館で開かれた。個人総合競技では,日農機の今井博暁さんがそろばん道東一に輝いた。

 団体総合競技では,高校生以上の部で帯広南商業高,中学生の部で幕別中,小学5・6年生の部で芽室小,同4年生以下の部で新得屈足南小が部門を制した。

-略-

 個人総合競技部門の優勝者は次の通り。(敬称略)
▽高校以上の部=今井博暁(日農機)
▽中学の部=近藤小夏(芽室中学校)
▽小学6年の部=國村史織(帯広つつじが丘小学校)
▽小学5年の部=伊藤彩七(羅臼小学校)
▽小学4年以下の部=吉家悠莉(音更鈴蘭小学校)

(石川友史)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月07日12時20分の記事
[PR]
b0171771_01151333.jpg
よころ物産直売所
=2016年5月撮影

 国道38号沿い茂岩入り口の 「とよころ物産直売所」 は,今季最終営業日となる11月11日, 感謝セール を行います。
 セールでは,全商品1割引きで,地場産野菜や水産加工品などを販売しま。

b0171771_01155656.jpg
とよころ物産直売所
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「 11日に感謝セール 豊頃直売所」 と伝えています。
 【豊頃】国道38号沿い茂岩入り口の「とよころ物産直売所」は,今季最終営業日となる11日,全商品1割引きの感謝セールを行う。町商工会よる大津産シシャモの限定販売も行われる。

 「感謝セール」として地場産野菜や水産加工品などを販売する。シシャモは箱入り(20匹)の雄雌混合,すだれ干しなど。価格は1000円前後。感謝セール,シシャモ販売は午前9時から午後3時まで(なくなり次第終了)。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月08日12時09分の記事
[PR]