カテゴリ:未分類( 55 )

b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_05562111.jpg
参考写真:苫東厚真発電所
出典:フリー百科事典ディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9A%E7%9C%9F%E7%94%BA

 9月6日午前3時8分ごろ発生した,北海道の 胆振地方中東部を震源とする地震 で,気象庁は9月6日,大規模な土砂崩れが起きた厚真(あつま)町で,震度7を観測していたと発表しました。
 人的被害は胆振(いぶり)管内で厚真町5人,むかわ町と苫小牧市,日高管内新ひだか町でそれぞれ1人,計8人が死亡しました。
 十勝管内では帯広市3人,本別町と幕別町で各1人の5人が軽傷を負いました。
b0171771_13405383.jpg
参考地図:胆振総合振興局
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%86%E6%8C%AF%E7%B7%8F%E5%90%88%E6%8C%AF%E8%88%88%E5%B1%80

 十勝毎日新聞が, 「死者8人,心肺停止7人 胆振東部地震」 と伝えています。
 【札幌】道は午前11時現在の被害状況をまとめた。人的被害は胆振管内厚真町5人,同管内むかわ町と苫小牧市,日高管内新ひだか町でそれぞれ1人,計8人が死亡した。厚真町では心肺停止が6人,安否不明が25人いる。札幌市でも1人が心肺停止。その他,札幌市などを中心に359人が負傷した。

 十勝管内では帯広市3人,本別町と幕別町で各1人の5人が軽傷,負傷程度不明が帯広市と幕別町で1人ずつとなっている。

 建物被害は厚真町などで28戸が全壊,半壊が18戸,一部損壊が9戸。道内113市町村768カ所に避難所が設置され,7339人が避難している。

-略-

(津田恭平)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月07日12時52分の記事
[PR]
b0171771_02375537.jpg
参考写真:二風谷アイヌ文化博物館の外の復元「チセ」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%8F%96%E7%94%BA

 北海道150年事業が展開される中、「北海道」命名者として知られる松浦武四郎をテーマにしたイベントや番組制作などが相次ぎ、武四郎への関心が高まっている。
 NHKは来春放送予定のテレビドラマ 『永遠のニシパ』の撮影 を道内の二風谷で始めました。

参考サイト: 北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」(NHK)
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=15066

 十勝毎日新聞が, 「武四郎に注目高まる 松本潤さん主演『永遠のニシパ』撮影始まる」 と伝えています。
 北海道150年事業が展開される中、「北海道」命名者として知られる松浦武四郎(1818~88年)をテーマにしたイベントや番組制作などが相次ぎ、武四郎への関心が高まっている。NHKは来春放送予定のテレビドラマ撮影を道内で始め、25、26の両日には帯広と上士幌でミュージカル公演が行われる。北海道博物館(札幌)で開催中の特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」は入場者数が3万7000人を突破(22日時点)し、12月の帯広開催の盛り上がりが期待されている。

(藤島諒司)


 ドラマは、人気アイドルグループ「嵐」の松本潤さん(34)が松浦武四郎を演じる「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」。北海道150年記念としてNHK札幌放送局が制作する。

-略-
 
物語は、アイヌと交流しながら蝦夷地を調査した武四郎が、江戸に戻り蝦夷地図を出版し、アイヌが松前藩から搾取されている実態を告発。松前藩から命を狙われながらも幕府のお雇いとして、再び蝦夷地調査に向かう姿などが描かれる。大河ドラマ「功名が辻」などを手掛けた脚本家大石静さんのオリジナル作品。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月23日20時00分の記事
[PR]
b0171771_05253779.jpg
「スーパーおおぞら」
=2017年2月撮影

 7月26日,JR北海道は,8月9~19日の お盆期間中の 指定席予約状況 を発表しました。
 札幌-帯広・釧路方面の予約席数は前年比13.4%増となり,札幌発は帯広間の「スーパーとかち」,釧路間の「スーパーおおぞら」ともに11~13日に一部列車で予約率が60~89%になっています。

b0171771_05243758.jpg
JR帯広駅改札口
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯広方面は13・4%増 JR北海道」 と伝えています。
 【札幌】JR北海道は26日,お盆期間中(8月9~19日)の指定席予約状況を発表した。札幌-帯広・釧路方面の予約席数は前年比13・4%増となり,一部の期間・列車でやや混み合っている。

-略-

 札幌発は帯広間の「スーパーとかち」,釧路間の「スーパーおおぞら」ともに11~13日に一部列車で予約率が60~89%,札幌着は「スーパーとかち」の14,15日の8号が予約率60~89%とやや混み合っている。

 JR北海道広報は「(スーパーとかちの価格が通常より55%安くなる)『「お先にトクだ値』が好調で,予約が伸びている」としている。

(津田恭平)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月27日13時26分の記事
[PR]
b0171771_19334137.jpg
参考写真:産業能率大学自由が丘キャンパス
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E8%83%BD%E7%8E%87%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 産業能率大学の倉田ゼミの学生と満寿屋商店との 共同開発プロジェクトが始動 しました。 今年の8~9月に十勝で行う製造・生産現場の研修などを経て,満寿屋商店東京本店と商品を開発し販売も実践,売れる商品づくりを目指します。
 産業能率大の学生たちに農業関連ビジネスの実践の場を提供し,一方で十勝の企業と都内学生との連携を図ることをねらいとしています。

b0171771_23441212.jpg
満寿屋商店麦音店
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「満寿屋と共同プロジェクト 産業能率大の学生が商品づくり 東京」 と伝えています。
 産業能率大学の倉田ゼミの学生と満寿屋商店(帯広)との共同開発プロジェクトが始動した。8~9月に十勝で行う製造・生産現場の研修などを経て,同社東京本店と商品を開発し販売も実践,売れる商品づくりを目指す。

 産業能率大の学生たちに農業関連ビジネスの実践の場を提供するとともに,十勝の企業と都内学生との連携を図るのが狙い。TASUKI有限責任事業組合(帯広)の山内一成代表理事がコーディネートしている。6月20日は倉田洋教授ゼミから3年生23人が参加した。

 杉山勝彦満寿屋商店専務が,小麦王国十勝のパン屋としての同社の歴史や考え方などを述べた。続いて杉本麻希東京本店副店長が,帯広畜産大と編み出した「炊き種製法」(炊飯器のようなものでゆっくり加熱しながら小麦と水を合わせていく製法)の開発経過などを説明した。また,マーケティングの基本的な部分に弱さがあることや,東京本店には学生客がほとんど来ないことなどを課題として伝えた。

-略-

(植木康則)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月03日11時49分の記事
[PR]
b0171771_05222324.jpg
考写真:松浦武四郎
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B5%A6%E6%AD%A6%E5%9B%9B%E9%83%8E

 北海道の名付け親として知られる松浦武四郎(1818~88年)の生涯を描いた, 伝記小説「がいなもん 松浦武四郎一代」 が発刊されました。
 著者は,北広島市在住の歴史小説作家・河治和香さんで,武四郎のあまり知られていないエピソードが満載です。

 十勝毎日新聞が, 「松浦武四郎の生涯を伝記小説で紹介,北広島の河治さん」 と伝えています。
 北海道の名付け親として知られる松浦武四郎(1818~88年)の生涯を描いた,伝記小説「がいなもん 松浦武四郎一代」が発刊された。著者は歴史小説作家の河治和香さん(北広島市在住)。武四郎のあまり知られていないエピソードが満載で,河治さんは「近所のおじいさんの昔話に耳を傾けるような気分で読んでいただけたら」と話している。

 武四郎の生誕200年,北海道命名150年を記念し,小学館から6月に出版された。「がいなもん」は武四郎の出身地・三重の方言で「とんでもない」の意味。昨年3月から1年間にわたり,文芸誌「きらら」で連載された。

 話は,武四郎が親交のある絵師河鍋曉斎の家を訪ねてやってきては,曉斎の娘の豊に昔話を語るところから始まる。1日に20里(約78キロ)を歩いたり,蝦夷地を6回訪れては約9800のアイヌ語地名を記録したりしたこと,アイヌと同じ物を食べて過ごしたことなどを振り返っている。

-略-

(藤島諒司)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年06月30日8時30分の記事
[PR]
b0171771_03174609.jpg
帯広畜産大学
=2017年8月撮影

 帯広畜産大学と小樽商科大学,北見工業大学の3国立大学が,将来的な 運営法人の統合 も視野に,経営改革を進めていくことになりました。
 各大学の特徴を生かして経営効率化を図り,教育研究機能を強化し,道内経済や産業発展に貢献する計画です。

b0171771_03211752.jpg
北見工業大学
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯畜大など3国立大法人統合検討 小樽商科大,北見工大と」 と伝えています。
 帯広畜産大学と小樽商科大学,北見工業大学の3国立大学が,将来的な運営法人の統合も視野に,経営改革を進めていくことが関係者の話で分かった。各大学の特徴を生かして経営効率化を図り,教育研究機能を強化し,道内経済や産業発展に貢献する。29日に札幌市内で3大学の学長が,経営改革推進の合意書に締結する。

-略-

 この流れを受け,名古屋大と岐阜大は既に,大学法人統合に向けた検討を開始。事務部門共通化で人員や資金を教育研究支援に振り向ける他,教養授業の共同化やプロジェクト共同運営なども想定している。

 道内には7つの国立大学があるが,総合大学の北海道大学以外は単科大学で,比較的規模が小さい。大学関係者は,道内大学が連携し,すみ分けしながら機能強化を図る必要があると指摘していた。帯畜大は獣医・農畜産,小樽商科大は商学,北見工大は工学とそれぞれ強みがあり,法人統合の相乗効果で共同研究による民間資金獲得などの可能性が広がる。

(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月24日10時36分の記事
[PR]
b0171771_13160810.jpg
参考写真:松嶋菜々子さん
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B6%8B%E8%8F%9C%E3%80%85%E5%AD%90

 4月26日,十勝を舞台にした,女優の広瀬すずさんがヒロインを務める,100作目のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(2019年放送予定)のキャスティングが,NHK放送センターで発表されました。
 広瀬さんの兄役には岡田将生(まさき)さん,養母の父で酪農家役の草刈正雄さん,養母役の松嶋菜々子さん,養父役として藤木直人さんが出演する。「TEAM NACS」から3人も選ばれた。

b0171771_13190011.jpg
NHK放送センター
=2016年10月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『なつぞら』出演者発表 岡田将生さん,松嶋菜々子さんら」 と伝えています。
 【東京】十勝を舞台にした,女優の広瀬すずさんがヒロインを務める,100作目のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(2019年放送予定)のキャスティングが26日,NHK放送センターで発表された。広瀬さんの兄役には岡田将生さん,養母の父で酪農家役の草刈正雄さん,養母役の松嶋菜々子さん,養父役として藤木直人さんが出演する。「TEAM NACS」から3人も選ばれた。

 発表には広瀬さんも同席。TEAM NACSからは,安田顕さん,戸次重幸さんとともに,連続テレビ小説初出演となる音尾琢真さんが出演。安田さんは十勝・帯広のお菓子発明王を演じる。このほか,高畑淳子さん,「おしん」の主役を務めた小林綾子さんと豪華キャストが並んだ。

 北海道・十勝でのロケについて,草刈さんは「北海道大好き人間。ロケをこんなに楽しみにしたことは最近なかった」,松嶋さんは「すごく寒いところにロケに行くと聞いている。極寒の寒さの体験など,アウトドア気分で頑張りたい」と述べた。

-略-

(植木康則)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月27日10時32分の記事
[PR]
b0171771_05191769.jpg
参考写真:札幌ドーム・クローズドアリーナ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

 3月30日,平昌冬季五輪のスピードスケート女子で団体追い抜きとマススタートの 2つの金メダルを獲得した高木菜那選手 が,札幌ドームで行われたプロ野球・北海道日本ハムファイターズの今季 開幕戦の始球式 を務めました。
 投球ではノーバウンドを狙いましたが,惜しくもワンバウンドとなりました。

 十勝毎日新聞が, 「高木菜那さんが始球式 日ハム開幕戦」 と伝えています。
 【札幌】平昌冬季五輪のスピードスケート女子で団体追い抜きとマススタートの2つの金メダルを獲得した高木菜那選手(25)=幕別町出身=が30日,札幌ドームで行われたプロ野球・北海道日本ハムファイターズの今季開幕戦,埼玉西武ライオンズ戦の始球式を務めた。

-略-

 五輪で快挙を演じたヒロインはこの日,鮮やかなスカイブルーのユニホームに身を包み,マウンドへ。背番号はNANAの文字の下に「7」とプリント。背筋を伸ばしたアスリートらしいバランス感覚で,小さな体を躍動させた。  ノーバウンドを狙ったが惜しくもワンバウンドとなり,高木選手は「練習では届いていた。

-略-

(有岡志信)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年03月30日19時47分の記事
[PR]

b0171771_03181810.jpg
参考写真:スーパームーン
=2016年11月14日
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3

 12月3日夜から4日未明にかけて,今年 最大の満月で 「スーパームーン」 とも呼ばれる姿が出現しました。
 十勝地方には濃霧注意報が発表されていたが,くっきりと真ん丸の月が浮かび上がる時間もあり,中札内村からは4日未明,日高山脈に沈む月が夕日のように黄金に輝いて見えました。
 最も遠い満月と比べると直径がおよそ14%大きく,30%明るく見えます。

 十勝毎日新聞が, 「黄金満月 沈む 今年最大スーパームーン 十勝」 と伝えています。
 3日夜から4日未明にかけて「スーパームーン」とも呼ばれる今年最大の満月が姿を現した。  十勝地方には濃霧注意報が発表されていたが,くっきりと真ん丸の月が浮かび上がる時間もあり,夜空に存在感を示した。中札内村からは4日未明,日高山脈に沈む月が夕日のように黄金に輝いて見えた。

 国立天文台によると,月は地球の周りを楕円(だえん)軌道で公転するため,地球との距離は約35万6000~約40万6000キロメートルで変化する。この日は約35万8000キロメートルと今年最も近く,最も遠い満月と比べると直径がおよそ14%大きく,30%明るいという。次に見られる来年1月2日の満月は,2018年で一番の大きさ。今回よりもさらに大きく見える。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年12月4日 14時01分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201712/20171204-0028046.php

[PR]