カテゴリ:浦幌町の様子( 50 )

b0171771_09105926.jpg
参考写真:アラスカ州スワード市
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89_(%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AB%E5%B7%9E)

 7月9日,米国アラスカ州スワード市との国際姉妹都市締結50周年を記念し 帯広市がスワード派遣する 訪問団の結団式 が,帯広市役所で行われました。
 帯広,スワードの両市は1968年に姉妹都市締結され,今回は市民や関係機関の代表ら10人が,8月15~23日にスワード市を訪れる予定です。

b0171771_05135103.jpg
帯広市役所=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「スワード訪問団が結団式」 と伝えています。
 米国アラスカ州スワード市との国際姉妹都市締結50周年を記念し帯広市がスワード派遣する訪問団の結団式が9日,市役所で行われた。

 帯広,スワードの両市は1968年に姉妹都市締結。73年から高校生の相互派遣やイベントなどを通して交流を深めてきた。今回は50周年の節目を記念し,市民や関係機関の代表ら10人が,8月15~23日にスワード市を訪れる。

 結団式では,訪問団長を務める米沢則寿市長が「交流の絆が深まるよう尽力を。(現地では)アウトドア観光のヒントをつかみたい」とあいさつした。

-略-

(本田龍之介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月10日12時19分の記事
[PR]
b0171771_00001734.jpg
特別養護老人ホームはまなす園
=2017年8月撮影

 6月15,22の2日間,浦幌町で社会福祉法人うらほろ幸寿会が運営する特別養護老人ホームはまなす園,デイサービスセンター,居宅介護支援センターの職員が,各施設のある北町3区の 清掃奉仕活動 を行いました。

 十勝毎日新聞が, 「ウオーキング兼ね清掃奉仕 浦幌・幸寿会施設職員」 と伝えています。
 【浦幌】社会福祉法人うらほろ幸寿会(岸田武雄理事長)が運営する特別養護老人ホームはまなす園,デイサービスセンター,居宅介護支援センターの職員が15,22の2日間,各施設がある北町3区の清掃活動を行った。

 地域貢献。活動の一環。延べ55人が仕事を終えた午後6時からウオーキングを兼ねて実施した。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年06月28日12時08分の記事
[PR]
b0171771_07270645.jpg
北海道教育大学釧路校=2014年7月撮影

 6月14日、北海道教育大釧路校の地域・環境教育専攻地域教育分野の2年生9人が、バスツアーで 浦幌町を訪問 し,地域の歴史や文化、自然を学びました。
 今回のツアーは、町立博物館の持田誠学芸員を講師に町内の海岸沿いを巡って地域の魅力に触れました。

b0171771_17291925.jpg
昆布刈石展望台(浦幌町)
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「バスツアーで文化、浦幌の自然学ぶ 道教育大釧路校生」 と伝えています。
 【浦幌】道教育大釧路校の地域・環境教育専攻地域教育分野の2年生9人が14日、バスツアーで来町し、地域の歴史や文化、自然を学んだ。

 同分野の宮前耕史准教授は、NPO法人「うらほろスタイルサポート」(門馬孝敬理事長)と連携し、前身の「うらほろスタイル推進地域協議会」時代の2011年から町内の学校と地域の関係性やその在り方などを調査研究している。今回のツアーは、町立博物館の持田誠学芸員を講師に町内の海岸沿いを巡って地域の魅力に触れた。

 町の鳥「アオサギ」のコロニー(集団営巣)や豊北海岸に咲く町の花「ハマナス」、戦争遺産のトーチカを見て回った。パラグライダー基地(町昆布刈石)では、青く広い太平洋を望み、吸い込まれるような高さ100メートルの絶壁に歓声を上げた。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年06月18日23時30分の記事
[PR]
b0171771_05140056.jpg
花と野菜のスタンド
=2014年9月撮影

 浦幌町で国道38号沿いの旧ガソリンスタンドを活用して花苗や旬の野菜,雑貨類を販売している 「花と野菜のスタンド」 が,9年目の営業を始めました。
 パンジー,ベゴニア,ペチュニアなどの花苗60種類以上と,カボチャ,ヤーコンなどの野菜苗が並べられています。

b0171771_05213886.jpg
ヤーコンの苗
=2018年5月,芽室町で撮影

 十勝毎日新聞が, 「9年目の営業開始 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】国道38号沿いの旧ガソリンスタンドを活用して花苗や旬の野菜,雑貨類を販売している「花と野菜のスタンド」(町共栄,石原由美代表)が,9年目の営業を始めた。

 パンジー,ベゴニア,ペチュニアなどの花苗60種類以上と,カボチャ,ヤーコンなどの野菜苗が並ぶ。石原代表の友人らが手作りしたイヤリング,ポーチ,洋服などの雑貨,JAうらほろの「白花豆甘納豆」,浦幌ヒグマ調査会のTシャツ,町の花ハマナスを使った化粧品も販売している。

 石原代表は「花苗はもちろん,手作り雑貨も見てほしい」と呼び掛けている。営業は11月中旬までの予定。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年06月12日7時45分の記事
[PR]
b0171771_01141444.jpg
道の駅うらほろ
=2017年8月撮影

 4月26日,浦幌町の花「ハマナス」を使った 化粧品(ブランド名rosa rugousa『ロサ・ルゴサ』)が 商品化 ,フクハラ浦幌店西側ホールで開かれる町内先行お披露目イベントで発売されます。
 4月27日以降は,町内の道の駅うらほろ,留真温泉で販売し,販路を順次拡充する方針です。

 十勝毎日新聞が, 「ハマナス化粧品完成,26日に先行販売 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】町の花「ハマナス」を使った化粧品(ブランド名rosa rugousa『ロサ・ルゴサ』)が商品化,26日に開かれる町内先行お披露目イベントで発売される。化粧品販売会社「ciokay(チオカイ)」の森健太代表(町地域おこし協力隊)は「まずは町民のみなさんに使ってもらいたい」と話している。

 販売されるのは,ローション(110ミリリットル,税別3200円),ミルキーローション(65ミリリットル,同3500円),セラム(30ミリリットル,同4000円),バーソープ(100グラム,同2300円),ハンドクリーム(40グラム,同2000円)の5種類。バーソープは280個,それ以外は1000個製造した。

 町内先行イベントは,フクハラ浦幌店西側ホールで同日午後3時から同7時まで行う。町民還元価格の全品2割引きで提供する。ハンドクリームについては予約販売で商品の引き渡しは6月下旬以降となる。27日以降は,町内の道の駅うらほろ,留真温泉で販売し,販路を順次拡充する方針。

-略-

()


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月24日7時00分の記事
[PR]
b0171771_07451003.jpg
参考写真:ヤブイチゲ(キンポウゲ科)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%A6%E3%82%B2%E7%A7%91

 浦幌町下浦幌地区で,町内に自生し日本のレッドデータに絶滅危惧II種として記載されているキンポウゲ科の 「ウラホロイチゲ」が咲き始め 白い可憐な花びらが春の訪れを告げています。
 ウラホロイチゲの開花は例年4月中旬ごろで,今年は同地区の町有林で3月下旬に確認されています。

 十勝毎日新聞が, 「ウラホロイチゲ咲き始める 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】町内に自生するキンポウゲ科の植物で,日本のレッドデータに絶滅危惧II種として記載されているウラホロイチゲが下浦幌地区で咲き始め,白い可憐(かれん)な花びらが春の訪れを告げている。

 ウラホロイチゲの開花は例年4月中旬ごろで,今年は同地区の町有林で3月下旬に確認されている。その後,寒さが戻り開花スピードは鈍化したが,天候の回復とともに再び先を競うように咲き始めた。

 同地区の町有林では,ウラホロイチゲと同じ場所にアズマイチゲも咲いており,白い花の競演が見られる。花びらの大きさはウラホロイチゲが直径2~3センチであるのに対し,アズマイチゲは一回り大きい5~6センチ。花びらの枚数はウラホロイチゲが5~8であるのに対し,アズマイチゲは10~12と多いのが特徴だ。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月11日18時59分の記事
[PR]
b0171771_21354996.jpg
参考写真:東日本大震災で被災した三陸海岸
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

 3月24日,うらほろ和ごころ体験塾が主催する 「家族で防災について学ぼう」と題した 防災教室 が,浦幌中央公民館で開かれました。
 共催した浦幌町立博物館の持田誠学芸員が,「地震と津波について学ぼう」を演題に講義しました。
 参加者は講義の前に,みんなで準備した炊き出し体験の豚汁と,備蓄用のまぜご飯などを試食しました。

b0171771_21364975.jpg
参考写真:炊き出し用の簡易かまど
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%8A%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%97

 十勝毎日新聞が, 「親子で炊き出し体験 浦幌・防災教室」 と伝えています。
 【浦幌】うらほろ和ごころ体験塾(二瓶隆会長)が主催する「家族で防災について学ぼう」と題した防災教室が3月24日,中央公民館で開かれた。

 幼稚園,保育園の園児から中学生まで約30人と,父母,スタッフ,浦幌神社やすらぎ会(岡本幸雄会長),町議会議員など約60人が参加した。

 共催した町立博物館の持田誠学芸員が,「地震と津波について学ぼう」を演題に講義した。スライドを見ながら過去の地震の被害の様子や,地震の仕組み,津波被害の様子などを学んだ。

 参加者は講義の前に,みんなで準備した炊き出し体験の豚汁と,備蓄用のまぜご飯などを試食した。

-略-

(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月06日8時58分の記事
[PR]
b0171771_21273934.jpg
参考写真:群れで行動するオシドリ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%AA

 4月1日まで, 釧路市立博物館主催の巡回展 「カモにも事情がありまして~餌から恋の三角関係まで~」が,浦幌町立博物館特別展示ホールで開かれています。
 釧路湿原国立公園指定30周年を記念する企画の一環で,カモの食性や強い遺伝子を巡る恋の三角関係,オシドリの子育ての様子などをパネル18枚で紹介しています。

b0171771_21281125.jpg
参考写真:釧路湿原国立公園「細岡展望台」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%A7%E8%B7%AF%E6%B9%BF%E5%8E%9F%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92

 十勝毎日新聞が, 「カモに関する展示 浦幌博物館 25日講演会も」 と伝えています。
 【浦幌】釧路市立博物館主催の巡回展「カモにも事情がありまして~餌から恋の三角関係まで~」が,4月1日まで町立博物館特別展示ホールで開かれている。

 釧路湿原国立公園指定30周年を記念する企画の一環。カモの食性や強い遺伝子を巡る恋の三角関係,オシドリの子育ての様子などをパネル18枚で紹介している。

 パネルの「カモのふ化の仕組み」では,マガモは2週間以上かけて11~13個産卵するが,ふ化するときは2時間以内に一斉であることの不思議を解説している。

-略-

 巡回展の関連講演会「知ると楽しい!カモの魅力」が,25日午後2時半から町立博物館で開かれる。講師は釧路市立博物館の貞国利夫学芸員。入場無料。

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年03月15日22時00分の記事
[PR]
b0171771_18441647.jpg
浦幌町中央公民館
=2016年5月撮影

 2月19日,うらほろスタイル推進地域協議会の「ハマナスブランディング会議」が,浦幌町中央公民館で開かれ,ハマナス化粧品/ブランドrosa rugousa『ロサ・ルゴサ』は4月26日に発売する予定となりました。
 町地域おこし協力隊で化粧品販売会社「ciokay(チオカイ)」の森健太代表と,国産オーガニック化粧品を開発する「アルデバラン」の暮部達夫社長,女性町民6人が出席しました。

 十勝毎日新聞が, 「浦幌ハマナス化粧品,発売4月26日に イベントも検討」 と伝えています。
 【浦幌】うらほろスタイル推進地域協議会の「ハマナスブランディング会議」が19日,町中央公民館で開かれ,ハマナス化粧品(ブランド名rosa rugousa『ロサ・ルゴサ』)は4月26日に発売予定とした。2月上旬の発売を予定していたが,製造上の関係から延期した。

 化粧品販売会社「ciokay(チオカイ)」の森健太代表(町地域おこし協力隊)と,国産オーガニック化粧品を開発するアルデバラン(大阪)の暮部達夫社長,女性町民6人が出席した。

-略-

 化粧品は,化粧水(100ミリリットル),乳液(60ミリリットル),美容液(30ミリリットル),ハンドクリーム(40グラム),せっけん(100グラム)の5種を税別2000~4000円で発売する。

 浦幌町出身の高校生と,さまざまな加工品を試作している士幌高校生がコラボした製品の開発を目指す構想もある。森代表は「化粧品が完成した背景にある,うらスタ協議会や町内女性の取り組みが伝われば」とし「町内の新しい雇用を生み出したい」と話していた。

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年02月22日8時00分の記事
[PR]
b0171771_05354079.jpg
浦幌町図書館
=2017年8月撮影

 1月11日,浦幌町立図書館主催の 「つくろう! はこのおりがみ教室」 が,浦幌町教育文化センター1階のロビーで開かれました。
 子どもから大人まで26人が参加して,縦横10.5cm×高さ8.5cmの箱型を作り,最後に持ち手を付けて手さげボックスを完成させました。

b0171771_05360988.jpg
浦幌町教育文化センター
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「箱の折り紙作り挑戦 浦幌博物館」 と伝えています。
 【浦幌】「つくろう!はこのおりがみ教室」(町立図書館主催)が11日,町教育文化センター1階のロビーで開かれた。

 子どもから大人まで26人が参加。帯広市内の「おりがみサークル・パピロフレンズ」の三浦将宏代表が講師を務めた。

 参加者はA3サイズの紙を山折り,谷折りなどを繰り返し,縦横10・5センチ×高さ8・5センチの箱型を作り,最後に持ち手を付けて手さげボックスを完成させた。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月12日18時29分の記事
[PR]