カテゴリ:帯広市の様子( 383 )


b0171771_16492653.jpg
人間ばん馬の像
=2017年8月,置戸町で撮影

 10月8日,帯広競馬場の本コースを使って重さ100kgを超える鉄そりを引く 「2017ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」 が開かれました。
 全29チームが白熱したレースを繰り広げ,北大陸上部の投てき部門チー ム「ようこそササジパークへ~あなたはどのフレンズがお好きですか?~」が,3年ぶり2回目の優勝を果たした。
 7日に開幕した「とかちばん馬まつり」の目玉イベントとして行われ,今年は帯広市の姉妹都市・静岡県松崎町のチームも出場しました。

b0171771_16450381.jpg
帯広競馬場
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝」 と伝えています。
 帯広競馬場の本コースを使って重さ100キロを超える鉄そりを引く「2017ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」が8日,開かれた。全29チームが白熱したレースを繰り広げ,北大陸上部の投てき部門チーム「ようこそササジパークへ~あなたはどのフレンズがお好きですか?~」が,3年ぶり2回目の優勝を果たした。

 7日に開幕した「とかちばん馬まつり」(帯広商工会議所青年部主催)の目玉イベント。今年は帯広市の姉妹都市・静岡県松崎町のチームも出場した。本コース200メートルのうち前半110メートルを女性騎手が走り,そこから騎手を乗せた鉄そりを5人一組で引きながらゴールを目指す。

 決勝には予選を勝ち抜いた5チームが出場。各チームは重さ約180キロの鉄そりを引きながら,最大の難所である高さ約1.7メートルの障害を「勝つぞ」などと気勢を上げながら登った。ゴール手前で競り合うチームもあり,終了後は息を切らして倒れ込む選手の姿も見られた。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月08日21時30分の記事
[PR]
 
b0171771_16521194.jpg
北海道ホテル
=2016年8月撮影

 10月5日、 北海道十勝フード&ワインフェスティバル が、帯広市内の北海道ホテルで開かれました。
 エレゾ社の佐々木章太社長が、鹿肉の解体デモンストレーションを披露しました。
 参加者200人は、一流シェフが振る舞う食に舌鼓を打っていました。

 十勝毎日新聞が, 「『食』』通じ十勝発信 一流シェフ腕ふるいフェス 帯広」 と伝えています。
 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル」(実行委主催)が5日午後7時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。参加者200人は、一流シェフが振る舞う食に舌鼓を打った。

 アイヌ古式舞踊の帯広カムイトウウポポ保存会によるムックリの演奏と鶴の舞「サロルンリムセ」で幕開けした。高橋勝坦大会長(帯広商工会議所会頭)が「食を通じて世界に十勝を発信していきたい」とあいさつし、後藤健市実行委員長の音頭で乾杯した。

 ステージでは、エレゾ社(豊頃)の佐々木章太社長が鹿肉の解体デモンストレーションを披露。来場者は、招聘(しょうへい)シェフらが作る料理を味わった。各シェフの紹介や、この日提供されたワインについても説明があった。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年10月6日 13時52分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201710/20171006-0027627.php

[PR]
b0171771_03455799.jpg
道の駅なかさつない
=2017年8月撮影

 10月1日,道の駅なかさつないで,「道の駅フェア」が開かれ,多くの来場客が野菜の詰め放題や豆ピザづくりを楽しみました。
 野菜の詰め合わせは,午前と午後の2回開催され,ニンジン,タマネギは各200円,ジャガイモは100円で参加できるとあって,開始前に行列ができるほど人気を集めました。

b0171771_03481500.jpg
参考写真:掘り出されたタマネギ
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「野菜詰め放題人気 中札内で道の駅フェア」 と伝えています。
 【中札内】道の駅なかさつない(村大通南7)で1日,「道の駅フェア」(村観光協会主催)が開かれ,多くの来場客が野菜の詰め放題や豆ピザづくりを楽しんだ。

 道の駅北側の芝生広場を特設会場に,ふわふわドームやヨーヨーつりなど子ども向けの縁日,豚丼や野菜スープなどの飲食ブースが設けられた。

-略-

 野菜の詰め合わせは午前と午後の2回開催。ニンジン,タマネギは各200円,ジャガイモは100円で参加できるとあって,開始前に行列ができるほど人気を集めた。

-略-

(深津慶太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月01日20時00分の記事
[PR]
b0171771_18254542.jpg
種苗販売「十勝豊産園」
=2016年8月撮影

 1916年創業の 種苗販売「十勝豊産園(とかちほうさんえん), 年内に閉店 することになりました。
 昨年末に一度,経営の先行きを見越して店を閉じたものの,1月7日から在庫処分で店を開けてきました。

 十勝毎日新聞が, 「種苗販売100年 歴史に幕 十勝豊産園」 と伝えています。
 1916年創業の種苗販売「十勝豊産園」(帯広市西1南11)が,年内に店を畳む。昨年末に一度,経営の先行きを見越して店を閉じたが,1月7日から在庫処分で店を開けてきた。取引先農家の高齢化や後継者不足などが背景とし,3代目社長の松原惟惠(ただしげ)さん(73)は「時代の変化を感じる」と話す。

 同店は,松原さんの祖父が市内中心部の名門通沿いに開業した。農家に委託して主に枝豆を生産し,採取し精選した枝豆を需要がある本州で販売。昭和40年代は1台10トンほどの貨車を3,4台使用し,種を出荷した。

 しかし,73年以降,台湾や中国から輸入された安価な冷凍の枝豆に押され,生産量も年々減少。一昨年にはピーク時の100分の1以下まで落ちた。また近年は郊外で相次ぐホームセンターの進出により,小売りの売り上げが低迷。「ぴたっと来なくなった。街中のダメージは大きかった」(松原さん)

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月29日13時52分の記事
[PR]
b0171771_00354718.jpg
おびひろ動物園
=2016年8月撮影

 9月29日,おびひろ動物園に,オスで1歳の チャップマンシマウマ 「リオ」が仲間入り しました。
 これで,おびひろ動物園のシマウマは,オスで16歳の「シャンティ」と合わせ2頭になりました。

b0171771_00343089.jpg
シマウマの「シャンティ」
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「おびひろ動物園にチャップマンシマウマ仲間入り」 と伝えています。
 おびひろ動物園(柚原和敏園長)に29日,チャップマンシマウマの「リオ」(雄,1歳)が仲間入りした。同園のシマウマは「シャンティ」(雌,16歳)と合わせ2頭になった。

 リオは,リオデジャネイロ五輪開催中の昨年8月8日,神戸市で生まれた。今回,シャンティとのペアリングを目指し,同市立王子動物園から移動した。

 27日に神戸を出発。フェリーで小樽を経由し,28日に帯広に到着した。29日早朝,輸送箱から動物園の獣舎に移された。

-略-

(藤島諒司)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月29日13時56分の記事
[PR]
b0171771_07352887.jpg
JA帯広大正=2017年8月撮影

 9月23日,JA帯広大正の 「第41回メークインまつり」 が,市内の大正ふれあい広場で開かれ,会場は秋の味覚を楽しむ来場者でにぎわいました。
 特産の大正メークインをPRするための恒例イベントで,今年のメークインは天候不順や台風の影響で収量が減った昨年から一転,まずまずの出来となりました。

b0171771_07341330.jpg
大正
ふれあい広場=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「メークインに列 JA大正まつり 帯広」 と伝えています。
 JA帯広大正の「第41回メークインまつり」が23日午前9時から,市内の大正ふれあい広場で開かれ,会場は秋の味覚を楽しむ来場者でにぎわった。

 特産の大正メークインをPRするための恒例イベント。今年のメークインは天候不順や台風の影響で収量が減った昨年から一転,まずまずの出来となった。

 人気のメークイン詰め放題は開始前から長蛇の列。

-略-

 大釜で作るいも煮の無料提供,飲食ブースやステージイベントもあり来場者を楽しませた。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年9月23日 14時05分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201709/20170923-0027533.php
[PR]
b0171771_18591346.jpg
旧双葉幼稚園=2016年9月撮影撮影

 国の重要文化財指定を記念した 旧双葉幼稚園園舎の一般公開 が,9月16日~18日の3日間行われています。
 この公開は,園舎の活用方法を地域住民らと考える機会にしようと企画されました。
 戦前の日米交流を象徴する「青い目の人形」やフリードリヒ・フレーベルが考案した知育玩具「恩物(おんぶつ)」,幼稚園の歴史を伝える多数の資料や写真が展示されています。

b0191190_02281475.jpg
参考写真:フレーベルの肖像画
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB

 十勝毎日新聞が, 「双葉幼稚園を一般公開 貴重な資料,写真も 帯広」 と伝えています。
 国の重要文化財(重文)指定を記念した旧双葉幼稚園園舎(帯広市東4南10)の一般公開が16日,始まった。市民らが訪れ,吹き抜けの内部や貴重な資料に見入っている。18日まで。

 双葉幼稚園展と題し,保存活動などに取り組んできた「栴檀(せんだん)の会」が主催。園舎の活用方法を地域住民らと考える機会にしようと企画した。

 特徴的な丸屋根ドームを内部から見られる貴重な機会で,訪れた人は興味深げに眺めていた。戦前の日米交流を象徴する「青い目の人形」や教育に使われていた恩物(知育玩具),幼稚園の歴史を伝える多数の資料や写真が展示された。

-略-

 同園舎は1922年に完成し,2013年の幼稚園閉園まで使われた。意匠的に優秀で歴史的な価値があるとし,7月31日付で重文に指定された。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年9月16日 13時43分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201709/20170916-0027481.php
[PR]
b0171771_05231809.jpg
「幸福の黄色いハンカチ」ポスター=2017年2月,陸別で撮影

 9月12日,日本を代表する俳優・故高倉健さん(1931~2014年)の映画人生を振り返る 特別追悼展「高倉健」 が,道立帯広美術館で開幕しました。
 「幸福の黄色いハンカチ」など数々の名作で日本映画史に名を残す高倉さんの全出演作205本からの抜粋シーンを,30台近いモニターやプロジェクターで紹介するほか,貴重な資料も公開しています。

b0171771_13595435.jpg
高倉健
(1931年2月16日 - 2014年11月10日)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%80%89%E5%81%A5

 十勝毎日新聞が, 「高倉健さん全作ここに 帯広美術館 追悼展開幕」 と伝えています。
 日本を代表する俳優・故高倉健さん(1931~2014年)の映画人生を振り返る特別追悼展「高倉健」が12日,道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕した。

 同館,実行委員会,十勝毎日新聞社,NPO十勝文化会議,毎日新聞社の主催。「幸福の黄色いハンカチ」など数々の名作で日本映画史に名を残す高倉さんの全出演作205本からの抜粋シーンを,30台近いモニターやプロジェクターで紹介するほか,貴重な資料も公開している。

-略-

 11月12日まで。午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。月曜日(18日,10月9日,11月6日を除く)と9月19日,10月10日は休館。入場料は一般1000円,高大生600円。中学生以下と障害者手帳を持っている人などは無料。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年9月12日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201709/20170912-0027453.php
[PR]
b0171771_17534542.jpg
参考写真:チシマザウラ(千島桜)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9

 帯広市内の五嶋徳宣さん方の庭にある チシマザクラが 季節外れの花 を咲かせています。
 苗木を植えたのは50年以上前で,毎春花をめで,今年も5月初めに白い花を咲かせました。

 十勝毎日新聞が, 「退院祝い サクラ咲く 帯広の五嶋さん宅」 と伝えています。
 帯広市内の五嶋徳宣さん(90)方の庭にあるチシマザクラが季節外れの花を咲かせている。五嶋さんは「50年以上育てて,この時期に咲いたのは初めて」と笑顔で花を見上げている。

 苗木を植えたのは50年以上前。毎春花をめで,今年も5月初めに白い花を咲かせた。
 
 しかし,8月に体調を崩して入院した五嶋さんが同10日に退院すると,うれしい知らせが。春先にしか咲かなかった花がほころんでおり,五嶋さんは「元気づいた」と喜んだ。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年9月8日 13時41分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201709/20170908-0027437.php
[PR]
b0171771_23432726.jpg
帯広競馬場
=2016年8月撮影

 十勝管内の観光関連団体などで構成する「とかち観光誘致空港利用推進協議会」は,今年度の重点エリアに設定する中国からの個人旅行客を取り込むため,中国の大手ポータルサイト「網易(ワンイー)」上で配信する 生放送の番組撮影 を行っています。
 初日は帯広競馬場,2日目はとかち帯広空港と幸福駅でロケを行いしました。
 幸福駅では黄理慧さんが,ウエディングドレスを身にまとって「ハッピーセレモニー」を体験しました。

b0171771_23193704.jpg
幸福駅
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「中国に『十勝』生配信 個人客取り込みへ」 と伝えています。
 十勝管内の観光関連団体などで構成する「とかち観光誘致空港利用推進協議会」(観空協,会長・米沢則寿帯広市長)は,今年度の重点エリアに設定する中国からの個人旅行客を取り込むため,中国の大手ポータルサイト「網易(ワンイー)」上で配信する生放送の番組撮影を行っている。

 日本より圧倒的に広い国土を持つ中国のマーケットを意識し,特定地域に絞った現地出展に比べ,インターネットを使った情報の拡散がより効果的とした。

-略-

 初日は帯広競馬場,2日目はとかち帯広空港と幸福駅でロケを敢行。幸福駅では同社の黄理慧さんが,ウエディングドレスを身にまとって「ハッピーセレモニー」を体験し,「貴重な体験ができて良かった。十勝はアクティビティーと食が魅力だと思う。広く発信したい」と話していた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年9月6日 13時58分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201709/20170906-0027419.php
[PR]