カテゴリ:帯広市の様子( 383 )

b0171771_04160011.jpg
参考写真:帯広三条高校作品
=2017年2月撮影

 1月2日,十勝管内高校生による 「書き初め2018~パフォーマンス書の展~」 が,藤丸7階催し会場で始まりました。
 初日の2日,帯広南商業高校は,心穏やかに平和を祈る「春風致和」の書,帯広柏葉は高校,富士山,ナス,タカを描き,百人一首から季節にちなんだ5首を選び揮ごう,帯広大谷高校は,人気バンド・スピッツの「春の歌」から歌詞の一部と,大筆によるダイナミックな「迎春」を書き上げました。
 1月3日は帯広北高校,芽室高校,江陵高校,音更高校の4校が,4日は鹿追高校,帯広三条高校と帯広緑陽高校・士幌高校がそれぞれパフォーマンスを行います。

b0171771_04062153.jpg
百貨店・藤丸
=2017年2月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「高校生が書道パフォーマンス 藤丸」 と伝えています。
 十勝管内高校生による「書き初め2018~パフォーマンス書の展~」が2日午前11時から,藤丸7階催し会場で始まった。11校の書道部が,4日までの日程で力強いパフォーマンスを披露。書き上げた大作に,訪れた買い物客らから大きな拍手が湧いた。  帯広南商業(高坂緋里部長,部員14人)は,心穏やかに平和を祈る「春風致和」の書と,国民的アイドルグループ「嵐」の曲に合わせ,横幅7メートルの紙に希望の2文字と歌詞の一部をしたためた。

 帯広柏葉(村上尚哉部長,部員46人)は縦6メートル,横4メートルの紙に,富士山,ナス,タカを描き,百人一首から季節にちなんだ5首を選び揮ごう。映画「ちはやぶる」のテーマ曲をモチーフに,「光・超・花」を大筆で記した作品は映画の世界観を表現。

 創部11年目の帯広大谷(水口理子部長,部員30人)は,人気バンド・スピッツの「春の歌」から歌詞の一部と,大筆によるダイナミックな「迎春」を書き上げた。

-略-

 3日は帯広北,芽室,江陵,音更の4校が,4日は鹿追,帯広三条と帯広緑陽・士幌がそれぞれパフォーマンスを行う。両日とも午前11時から。同時に開催される大書の展示は4日午後4時まで。

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月02日14時30分の記事
[PR]
b0171771_06233667.jpg
帯広市役所
=2017年8月撮影

 踊る高齢者が昼休みの市庁舎をジャック-。
 12月25日,帯広市内の社会参加型デイサービスさくらの利用者らが,帯広市役所内で ヒップホップダンスのパフォーマンス 「フラッシュモブ」 を行い,職員や来庁者らを驚かせました。

参考サイト:「神業 フラッシュモブ」
https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A2%E3%83%96+%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9&search.x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&ts=8560&fr=top_ga1_sa

 十勝毎日新聞が, 「高齢者がヒップホップ 帯広市役所で突然に」 と伝えています。
 踊る高齢者が昼休みの市庁舎をジャック-。帯広市内の社会参加型デイサービスさくら(久保陽一施設長)の利用者らが25日,帯広市役所内でヒップホップダンスのゲリラパフォーマンスを行い,職員や来庁者らを驚かせた。

 不特定多数の人が示し合わせて行う「フラッシュモブ」の手法を取り,利用者13人,スタッフ9人,帯広のダンス教室「ダンススタジオフュージョン」(堂前幹治代表)のダンサー6人が参加。正午すぎ,市庁舎玄関の右手にある市民ホールで突然始まったダンスに,昼休憩に出ようとした職員や市民らが足を止めて見入っていた。

 デイサービスさくらでは,ニュージーランドのドキュメンタリー映画「はじまりはヒップホップ」に刺激を受け,昨年11月から利用者らが練習を開始。2019年に米・ラスベガスで開かれるダンスの世界大会出場を目指している。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年12月26日 13時50分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201712/20171226-0028193.php
[PR]
b0171771_19253734.jpg
参考写真:大谷翔平選手(日本ハム)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E7%BF%94%E5%B9%B3


 プロ野球日本ハムファイターズの大谷翔平選手が,米大リーグのエンゼルスへ移籍が決まり,12月25日に退団会見を行いました。
 12月26日,JR帯広駅では, 大谷選手の等身大パネルが撤去 されました。
 大谷選手出身の東北地方と北海道が新幹線で結ばれたことから,2016年3月の北海道新幹線開業時から,JR北海道のイメージキャラクターとして起用されていました。


 十勝毎日新聞が, 「大谷翔平選手に帯広もお別れ 駅の等身大パネル撤去」 と伝えています。


 帯広でもお別れ-。プロ野球日本ハムファイターズから米大リーグのエンゼルスへ移籍が決まり,25日に日ハムの退団会見を行った大谷翔平選手の等身大パネルが26日,JR帯広駅などで撤去された。

 大谷選手は,160キロを超える速球を投げ,出身の東北地方と北海道が新幹線で結ばれたことから,2016年3月の北海道新幹線開業時から,JR北海道のイメージキャラクターとして起用されていた。

 JR北海道釧路支社によると,十勝管内では193センチある等身大パネルが7駅に,顔出しパネルが2駅に設置され,子どもや若い女性らが記念撮影する姿が多く見られた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年12月26日 13時54分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201712/20171226-0028195.php
[PR]
b0171771_01200867.jpg
帯広信金中央支店
=2017年2月撮影

 帯広信用金庫が運営する 結婚相談所「おびしんキューピット」 では,6月の開設以来初めて,結婚を前提に交際を続ける “寿退会”カップルが誕生 しました。
 相談所では8月末から延べ30組のお見合いを実施し,現在12組が交際中で,年明けには2組目のカップルが寿退会報告に来る予定とのことです。

 十勝毎日新聞が, 「『寿退会』カップル誕生 帯広信金結婚相談所」 と伝えています。
 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」では,6月の開設以来初めて,結婚を前提に交際を続ける“寿退会”カップルが誕生した。

 山崎真一所長は「立ち上げから実質約4カ月。信金の信用が実を結んだ。次は結婚報告,そして将来は出産などの報告も期待したい」と喜んでいる。

-略-

 相談所では8月末から延べ30組のお見合いを実施し,現在12組が交際中,年明けには2組目のカップルが寿退会報告に来る予定という。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年12月25日 13時44分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201712/20171225-0028186.php
[PR]
b0171771_04542908.jpg
参考写真:ゆず湯の習慣
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%9A%E5%AD%90%E6%B9%AF

 今年の12月22日は,昼の長さが1年で最も短い「冬至」です。
 帯広市内の 公衆温泉浴場で「ゆず湯」 が行われ,さわやかなユズの香りに包まれながら,入浴客が疲れを癒やしました。
 市内の自由ケ丘温泉では,「日本の風習を大切にしたい」と,20年ぶりにゆず湯を復活させました。

b0171771_12245294.jpg
自由ケ丘温泉(帯広市)
=2012年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「冬至 ゆず湯でほっこり 帯広」 と伝えています。
 22日は昼の長さが1年で最も短い「冬至」。帯広市内の公衆温泉浴場では「ゆず湯」が行われ,さわやかなユズの香りに包まれながら,入浴客が疲れを癒やした。

 ゆず湯は邪気を払い,無病息災を祈る風習。ユズの成分が入ったお湯に漬かると,血行促進や風邪予防の効果があるという。

 市内の自由ケ丘温泉(自由が丘4,鳥谷繁樹代表)では「日本の風習を大切にしたい」と20年ぶりにゆず湯を復活させた。以前はユズの他,レモンやリンゴなどを湯船に入れたが,果実のかすで配水管が詰まるためやめていた。今回は張り紙で,ユズをつぶさないよう呼び掛けた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年12月22日 13時59分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201712/20171222-0028164.php
[PR]
b0171771_03303942.jpg
参考写真:樹木の右上に見える「幻日」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E6%97%A5

 12月15日午後1時ごろ,帯広市内で,太陽からやや離れた右側に,太陽のように明るい光が浮かぶが 「2つ目の太陽」 が現れました。
 大気中の氷の粒に太陽光が反射して見える「幻日(げんじつ)」現象とされます。

 十勝毎日新聞が, 「太陽が2つ? 市内で『幻日』」 と伝えています。
 帯広市内で15日午後1時ごろ,太陽からやや離れた右側に,太陽のように明るい光が浮かぶ現象が現れた。大気中の氷の粒に太陽光が反射して見える「幻日(げんじつ)」とみられる。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年12月15日13時31分の記事

参考:幻日
 幻日 (げんじつ) とは,太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象のことである。なお,月に対して同じような光が見える場合もあり,この場合は幻月 (げんげつ) と呼ばれる。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E6%97%A5
[PR]
b0171771_23441212.jpg
満寿屋麦音店
=2016年5月撮影

 満寿屋商店は,10月の「パン甲子園」で準グランプリを獲得した清水高校生の創作パンをアレンジし, 「かちジェンヌ」として 麦音店限定で販売 します。
 特産の枝豆を使ったずんだ餡(あん)や道産クリームチーズなどをパン生地にはさみました。
 準グランプリを受賞したのは生産技術系列・食品分野で3年の木幡璃子さん,盛田祐衣さん,黄海慧さんです。

b0171771_23460441.jpg
清水高校
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「「パン甲子園」の準グランプリを商品化 満寿屋」 と伝えています。
 満寿屋商店(帯広,杉山雅則社長)は,「パン甲子園」(10月,岩見沢市)で準グランプリを獲得した清水高校生の創作パンをアレンジし,「とかちジェンヌ」として麦音店(帯広市稲田町)限定で販売する。特産の枝豆を使ったずんだ餡(あん)や道産クリームチーズなどをパン生地にはさんだ。

 準グランプリを受賞したのは生産技術系列・食品分野の木幡璃子さん,盛田祐衣さん,黄海慧さん(いずれも3年)。パン甲子園は地産地消などを目的とした道内の高校生による創作パンのコンテストで,一次審査(書類)を経た5校が本選に臨んだ。

 昨年の大会でも,3人の先輩が十勝若牛を使ったパンで準グランプリを受賞,麦音が商品化し,期間限定で販売した。

-略-

(佐藤いづみ)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年12月11日21時42分の記事
[PR]
b0171771_04015328.jpg
参考写真:シャチの骨格標本
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%81

 12月9日,帯広畜産大学の第7回 「畜大ふれあいフェスティバル」 が,帯広市内のとかちプラザで開かれました。
 会場にはシャチやホッキョクグマ,ライオンなどの骨格標本展示や獣医師体験などが用意され,親子連れらが楽しみながら理解を深めました。

b0171771_04073997.jpg
帯広畜産大学
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「骨格標本など人気に 畜大フェス」 と伝えています。
 帯広畜産大学の第7回「畜大ふれあいフェスティバル」が9日,帯広市内のとかちプラザで開かれた。動物の骨格標本展示や獣医師体験などが用意され,親子連れらが楽しみながら理解を深めた。

 大学の教育や研究,社会貢献などを知ってもらうのが目的。会場にはシャチやホッキョクグマ,ライオンなどの骨格標本が並んだ。ダチョウの羽と卵を使ったストラップ作りや,畜大牛乳試飲も人気に。犬の骨を使ったパズルに挑戦した来場者は,骨の硬さや重さ,関節の動きなどを体感した。

-略-

 会場では,同大マンドリンサークルのコンサートや高校生の活動発表も行われた。(池谷智仁)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年12月10日9時30分の記事
[PR]
b0171771_17221121.jpg
参考写真:前川喜平氏
=2016年6月,中央合同庁舎第七号館にて
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B7%9D%E5%96%9C%E5%B9%B3

 11月28日,前文部科学省事務次官の 前川喜平さんの講演会 が,帯広市内のとかちプラザ・レインボーホールで開かれました。
 「多様性の中の教育」と題して講演した前川さんは約400人の聴衆を前に,およそ1時間半にわたり,教育界の現状や関わりのある憲法などについて語りました。

b0171771_17300395.jpg
とかちプラザ=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「前文科省事務次官の前川さん講演 教育の多様性語る」 と伝えています。
 前文部科学省事務次官の前川喜平さんの講演会が28日,帯広市内のとかちプラザ・レインボーホールで開かれた。「多様性の中の教育」と題して講演した前川さんは約400人の聴衆を前に,およそ1時間半にわたり,教育界の現状や関わりのある憲法などについて,ユーモアを交えた説明と思い描く将来像を語った。

 昨年成立した教育機会確保法によって,学校外での学習も認められることになった。教育を受けたい人が,フリースクールや夜間中学などで学ぶことを支えられるようになったが,国内では公立の夜間中学が31校しかないなど,実際には作り上げていくために関係者などの努力が必要になるとの考えを示した。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月28日21時17分の記事
[PR]
b0171771_16293408.jpg

かちプラザ=2017年1月撮影

 帯広市の公共施設 「とかちプラザ」の 利用者が増加 しています。
 2012年度に「オカモト」が管理・運営を始めて以降は右肩上がりで,2016年度は利用者が49万1738人になりました。
 今年度も9月末時点で,24万6746人と前年を約3万3000人で,前年を15%上回り,2004年度以来の年間50万人超えも視野に入っています。

b0171771_16303070.jpg
とかちプラザ
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「とかちプラザ利用者増 年50万人回復 視野 指定管理導入後」 と伝えています。
自主事業実施 後押し 帯広市の公共施設「とかちプラザ」(西4南13)の利用者が増加している。2012年度の指定管理者制度導入以降は右肩上がりで,16年度は49万1738人に。今年度も9月末時点で前年を15%上回り,04年度以来の年間50万人超えも視野に入っている。新たに大規模イベントの会場になったほか,多様な自主事業の実施が利用促進につながっている。

 とかちプラザは定住交流や生涯学習拠点として1995年11月に開館。97年度に最多の55万1161人の利用があったが,04年度(53万615人)以降は減少傾向に。11年度には,通年では最低の40万6924人まで落ち込んだ。

 指定管理者制度を導入し,オカモト(帯広)が管理・運営を始めた12年度以降は増加に転じた。今年度は9月末時点で24万6746人と前年を約3万3000人上回っている。

-略-

(池谷智仁)

--------------------------------

<とかちプラザ>

 鉄筋コンクリート造り一部鉄骨構造6階建て。延べ床面積1万3721平方メートル。350席のレインボーホールや会議室,トレーニングルームなどがある。2016年11月に来館者1000万人を達成した。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月26日9時26分の記事
[PR]