人気ブログランキング |

カテゴリ:帯広市の様子( 465 )

b0171771_05310244.jpg
【参考写真】中部国際空港 国内線出発待合室
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%83%A8%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF

 8月2日,日本航空(JAL)の帯広-中部国際空港(名古屋)線の今年度の季節運航が始まり, 名古屋からの初便 がとかち帯広空港に到着しました。
 今年はNHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送で観光利用が多くなる見通しで,搭乗率80%回復が期待されています。

b0171771_05424042.jpg
とかち帯広空港=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「名古屋季節運航 なつぞらジェットでスタート 観光客多く搭乗率80%期待」 と伝えています。
 日本航空(JAL)の帯広-中部国際空港(名古屋)線の今年度の季節運航が2日始まり,名古屋からの初便がとかち帯広空港に到着した。今年はNHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送で観光利用が多くなる見通しで,搭乗率80%回復が期待されている。

-略-

 JAL帯広支店によると今年は観光ツアーの団体予約が多いという。昨年は搭乗率が初めて8割を切り,77・5%だったが,今年の予約率はすでに78・2%。同支店は「目標の80%を超えられそう」と期待する。

 2日の初便は,機体に広瀬すずさんが描かれた「なつぞらジェット」で,ほぼ満席の162人が帯広に降り立った。とかち帯広空港の到着ゲートではJALや帯広市,空港ターミナルビルの職員が「おびひろ極上水」と観光パンフレットを配布して出迎えた。

-略-

(伊藤亮太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月02日18時00分の記事
b0171771_21113961.jpg
帯広協会病院
=2018年8月撮影

 高校生の 医療現場 体験見学会 が,帯広協会病院で行われました。
 8月7日,帯広柏葉高校の生徒5人がリハビリテーション科,臨床検査科で,理学療法士や臨床検査技師の仕事を体験しました。
 見学会は協会病院の診療技術部が,市内の帯広柏葉高校,帯広三条高校,帯広緑陽高校の3校を対象に毎年実施していています。

b0171771_21123566.jpg
帯広柏葉高校
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「高校生が医療の仕事を体験 協会病院」 と伝えています。

 帯広協会病院(阿部厚憲病院長)が高校生を対象に実施している医療現場の体験見学会が7日,同病院で行われた。帯広柏葉高校の生徒5人がリハビリテーション科,臨床検査科で,理学療法士や臨床検査技師の仕事を学んだ。

 見学会は協会病院の診療技術部が市内の高校3校(柏葉,三条,緑陽)を対象に毎年実施している。6年目を迎えており,今年も3校で計40~50人の参加を見込んでいる。

 6~9日は,柏葉高校の生徒25人がリハビリテーション科,臨床検査科,画像祖診断科,薬剤科,栄養管理室などの仕事を体験中。7日にリハビリテーション科に訪れた生徒は,通常のけがの機能回復だけでなく,スポーツリハビリも手掛ける現場を見学。角度計を使って膝の曲がり具合を測ったり,自身の体重を軽減した状態でトレーニングができるリハビリ機器「アルタ-G」を体験したりした。

-略-

(奥野秀康)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2019年08月07日18時08分の記事の記事

b0171771_05103099.jpg
【参考写真】フジドリームエアラインズERJ-175STD
機出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%A9%Eが3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BA

 8月9日,フジドリームエアラインズ(FDA)のチャーター便 が, 関西国際空港から83人を乗せ,とかち帯広空港に到着しました。
 FDAの帯広へのチャーター便は,2011年以来8年ぶりで,主にツアー客が利用し,8月中に計24便を運航します。

b0171771_05104404.jpg
【参考写真】関西国際空港 第2ターミナル(国内線)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/00/KIX_Terminal_2_01.JPG/1024px-KIX_Terminal_2_01.JPG

 十勝毎日新聞が, 「FDA 8年ぶりチャーター便到着」 と伝えています。
 フジドリームエアラインズ(FDA)のチャーター便が9日午前,とかち帯広空港に到着した。同社の帯広へのチャーター便は2011年6月以来8年ぶり。主にツアー客が利用し,8月中に計24便を運航する。

 同社は静岡と名古屋を拠点とする地域航空会社。今回は関西,成田,茨城,名古屋小牧,大館能代,熊本の6空港を結ぶ。機材は84席のエンブラエルERJ-175を使用。利用客は2泊3日,4泊5日で道東や上川地方を回る。

 この日は関西国際空港から83人を乗せ,午前11時ごろに到着した。駐機場では横断幕や消防車の放水アーチで歓迎。到着客にはポテトチップスや観光パンフレットを配布したほか,帯広カムイトウウポポ保存会がアイヌ古式舞踊を披露した。

-略-

(伊藤亮太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月09日12時17分の記事
b0171771_07212716.jpg
帯広畜産大学構内
=2017年8月撮影

 8月3日,帯広畜産大学で オープンキャンパス が開かれ,全国から高校生やその保護者約1200人が訪れ,大学の魅力に触れました。
 参加者は,キャンパス内の自然観察ツアーや研究・教育施設の見学,最新トラクターの試乗などを体験しました。

b0171771_07223779.jpg
帯広畜産大学構内
=2018年4月撮影

 十勝毎日新聞が,「帯畜大でオープンキャンパス」 と伝えています。
 帯広畜産大学(奥田潔学長)のオープンキャンパスが3日,同大で開かれた。全国から高校生やその保護者約1200人が訪れ,大学の魅力に触れた。

 キャンパス内の自然観察ツアーや研究・教育施設の見学,最新トラクターの試乗など,バラエティーに富んだプログラムで同大の魅力を発信。入試や大学生活に関する相談コーナーも設けられた。  参加者は広大な敷地に圧倒されながら,自然豊かなキャンパスを満喫した。

-略-

(細谷敦生)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2019年08月05日9時22分の記事の記事
b0171771_06162793.jpg
【参考写真】中部国際空港(名古屋)北ウィング
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%83%A8%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF

 日本航空の帯広-中部国際空港(名古屋)線の 今年度の 季節運航 が,8月2日始まり,名古屋からの初便がとかち帯広空港に到着しました。
 今年はNHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送で観光利用が多くなる見通しで,搭乗率80%回復が期待されています。
 毎年8月の1カ月間運航しており,今年は日・月・水・金曜の週4日に,1日1往復します。

 ☆3303便 名古屋11:10→帯 広12:55
 ☆3304便 帯 広14:10→名古屋16:00
  使用機種 ボーイング737-800

b0171771_05393446.jpg
とかち帯広空港「なつぞら」展示
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「名古屋季節運航なつぞらジェットでスタート 観光客多く搭乗率80%期待」 と伝えています。
 日本航空(JAL)の帯広-中部国際空港(名古屋)線の今年度の季節運航が2日始まり,名古屋からの初便がとかち帯広空港に到着した。今年はNHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送で観光利用が多くなる見通しで,搭乗率80%回復が期待されている。  名古屋線の季節運航は6年目となる。毎年8月の1カ月間運航しており,今年は日・月・水・金曜に1日1往復する。

 JAL帯広支店によるとなつぞらの放送もあり,観光ツアーの団体予約が多いという。昨年は搭乗率が初めて8割を切り,77・5%だったが,今年の予約率はすでに78・2%となっている。同支店は「目標の80%を超えられそう」と話す。

 今年の初便は,機体に広瀬すずさんが描かれた「なつぞらジェット」で,ほぼ満席の162人が帯広に降り立った。とかち帯広空港の到着ゲートではJALや市,空港ターミナルビルの職員が「おびひろ極上水」と観光パンフレットを配布して出迎えた。

-略-

(伊藤亮太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月02日18時00分の記事
b0171771_03431988.jpg
満寿屋本店=2018年8月撮影

 8月2,3の両日,満寿屋本店が 69周年祭 を開催します。
 レーズンブレッドなど全5品が入ったラッキーバッグ69周年記念セットを各日限定30個で販売します。

b0171771_04085822.jpg
満寿屋の各種のパン=2018年8月,めむろ窯で撮影

 十勝毎日新聞が, 「本店69周年祭を開催 満寿屋」 と伝えています。
 2,3の両日,「満寿屋本店69周年祭」を開催する。

 ラッキーバッグ69周年記念セットを各日限定30個で販売。レーズンブレッドなど全5品が入って特別価格690円。期間限定商品として紅茶ベビーパンなど3種類を販売する。

 「800円以上のお買い上げでクーポンなどが当たるくじ引きも行います。ぜひこの機会にお越しください」と高橋比登美副店長。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月01日10時30分の記事
b0171771_20294974.jpg
帯広畜産大学
=2017年8月撮影

 7月7日,帯広畜産大学の 公開講座 「ふれあい牧場親子体験学習」 が,畜産フィールド科学センターで開かれました。
 小学4~6年生の児童と保護者23組53人が参加し,実際に乳牛に触れ合ったりして,親子で乳牛への知識を深めました。

b0171771_20102187.jpg
畜産フィールド科学センター
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「小学生が乳牛の生態を学 畜大ふれあい牧場」 と伝えています。
 帯広畜産大学(奥田潔学長)の公開講座「ふれあい牧場親子体験学習」が7日,同大畜産フィールド科学センター(木田克弥センター長)で開かれた。小学4~6年生の児童と保護者23組53人が参加し,親子で乳牛への知識を深めた。

 「驚異の高泌乳~乳牛のからだの仕組み」をテーマに畜大の教員らが授業を行い,参加者は「子牛と成牛の栄養の違い」「お産からミルクができるまで」について実際に乳牛に触れ合ったり,顕微鏡で胃の中の微生物(原虫)の動きを観察するなどして学んだ。

 搾乳体験では,同校の学生たちから搾り方を教わり,子供たちは乳牛の大きさや,体温を実感し,乳をうまく搾れると喜びの笑顔を見せていた。

-略-

(長尾悦郎通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月16日11時47分の記事
b0171771_07570041.jpg
【参考写真】天野浩名古屋大学教授
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E9%87%8E%E6%B5%A9

 7月11日,帯広畜産大学の「リベラルアーツ講演会」が,帯広市民文化ホール・大ホールで開かれました。
 青色発光ダイオード(LED)開発で2014年に,赤崎勇氏,中村修二氏と共にノーベル物理学賞を受賞した 名古屋大学の 天野浩教授が講演 し,「特別な才能がなくても,一心不乱に打ち込めば世界に貢献できることはある。大切なのは熱中力」と語りました。
b0171771_21110611.jpg
帯広畜産大学構内
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『大切なのは熱中力』 ノーベル賞の天野氏講演」 と伝えています。
 帯広畜産大学の「リベラルアーツ講演会」が11日,帯広市民文化ホール・大ホールで開かれた。青色発光ダイオード(LED)開発で2014年にノーベル物理学賞を受賞した名古屋大の天野浩教授が講演。「特別な才能がなくても,一心不乱に打ち込めば世界に貢献できることはある。大切なのは熱中力」と語った。

 十勝毎日新聞社など共催。学生や地域住民ら約1000人が訪れた。リベラルアーツは「一般教養」の意味。

 「世界を照らすLED」と題して講演した天野氏は,青色LED開発は世界の研究者が取り組んだが成功せず,諦められていたと説明。その上で,ノーベル物理学賞を同時受賞した恩師の赤崎勇氏の存在を挙げ,「困難を突破するには,リーダーの信念と人を巻き込む力が必要。また,誰も成功していないことがモチベーションになった」と振り返った。

-略-

(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月12日9時38分の記事
b0191190_06224749.jpg
旧双葉幼稚園園舎
=2019年5月撮影

 国の指定重要文化財 旧双葉幼稚園園舎」の保存管理 に向け、今年1月に発足したNPO法人「双葉の露(つゆ)」が会員確保に苦慮しています。
 草刈りや垣根の整備などの年間維持費は会費で賄う計画だが、現状では年約100万円ほど不足する見通しです。

b0191190_06225949.jpg
旧双葉幼稚園園舎
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「重文の旧双葉幼稚園園舎 財政・人材ともに足りず苦悩」 と伝えています。

 国の指定重要文化財(重文)「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南19)の保存管理に向け、今年1月に発足したNPO法人「双葉の露(つゆ)」が会員確保に苦しんでいる。草刈りや垣根の整備などの年間維持費は会費で賄う計画だが、現状では年約100万円ほど不足する。同法人は「せめて土・日曜日は一般開放したいが、人もいないし、お金も足りない」と頭を痛めている。

 NPO法人は卒園生らが今年1月に設立し、4月に道の認証が下りた。建物の管理・修繕、観光や文化資源としての活用など歴史的建築物の保存が狙いだ。

 旧園舎の年間維持費は芝刈りや生け垣整備、除雪、水道・電気代などで約110万円が必要とされる。ただ、会員登録を呼び掛けるためのパンフレット代などの事務経費、土・日曜日の一般開放のスタッフなどを含めると「最低限150万円は必要」(理事の川村善規さん)という。

-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月12日11時03分の記事
b0171771_07135895.jpg
【参考写真】ガマ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%9E

 7月10日,アイヌが日常生活や儀礼で用いていたゴザに使う植物 「ガマ」の採取体験 が,帯広市内の十勝川の湿地で行われ,帯広農業高校の生徒がアイヌ文化の一端に触れました。
 かつてアイヌはガマを干してゴザを編んでいて,ガマの採取は本別アイヌ協会会長で道アイヌ協会理事の小川哲也さんらがが手ほどきしました。

b0171771_07150045.jpg
十勝川大橋
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「アイヌ伝統のガマ採取 帯農生が体験」 と伝えています。
 アイヌが日常生活や儀礼で用いていたゴザに使う植物「ガマ」の採取体験が10日,帯広市内の十勝川の湿地で行われ,帯広農業高校の生徒がアイヌ文化の一端に触れた。

 かつてアイヌはガマを干してゴザを編んでいた。ガマの採取は男性,編むのは女性が主に担当。日常生活では敷物として使ったり窓に掛けたり,儀礼では紋様を入れて使用していたという。

 同校は市民団体と一緒に川づくりに携わっていて,この日は農業土木工学科の1~3年生21人が参加。魚類や植物調査に加えて行われたガマの採取は,マクンベツアイヌ文化伝承保存会(幕別)の廣川昌嘉代表,道アイヌ協会理事の小川哲也さん(本別アイヌ協会会長)が手ほどきし,生徒が草丈1・5メートルほどの長さのガマを鎌で根元から手際良く刈り取った。

-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月10日18時26分の記事