b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_05333074.jpg
道の駅本別前の交差点
=2016年5月撮影

 5月16日,本別町の仙美里小学校は,全校児童が「道の駅ステラ☆ほんべつ」前の交差点に移動して 交通安全教室 を開きました。
 本別署員が交通ルールを説明した後,児童は実際に手を上げて横断歩道を渡る練習を行いました。

b0171771_05352382.jpg
本別町立仙美里小学校
=2016年5月撮影

十勝毎日新聞が, 「児童が交通ルール学ぶ 本別・仙美里小」 と伝えています。
 【本別】仙美里小学校(東森誠記校長,児童31人)は16日,本別駅前交差点で全校児童を対象にした交通安全教室を開いた。

 本別署員が交通ルールを説明。

-略-

 児童は実際に手を上げて横断歩道を渡る練習を行い,同校に移動してからは自転車の安全な乗り方についても学んだ。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月17日15時30分の記事
[PR]
b0171771_01320844.jpg
参考写真:マリーゴールド
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

 5月18~20の3日間,陸別町のかぶとの里で, 第15回「花市」 が開かれました。
 幕別町の山端農園が出品し,マリーゴールドやペチュニアなどの花1万本,トマトといった野菜の苗は約800本が並びました。

b0171771_03085135.jpg
かぶとの里(陸別町)
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「花市にぎわう 陸別・かぶとの里」 と伝えています。
 【陸別】かぶとの里(林将彦代表)で18~20の3日間,第15回花市が開かれた。

 幕別町の山端農園が出品。マリーゴールドやペチュニアなどの花1万本,トマトといった野菜の苗は約800本が並んだ。

 かぶとの里での開催は最後とあって,初日から大勢が来場。北見市から夫と姉と訪れた前田悦子さんは「昨年立ち寄ってとてもいいお花があったので今年も来ました」と両手に鉢を抱えながら話していた。

-略-

(津田久美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月21日23時00分の記事
[PR]
b0171771_04575299.jpg
「豆まかナイト」
=2017年2月撮影

 5月20日,本別町内の イベント「豆まかナイト」で使う 大豆の栽培 が,町共栄の専用ほ場で始まり,食育を兼ねて子どもたち40人が丁寧に種をまきました。
 イベントを主管する本別町商工会青年部と,JA本別町青年部との共同事業で,今年はJA青年部の田中誠一さんが畑を提供し,200㎡を「鬼退治専用大豆育成地」として使用します。

b0171771_05053778.jpg
本別町商工会
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「豆まかナイトへ栽培始まる 本別 子どもたちが種まき」 と伝えています。
 【本別】町内のイベント「豆まかナイト」(来年1月)で使う大豆の栽培が20日,町共栄の専用ほ場で始まった。食育を兼ねて子どもたち40人が丁寧に種をまいた。

 イベントを主管する町商工会青年部(池田圭吾部長)と,JA本別町青年部(助川嵩幸部長)との共同事業。2年目の取り組みで,今年はJA青年部の田中誠一さん=町共栄=が畑を提供し,「鬼退治専用大豆育成地」(200平方メートル)として使用する。

 町内の小学生ら40人,スタッフ含めて100人が参加。助川部長が「大豆はみそやしょうゆに加工され,たんぱく質も豊富」と説明した後,8班に分かれて畑へ。子どもたちは「ユキホマレ」の種を2粒ずつ約20センチの間隔でまいていった。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月21日20時30分の記事
[PR]
 
b0171771_03021926.jpg
ネイパル足寄
=2018年5月撮影

 5月19,20日の1泊2日, ネイパル足寄で農業体験 の「アグリ村のわんぱく隊 パート1」が開かれました。
 十勝農業改良普及センターの職員が講師となり,十勝農業の特徴や農作業の工程を説明し,子どもたちは6班に分かれ,ニンジンの種まきやタマネギの苗植えを行いました。

b0171771_01054331.jpg
十勝農業改良普及センター
=2012年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「児童41人が農業体験 ネイパル足寄」 と伝えています。
 【足寄】ネイパル足寄(杉山良雄所長)で19,20日の1泊2日,農業体験の「アグリ村のわんぱく隊 パート1」が開かれた。

 野菜の種まきから収穫までを体験し,食の大切さと集団生活も学ぶ場として年3回,企画されている。今回は帯広や音更など十勝の小学生41人が参加。ボランティアリーダーとして帯広畜産大学の学生3人,足寄高の生徒4人が協力した。

 十勝農業改良普及センターの職員が講師となり,十勝農業の特徴や農作業の工程を説明。子どもたちは6班に分かれ,ニンジンの種まきやタマネギの苗植えを行ったほか,ハンカチへの野菜染めも体験した。

-略-

(松本佳久通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月21日16時00分の記事
[PR]
b0171771_02384104.jpg
「ひまわり迷路」会場
=2014年8月、本別町で撮影

 本別町の前田農産食品社長・前田茂雄さんが, 来年夏から 「ひまわり迷路」を復活 させる計画をしています。
 かつて父の芳雄さん(故人)がけん引した「とうもろこ3万坪迷路」,その後引き継がれた「ひまわり三千坪迷路」も本別からなくなり,観光や交流人口を増やしたい考えです。
 「迷路」をめぐっては,「とうもろこし迷路」が1988年,農業への理解を目的に芳雄さんの畑で始まり,以後町内の畑で17年間続いた。2005年から「ひまわり迷路」として継続され,昨年,主導してきた背戸田利光さんが亡くなり中止になりました。
b0191190_11205696.jpg
前田農産食品(本別町)=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「来年復活ひまわり迷路 本別の前田さん」 と伝えています。
 【本別】町内の前田農産食品(弥生町)社長の前田茂雄さん(43)が,来年夏から「ひまわり迷路」を復活させる計画だ。かつて父芳雄さん(故人)がけん引した「とうもろこし3万坪迷路」,その後引き継がれた「ひまわり三千坪迷路」も本別からなくなり,観光や交流人口を増やしたいと考えた。現在,使用するヒマワリ品種の試験栽培に入り,迷路のコース設定やイベント終了後の種の商品化も検討している。

 「迷路」をめぐっては,とうもろこし迷路が1988年,農業への理解を目的に芳雄さんの畑で始まり,以後町内の畑で17年間続いた。2005年からひまわり迷路として継続され,昨年,主導してきた背戸田利光さんが亡くなり中止に。惜しむ声を受け,今夏,帯広市広野町の農家仁田義勝さんが市内で開催を予定している。

 父親や背戸田さんの迷路について,前田さんも「人が来るイベントであり,本別の交流人口を増やせる」と意義を感じ,本別での継続を決めていた。種が生かせる「ヒマワリ」と決めたが,今夏の実施は見送ることに。「試行錯誤して6次産業化に結び付けたポップコーンも最初の栽培で5ヘクタールほど無駄にした経験がある」と,今年はヒマワリの生育を見極めることにした。

 現在,試験ほ場でヒマワリ3品種を栽培中。会場は利別河川敷と本別中央小学校に近い弥生町の畑とし,面積は4・6ヘクタール(約1万4000坪)と広さは十分。GPSによるトラクターでコースを造成するため,研究機関とも相談している。イベント終了後は,ヒマワリの種を収穫し,焙煎(ばいせん)してパン業者に卸す計画で,関連機器の参考にと海外視察も行った。今年1年かけ,協力者も含めた運営方法などを詰めていく。

-略-

(木村仁根)


[PR]
b0171771_22093114.jpg
本別町教育委員会
=2017年8月撮影

 5月12日,本別町教育長に 佐々木基裕氏が就任 しました。
 1959年足寄町生まれで,足寄高校を卒業し,1978年に本別町役場に入りました。
 本別独自の学びの日「4つの風(光・祈・夢・実)」を吹き渡らせながら推進事業を続け,町内小・中学校へのコミュニティ・スクール導入を目指します。また,入学者数が気がかりな本別高校については,町民とともに支援策を再検討していきたいと話します。

b0171771_22063421.jpg
佐々木新教育長(左)と中野博文前教育長
=2018年5月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「新任者『本別町教育長 佐々木基裕氏』」 と伝えています。
 ○…「地域の声を生かして子どもを育て,学校の資源を地域にも還元して活性化するような仕組みをつくりたい」。本別独自の学びの日夢風事業を続け,町内小・中学校へのコミュニティ・スクール導入を目指す。また,新学習指導要領に対応し,国際性豊かな人材育成としても英会話・英語に力を入れる。

 ○…1959年足寄町生まれ。足寄高卒。78年に本別町役場入り。企室や税務,総務,農林課などを経て,2009年から教育委員会に。入学者数が気がかりな本別高校については「町として何ができるのか,域人材の活用も1例。町民とともに支援策を再検討していきたい」と話す。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月15日9時27分の記事
[PR]
b0171771_06245413.jpg
日勝峠=2012年8月撮影

 おととしに台風災害を受けた 国道274号日勝峠の復旧事業 が,土木学会による2017年度の 土木学会賞「技術賞」を受賞 に選ばれました。
 日勝峠の災害復旧事業で技術賞を受賞したのは,帯広開発建設部,室蘭開発建設部,日勝峠復旧工事連絡協議会(清水側),R274日勝峠災害復旧関連工事推進協議会(日高側),ネクスコ東日本道支社です。

b0171771_19404050.jpg
帯広開発建設部
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「日勝峠復旧工事に土木学会技術賞」 と伝えています。
 おととしに台風災害を受けた国道274号日勝峠の復旧事業が,土木学会(東京)による2017年度の土木学会賞「技術賞」に選ばれた。表彰式は6月8日に東京で行われる。

 土木学会賞は1920年に「土木賞」として創設。技術賞のほか「功績賞」「環境賞」などを毎年選出している。「技術賞」は土木技術の発展に顕著な貢献をし,社会の発展に寄与したと認められる画期的なプロジェクトに贈られ,17年度は19件が選ばれた。

 日勝峠の災害復旧事業で技術賞を受賞したのは,帯広開発建設部,室蘭開発建設部,日勝峠復旧工事連絡協議会(清水側),R274日勝峠災害復旧関連工事推進協議会(日高側),ネクスコ東日本道支社。

-略-

(中島佑斗)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月16日11時21分の記事
[PR]
b0171771_19413062.jpg
参考写真:松浦武四郎
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B5%A6%E6%AD%A6%E5%9B%9B%E9%83%8E

 7月28,29日の2日間,北海道150年の記念事業「北海道150年,温故知新 『とかちのむかし・いま・みらい』を知り,学ぶ」が,帯広市緑ケ丘公園を中心に開かれる予定です。
 「北海道」の名付け親として知られる 松浦武四郎関連のパネル展示 が,帯広百年記念館を会場に行われます。
 また,上士幌町の熱気球係留,鹿追町の新エネルギーの学習会が連動し,十勝の昔と現在,将来を考えるイベントになります。

b0171771_22131454.jpg
帯広百年記念館
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「武四郎パネル展示や熱気球 北海道150年でイベント」 と伝えています。
 北海道150年の記念事業「北海道150年,温故知新 『とかちのむかし・いま・みらい』を知り,学ぶ」が7月28,29日,帯広市緑ケ丘公園を中心に開かれる。

「北海道」の名付け親として知られる松浦武四郎関連のパネル展示(十勝総合振興局主催,会場・帯広百年記念館)と上士幌町の熱気球係留,鹿追町の新エネルギーの学習会が連動し,十勝の昔と現在,将来を考えるイベントになる。  松浦武四郎は幕末の探検家で,蝦夷地を複数回調査し,十勝にも訪れている。今回のパネル展示では,国や郡の配置を検討した地図(国郡図)や,道内各地を題材にしたすごろくなど武四郎が手掛けた資料を用意し,北海道や十勝の「過去」を感じる内容にする。

 緑ケ丘公園内の多目的広場では上士幌町が熱気球を係留する。体験搭乗を予定し,上空から「現在」の十勝・帯広を見てもらう。また,鹿追町で行われるバイオマス,水素エネルギーの学習会には同公園からバスで参加者を送迎。新エネルギーを学び,十勝の「将来」を考える機会にする。

-略-

(伊藤亮太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月16日11時52分の記事
[PR]
b0171771_22025071.jpg
本別町体育館
=2014年8月撮影

 5月15日,高齢者を対象にした 交通安全勉強会 が,本別町体育館で開かれました。
 町交通安全母の会の主催で,60人が参加しました。
 本別警察署の大城戸英雄地域交通課長による講話,筆記式の交通安全クイズのほか,点灯したボタンを瞬時に押す運動能力測定も行われました。

b0171771_22034704.jpg
本別警察署
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「運転シミュレーター体験も 本別・高齢者交通安全勉強会」 と伝えています。
 【本別】高齢者を対象にした交通安全勉強会が15日,町体育館で開かれた。

 町交通安全母の会(田西喜代会長,会員7人)主催。60人が参加した。田西会長らが「安全運転意識を持って事故のない町に」とあいさつし,勉強会がスタートした。

 本別署の大城戸英雄地域交通課長による高齢者の交通安全についての講話,筆記式の交通安全クイズのほか,点灯したボタンを瞬時に押す運動能力測定も。

-略-

(松本佳久通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月16日16時30分の記事
[PR]