人気ブログランキング |

2019年 05月 24日 ( 1 )

b0171771_17354967.jpg
旧岩松小学校校舎
=2019年5月撮影

 5月6日,新得町の 旧岩松(いわまつ)小学校 校舎お別れ会 が,岩松福祉館で開かれました。
 卒業生やゆかりある関係者が約30人集まり,思い出の校舎に別れを告げました。
 岩松小は19766年3月の閉校後,地域の集会所「岩松福祉館」として活用してきましたが,築64年と老朽化が進み今年度中の解体が決まっています。
 
 私(ブログ作成者)は,今春5月に十勝に帰省し,旧岩松小学校校舎を見てきました(写真)。カーナビには入っていないので,道道718号を通っていて,つい見逃してしまうほど,ひっそりと校舎が建っていました。
 「閉校」や「解体」の話を聞いて校舎を見ると,その校舎で幼い時代を過ごした人々の思いが,そこここに込められていることを考えずにいられません…。
 多くの人が,この場所で,小学生として共に学び,成長し,社会に巣立っていったのです。

b0171771_17361591.jpg
旧岩松小学校説明板=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「学びやとの別れ惜しむ 解体予定の旧岩松小校舎 新得」 と伝えています。
 【新得】旧岩松小学校校舎お別れ会が6日,岩松福祉館で開かれた。同小卒業生やゆかりある関係者が約30人集まり,思い出の校舎に別れを告げた。

-略-

 桜の前で記念写真に収まり,一人一人が学生時代を懐かしみながら校歌を斉唱した。始・終業時の合図にしていた「つり鐘」も公開され,参加者は別れの鐘打ちをした。  同小は76年3月の閉校後,地域の集会所「岩松福祉館」として活用してきたが,築64年と老朽化が進み今年度中の解体が決まっている。

-略-

(佐々木健通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年05月10日8時00分の記事