人気ブログランキング |

2019年 05月 03日 ( 3 )

b0171771_16505803.jpg
旧双葉幼稚園園舎
=2016年9月撮影

 国の指定重要文化財「旧双葉幼稚園園舎」の保存管理へ向け,
卒園生らが進めていた NPO法人「双葉の露」の設立認証 が下り,4月23日,帯広市役所で認証会見が行われました。
 5月4日,イベントとして園舎の一般公開を行い,青い目の人形や資料展示などを予定です。

b0171771_16521909.jpg
帯広市役所
=2017年8月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「双葉幼稚園NPO法人認定 5月4日に園舎開放イベント」 と伝えています。
 国の指定重要文化財「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南10)の保存管理へ向け,卒園生らが進めていたNPO法人「双葉の露(つゆ)」の設立認証が下りた。記念イベントとして園舎の一般公開を5月4日午前11時から行い,青い目の人形や資料展示などを予定。今年度は会員募集の周知,保存管理に向けた活動内容を検討していく。

 NPO法人の認証は1月に道に申請し,今月17日付で認証された。23日午前10時から,帯広市役所で認証会見が行われた。

-略-

 5月4日のイベントでは午前11時半からギターソロ「月光」,午後2時半から5人組フォークグループ「白い鳥」の演奏会を行うほか,市内のカフェグリーンの軽食販売,青い目の人形展などを予定。園庭整備のボランティアを募集中で,同日午前9時から行う。園舎北側のオカモトの駐車場が利用できる。

-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月23日12時35分の記事 旧双葉幼稚園舎,NPO法人認定

b0171771_14573975.jpg
「モーモーラスク」
=2019年4月,満寿屋東京本店で撮影

 満寿屋商店は,NHK連続テレビ小説「なつぞら」のロゴを使用した商品 「モーモーラスク」を販売 しています。
 十勝産小麦を使用した食パンに,ブラックチョコとホワイトチョコを染みこませた2種類で,1袋・27個入りで,黒と白の牛柄模様をイメージしています。

 私(ブログ作成者)は,現在首都圏に住んでいます。故郷十勝を舞台にする「なつぞら」は,私の幼少期の出来事が次々と…。山の木々を抜根して畑を切り開いた開拓の時代…。乳牛を飼育して,手で搾乳した思い出…。私も,すべて経験しました。
 早速,都立大駅まで行って,満寿屋東京本店で「モーモーラスク」を買い求めました。
 お話では,パンの原料には,本別の前田農産食品で生産された小麦粉も使用しているとのことで,ビックリしました。
 因みに,その2,3日前,テレビ朝日の「じゅん散歩」で高田純次がこの店を訪れ,ジンギスカンのパンを食べていました。(この番組は,道内でON AIRされていないようです)

【参考サイト】NHK連続テレビ小説「なつぞら」HP
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/
b0171771_06565510.jpg
満寿屋東京本店=2019年4月撮影

 十勝毎日新聞が, 「満寿屋商店なつぞらロゴ使用商品人気」 と伝えています。
 満寿屋商店(帯広)は,NHK連続テレビ小説「なつぞら」のロゴを使用した商品「モーモーラスク」を販売している。  十勝産小麦を使用した食パンに,ブラックチョコとホワイトチョコを染みこませた2種類で,1袋・27個入り。黒と白の牛柄模様をイメージした。

-略-

 同社全8店舗(十勝6店舗,東京2店舗)でドラマが終了する9月末ごろまで販売予定。十勝店舗は275円(税込),東京店舗は335円(同)。

(沖田唯可)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月17日11時26分の記事

b0171771_19164272.jpg
鹿追町自然体験留学表示
=2018年5月撮影
 
4月7日,今年度の 鹿追町自然体験留学生 受け入れ式と歓迎会 が,瓜幕地域集会所で行われ,関係者約95人が山村留学生を歓迎しました。
 瓜幕地区の自然体験留学は,1988に始まり,今年度は,東京や大阪などから小学1年~中学3年の10人を迎え,継続の7人を含めて17人が地元の学校に通います。

b0171771_19183912.jpg
鹿追町立瓜幕小学校
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「自然体験留学生を受け入れ 鹿追町」 と伝えています。
 【鹿追】今年度の町自然体験留学生受け入れ式と歓迎会(町瓜幕自然体験留学制度推進協議会主催)が7日,瓜幕地域集会所で行われた。関係者約95人が山村留学生を歓迎した。

 瓜幕地区の自然体験留学は,1988年に始まった。子どものみの留学センター滞在や,親子による公営住宅への入居,里親留学などさまざまな形態があり,これまでに延べ544人を受け入れている。今年度は,東京や大阪などから小学1年~中学3年の10人を迎え,継続の7人を含めて17人が地元の学校に通う。

-略-

 留学生と保護者の紹介では,緊張した面持ちで児童・生徒たちが「石拾いや乗馬クラブなど新しい体験,発見を楽しみたい」と抱負を述べた。この後,保護者説明会や懇談会が行われた。

(大井基寛通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月10日9時30分の記事