人気ブログランキング |

2019年 05月 02日 ( 1 )

b0171771_19291960.jpg
【参考写真】十勝ワインぶどう園=2015年8月撮影

 4月2日,池田の春の風物詩の一つ, ワイン醸造用の苗木作り が町ブドウ・ブドウ酒研究所の敷地内にあるガラスハウスで始まりました。
 研究所の従業員ら15人が,昨秋から冬にかけて剪定し,地下の苗木保管庫で越冬させた枝を使用して,育苗専用ポットに挿し木しました。

b0171771_19305673.jpg
ブドウ酒研究所(ワイン城)
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ブドウの苗作り始まる 池田」 と伝えています。
 【池田】池田の春の風物詩の一つ,ワイン醸造用の苗木作りが町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の敷地内にあるガラスハウス(町清見)で始まった。作業は10日ごろまで続けられる。

 同研究所の従業員ら15人が2日に作業を始めた。昨秋から冬にかけて剪定(せんてい)し,地下の苗木保管庫で越冬させた枝を使用。前の晩から水に浸しておいた約1・2メートルの枝をはさみで25センチほどに切りそろえ,地中に埋め込む側の枝の先に発根促進剤をつけて,育苗専用ポットに挿し木した。

 同研究所によると,管内では複数のワイナリー開設の動きがあり,今季は管内外からオーダーが入るなど,全道的に苗木は不足気味だという。同研究所では今季,町独自品種の「清見」「清舞」「山幸」を中心に試験栽培する苗木を含め10品種3万本を挿し木する予定。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月06日20時00分の記事