人気ブログランキング |

2019年 04月 25日 ( 1 )

b0171771_19133061.jpg
鉄道資料館(上士幌町)
=2016年9月撮影

 上士幌町ぬかびら源泉郷の 鉄道資料館 が,今季の営業を始めました。
 館内には,1987年に廃線となった旧国鉄士幌線の切符や受け箱,時刻表,駅員の制服,伝令用の腕章などが,展示されています。

b0171771_19143797.jpg
旧国鉄士幌線で使用した客車
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「 鉄道資料館が今季オープン 上士幌」 と伝えています。
 【上士幌】町鉄道資料館(ぬかびら源泉郷)が今季の営業を始めた。廃線になった旧国鉄士幌線の資料や写真などが展示されている。

 士幌線は帯広-十勝三股(上士幌)間の78・3キロ。木材輸送を目的に整備され,1925年に帯広-士幌間,39年に十勝三股までの全線が開業。87年に廃線となった。

 会場には,切符や受け箱,時刻表,駅員の制服,伝令用の腕章などが並ぶ。駅や沿線上の町並み,線路が敷かれたアーチ橋梁(きょうりょう)などを色鮮やかに描いたスケッチ作品もある。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月12日18時00分の記事