人気ブログランキング |

2019年 02月 27日 ( 1 )

b0171771_12254573.jpg
JR富良野駅
=2017年8月撮影

 2月22日,JR根室線の鉄道輸送について考える 「鉄道フォーラムin南富良野」 が,南富良野町保健センター「みなくる」で開かれました。
 道教育大札幌校の武田泉准教授が講演し,新得―富良野間の広域観光ルートとしての可能性等,根室線のネットワークを維持する重要性を説きました。
 町内外から約150人が来場し,浜田正利新得町長ら構成自治体の首長も参加しました。
b0171771_12281113.jpg
JR新得駅=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「根室本線「鉄道フォーラム」に150人 災害時の重要性強調」 と伝えています。
 【南富良野】JR根室線の鉄道輸送について考える「鉄道フォーラムin南富良野」が22日,町保健センター「みなくる」で開かれた。道教育大札幌校の武田泉准教授が講演し,根室線のネットワークを維持する重要性を説いた。

 新得町など沿線7市町村でつくる根室本線対策協議会(事務局・富良野市)の主催。町内外から約150人が来場。浜田正利新得町長ら構成自治体の首長も参加した。

 武田氏は「根室本線(滝川~新得間)の鉄道輸送を考える」の題で講演。新得―富良野間の広域観光ルートとしての可能性や,石勝線災害不通時の迂回(うかい)ルートとしての重要性を強調した。

-略-

(中島佑斗)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月22日18時05分の記事