人気ブログランキング |

2018年 12月 16日 ( 1 )

b0171771_05405072.jpg
参考写真:ドイツの「シュトーレン」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3

 幕別町の道の駅忠類の「焼きたてパン工房パオ・パオ」で,海外で クリスマス時期により親しまれる パンを販売 しています。
 ドイツ発祥のパン「シュトーレン」は,クリスマスの時期に食べられる伝統的な菓子パンで,今年も製造することにしました。

b0171771_20454143.jpg
道の駅忠類
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ドイツの伝統的なクリスマス菓子を販売 道の駅忠類」 と伝えています。
 【幕別】道の駅忠類の「焼きたてパン工房パオ・パオ」で,海外でクリスマス時期により親しまれるパンを販売している。

 ドイツ発祥のパン「シュトーレン」は,同国でクリスマスの時期に食べられる伝統的な菓子パン。近年は日本国内でも人気が高まっている。同店は昨年末に販売し好評だったため,今年も製造することにした。

 同店では,十勝産をミックスした小麦を使用。中にはミックスフルーツやクルミを入れ,パンの表面には粉糖がかけられている。表面が「白雪」に包まれているように見え,クリスマスの雰囲気を盛り上げる。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年12月09日5時35分の記事