2018年 09月 18日 ( 1 )

b0171771_05480370.jpg
羊牧場「ボーヤ・ファーム」=2016年8月撮影

 9月8日,池田町様舞の羊牧場の放牧地でヒグマに襲われたとみられる家畜の死骸が発見されたことを受け,町が設置した箱わなに ヒグマ1頭がかかり駆除 しました。
 町は近く駆除したヒグマの胃などを試料として道立総合研究機構に提供します。

b0171771_05473802.jpg
羊牧場「ボーヤ・ファーム」=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「様舞の羊放牧地でヒグマ1頭捕獲 池田」 と伝えています。
 【池田】町内の羊牧場の放牧地(様舞)でヒグマに襲われたとみられる家畜の死骸が発見されたことを受け,町が設置した箱わなに8日午前,ヒグマ1頭がかかり,駆除した。町は近く駆除したヒグマの胃などを試料として道立総合研究機構(道総研,札幌)に提供する。

 町によると,駆除したヒグマは雄で,体長170センチ,体重157キロ,前掌幅15センチ,後ろ足長24センチ。8日午前8時ごろ,町が5日午後に仕掛けた箱わなにかかっていた。道猟友会池田支部池田部会(三坂一茂会長)が,町,放牧地を所有する町清見の羊牧場「ボーヤ・ファーム」の安西浩代表らの立ち会いの下,駆除した。

 この放牧地では,今年6月以降に数十匹の羊が行方不明となっており,8月末から今月1日にかけて羊の死骸やヒグマと思われる足跡が相次いで確認されていた。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月09日18時00分の記事
[PR]