人気ブログランキング |

2018年 09月 04日 ( 1 )

b0171771_01562290.jpg
参考写真:北海学園大学(札幌市豊平区)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E5%AD%A6%E5%9C%92%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 8月27~29の3日間,北海学園大学経済学部の学生が,まちづくりや地域の課題について学ぶゼミ活動の一環で, 上士幌町内を訪問 しました。
 訪れたのは,経済学部の濱田武士教授のゼミ生で2,3年生26人で,ゼミでは地域の現状や課題について学ぶことを狙いに毎年,道内各地を訪れています。

b0171771_22583025.jpg
上士幌町役場
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「大学生が上士幌視察 「移住・定住対策」を学ぶ」 と伝えています。
 【上士幌】北海学園大学経済学部の学生が27~29の3日間,まちづくりや地域の課題について学ぶゼミ活動の一環で町内を訪れた。

 訪れたのは,同大経済学部の濱田武士教授のゼミ生で2,3年生26人。ゼミでは地域の現状や課題について学ぶことを狙いに毎年,道内各地を訪れている。訪問場所はその都度,学生たちが話し合って決め,今年は上士幌を選んだ。

 28日は町商工観光課の担当者が「移住・定住対策について」と題し,住宅整備など移住者の受け皿確保に向けた取り組みを説明。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月01日8時47分の記事