2018年 08月 26日 ( 1 )

b0171771_02375537.jpg
参考写真:二風谷アイヌ文化博物館の外の復元「チセ」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%8F%96%E7%94%BA

 北海道150年事業が展開される中、「北海道」命名者として知られる松浦武四郎をテーマにしたイベントや番組制作などが相次ぎ、武四郎への関心が高まっている。
 NHKは来春放送予定のテレビドラマ 『永遠のニシパ』の撮影 を道内の二風谷で始めました。

参考サイト: 北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」(NHK)
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=15066

 十勝毎日新聞が, 「武四郎に注目高まる 松本潤さん主演『永遠のニシパ』撮影始まる」 と伝えています。
 北海道150年事業が展開される中、「北海道」命名者として知られる松浦武四郎(1818~88年)をテーマにしたイベントや番組制作などが相次ぎ、武四郎への関心が高まっている。NHKは来春放送予定のテレビドラマ撮影を道内で始め、25、26の両日には帯広と上士幌でミュージカル公演が行われる。北海道博物館(札幌)で開催中の特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」は入場者数が3万7000人を突破(22日時点)し、12月の帯広開催の盛り上がりが期待されている。

(藤島諒司)


 ドラマは、人気アイドルグループ「嵐」の松本潤さん(34)が松浦武四郎を演じる「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」。北海道150年記念としてNHK札幌放送局が制作する。

-略-
 
物語は、アイヌと交流しながら蝦夷地を調査した武四郎が、江戸に戻り蝦夷地図を出版し、アイヌが松前藩から搾取されている実態を告発。松前藩から命を狙われながらも幕府のお雇いとして、再び蝦夷地調査に向かう姿などが描かれる。大河ドラマ「功名が辻」などを手掛けた脚本家大石静さんのオリジナル作品。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月23日20時00分の記事
[PR]