人気ブログランキング |

2018年 08月 05日 ( 1 )

b0171771_14531065.jpg
歴舟川
=2016年8月,大樹町で撮影

 夏休みに入り最初の日曜日となった7月29日, 十勝管内で屋外のイベント が相次ぎました。
 帯広市中心部では高校生が学校の枠を超えて企画した「超学校祭」が初めて開かれ,大樹町では39回目を迎えた「歴舟川(れきふねかわ)砂金掘探訪会」で親子らが砂金探しに熱中しました。おびひろ動物園でも7月28日,恒例イベントの「夜の動物園」が始まりました。

b0171771_15331166.jpg
おびひろ動物園
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「夏休み イベント多彩」 と伝えています。
 夏休みに入り最初の日曜日となった29日,十勝管内では屋外でのイベントが相次いだ。帯広市中心部では高校生が学校の枠を超えて企画した「超学校祭」が初めて開かれ,大樹町では39回目を迎えた「歴舟川砂金掘探訪会」で親子らが砂金探しに熱中した。おびひろ動物園でも28日,恒例イベントの「夜の動物園」が始まった。砂金見つけ歓声 

歴舟川で探訪会
 ○…歴舟川砂金掘探訪会は,大樹町のカムイコタン公園キャンプ場周辺の歴舟川で開かれた。親子連れなど約50人が参加し,小さな砂金の粒を見つけては,つかの間のゴールドラッシュを楽しんだ。

-略-

(眞尾敦)


-略-

夜の姿 いつもと違う
動物園

 ○…おびひろ動物園(柚原和敏園長)の「よるの動物園」は,開園時間(通常は午後4時半)を午後9時まで延長し,ビーバーやカンガルーなど夜行性動物が活発に動く様子を見られる人気イベント。初日から多くの家族連れなどが訪れ,楽しく過ごした。

-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月29日13時24分の記事