2018年 07月 16日 ( 1 )

b0171771_03225495.jpg
JAさらべつ
=2017年2月撮影

 7月13日, JAさらべつの 創立70周年式典 が,開かれ,来賓や組合員ら130人が出席し,節目を祝いました。
 JAさらべつは,1948年に設立し,2017年度の農畜産物販売高は140億5200万円で,一戸当たりの耕作面積は50ha以上で道内平均を上回ります。

b0171771_03222949.jpg
JAさらべつ
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「70年の節目盛大に祝う JAさらべつ」 と伝えています。
 【更別】JAさらべつ(若園則明組合長)の創立70周年式典が13日,同JAで開かれた。来賓や組合員ら130人が出席し,節目を祝った。

 若園組合長は「先人に残していただいた肥沃(ひよく)な大地と協同組合の相互の精神を次世代につなげ,役職員が一丸となってまい進していく」と式辞。元役員や取引先に感謝状が贈られ,前組合長の細矢芳己さんが謝辞を述べた。

-略-

 同JAは1948年設立。2016年には種イモ選別機が導入され,昨年は哺育・育成牛預託施設が完成した。17年度の農畜産物販売高は140億5200万円。一戸当たりの耕作面積は50ヘクタール以上で道内平均を上回る。

-略-

(高津祐也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月14日10時28分の記事
[PR]