2018年 06月 07日 ( 1 )

b0171771_02291584.jpg
銀河の森天文台
=2017年撮影
 陸別町のりくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で,「8種類の宇宙食」が販売 されています。
 宇宙食は凍結乾燥のフリーズドライ加工で,期間限定の商品も含めて現在8種類販売されています。

 十勝毎日新聞が, 「たうんなび「8種類の宇宙食」」 と伝えています。
 陸別町のりくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)で販売されている=写真。

 宇宙食は凍結乾燥のフリーズドライ加工で,期間限定の商品も含めて現在8種類。お好み焼きやたこ焼き,チョコレートケーキといったスイーツの味もある。たこ焼きであれば,丸い形のままパッケージに入っている。

 中でも「いちごチョコレート」(540円)は人気。過去にスペースシャトルで実際に使用されていたもので,同商品の賞味期限は半年から1年となっている。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月19日13時08分の記事
[PR]