2018年 05月 27日 ( 1 )

b0171771_06015144.jpg
参考写真:新国立競技場建設現場=2018年5月20日撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A0%B4

 音更,士幌,上士幌の3町による 十勝大雪森林組合 の今年度通常総代会が25日,町総合福祉センターで開かれました。
 今年度,築38年が経過し老朽化している組合事務所の建て替えを決めました。
 山本組合長が「新国立競技場の屋根材に十勝産カラマツ集成材が正式採用され,十勝の林業関係者が一丸となって進めてきた森林認証取得の努力が結実した。」とあいさつしました。

b0171771_06021132.jpg
十勝大雪森林組合音更事務所
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「事務所建て替えへ 十勝大雪森林組合」 と伝えています。
 【音更】音更,士幌,上士幌の3町による十勝大雪森林組合(山本良二組合長,組合員731人,総代198人)の今年度通常総代会が25日,町総合福祉センターで開かれた。今年度,築38年が経過し老朽化している組合事務所(町東通15)の建て替えを決めた。

 新たな組合事務所は現事務所の南側に建設。木造2階建て延べ約768平方メートル。カラマツ集成材などを多用し,大小会議室,応接室,作業員・工員休憩室も設ける。外構工事を含めた総工事費は2億2254万円。単年度事業として年度内に着工,完成を目指す。

 この日は総代147人(書面議決含む)が出席。山本組合長が「新国立競技場の屋根材に十勝産カラマツ集成材が正式採用され,十勝の林業関係者が一丸となって進めてきた森林認証取得の努力が結実した。今後も組合として森林認証材の安定供給に努めたい」とあいさつした。

-略-

(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月26日9時29分の記事
[PR]