2018年 05月 11日 ( 1 )

b0171771_03340190.jpg
帯広市野草園入口
=2015年8月撮影

 帯広市野草園では園内に群生する オオバナノエンレイソウが見頃 を迎え,来園者の目を楽しませています。
 オオバナノエンレイソウは,国内では北海道と東北の一部に分布するユリ科の多年草で,ひし形の白い花弁を3枚付けるのが特徴です。

b0171771_03351209.jpg
オオバナノエンレイソウ=2018年5月,帯広市石王緑池で撮影

 十勝毎日新聞が, 「オオバナノエンレイソウが見頃 市野草園」 と伝えています。
 帯広市野草園(緑ケ丘2)では園内に群生するオオバナノエンレイソウが見頃を迎え,来園者の目を楽しませている。

 10日は曇天から一転,昼前には晴れ間がのぞき,春らしい陽気に。思い思いに園内を散策し,カメラを向ける人の姿もあった。

 オオバナノエンレイソウは,国内では北海道と東北の一部に分布するユリ科の多年草で,ひし形の白い花弁を3枚付けるのが特徴。花期は4~5月とされる。

-略-

(石川友史)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月10日12時30分の記事
[PR]