2018年 04月 13日 ( 1 )

b0171771_03274257.jpg
道立農業大学校正門
=2016年5月撮影

 4月9日、本別町西仙美里にある 道立農業大学校の 2018年度入校式 が開かれました。
 今年度の入校生は畜産経営学科27人、畑作園芸経営学科32人、農業経営研究科6人、稲作経営専攻コース7人の計72人で、また女子は16人、十勝出身者は20人、道外出身者は12人です。

b0171771_03284349.jpg
大学校構内案内
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「 担い手72人が学び開始 本別農大入校式」 と伝えています。
 【本別】道立農業大学校(山黒良寛校長)の2018年度入校式が9日午前10時から、同校体育館で開かれた。道内外の72人が農業の担い手として学びを始める。

 入校生は畜産経営学科27人、畑作園芸経営学科32人、農業経営研究科6人、稲作経営専攻コース7人。女子は16人で、十勝出身者は20人、道外出身者は12人。

 山黒校長が「課題解決のための力を養い、頼られる農業者なってほしい」と式辞。梶田敏博道農政部長(知事代読)、高橋正夫本別町長らの祝辞に続き、在校生が歓迎の言葉を送った。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月09日11時20分の記事
[PR]