2018年 01月 29日 ( 1 )

b0171771_02333471.jpg
JR新得駅=2015年8月撮影

 JR北海道の路線見直し をめぐり,道内鉄道網のあり方を審議している「鉄道ネットワーク・ワーキングチーム(WT)」は2月3日に集中審議を終え,検討結果をまとめます。
 「維持するべき路線」と「代替交通手段を検討すべき路線」に優先度を分ける見通しです。
 JR北海道がバス転換を求める 根室線の新得-富良野間 は,代替交通を含む公共交通のあり方を検討すべきとするとみられます。

b0171771_02350663.jpg
参考写真:JR富良野駅
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E8%89%AF%E9%87%8E%E9%A7%85

 十勝毎日新聞が, 「富良野-新得間 代替検討に 来月3日審議終了 JR路線見直し」 と伝えています。
 【札幌】JR北海道の路線見直し問題をめぐり,道内鉄道網のあり方を審議している「鉄道ネットワーク・ワーキングチーム(WT)」は2月3日に集中審議を終え,検討結果をまとめる。「維持するべき路線」と「代替交通手段を検討すべき路線」に優先度を分ける見通しだ。(道下恵次)

 これまで2回のフォローアップ会議での検討結果では,路線の方向性で議論を重ねた。関係者によると,WTが昨年2月にまとめた6領域に個別路線を当てはめ,各路線の位置付けを明確にした。

-略-

 観光ルート形成の位置付けでは,富良野線や根室線の滝川-富良野間も維持を求める方針という。ただ,JR北海道がバス転換を求める根室線の新得-富良野間は,代替交通を含む公共交通のあり方を検討すべきとするとみられる。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月26日13時19分の記事
[PR]