2018年 01月 11日 ( 1 )

b0171771_07074265.jpg
広尾町役場
=2016年5月撮影

 2018年は十勝の5町が節目の年を迎える。 広尾町が開町150年 で,明治維新150年,北海道命名150年と同じ歴史を誇ります。
この他,池田町が120年,足寄町110年,陸別町100年,大樹町90年となります。

b0171771_07202874.jpg
フンベの滝(広尾町)
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「広尾が今年開町150年 管内5町で周年迎える」 と伝えています。
 2018年は十勝の5町が節目の年を迎える。広尾町は開町150年で,明治維新150年,北海道命名150年と同じ歴史を誇る。この他,池田町が120年,足寄町110年,陸別町100年,大樹町90年となる。

 広尾は9月20日に記念式典を行う。150年に向け,ロゴマークを制作,キャッチコピーを「つくる,つなぐ。広尾町」に決定した。ロゴは「150」の文字の中に,コンブや魚,十勝港,小麦サイロ,フンベの滝,サンタランドなど町の象徴となる事物を描き込んだ。

-略-

 120年となる池田町は10月1日,110年の足寄町は11月,100年の陸別は9月中にそれぞれ記念式典を予定する。各町とも財政状況に配慮し,式典は簡素化する見込み。大樹町は記念式典を行わない。


(眞尾敦,関坂典生,木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月03日9時20分の記事
[PR]