人気ブログランキング |

2013年 11月 18日 ( 1 )

b0171771_22575783.jpg
【参考写真トラフグ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%B0

 士幌町下居辺地区でしほろ温泉プラザ緑風を運営する町の第3セクター「ベリオーレ」と東京海洋大が陸上養殖実験に取り組んでいる トラフグの成長 が進んできたことから、同社は今月中に関係者を招いた試食会を開くことになりました

 十勝毎日新聞が, 「陸上養殖実験中のトラフグ試食へ 士幌」 と伝えています。

 【士幌】しほろ温泉プラザ緑風(町下居辺)を運営する町の第3セクター「ベリオーレ」(山中峰義社長)と東京海洋大が陸上養殖実験に取り組んでいるトラフグの成長が進んできたことから、同社は今月中に関係者を招いた試食会を開く。実験としては、フグが死んだり成長が遅れたりして陸上養殖の難しさを感じさせながらも、バイオガスプラントの排熱利用による生産の低コスト化などに成功している。

 フグの養殖実験は経済産業省の「先端農商工連携実用化研究事業」として、昨年から3年間の期間で行っている。水温維持に冷却機能を要しない冷涼な気候を生かし、冬場にはバイオガスプラントの排熱を利用して水槽を温めることで、陸上養殖普及の課題であるエネルギーコストの低減を図る。北海道におけるフグビジネスの実現可能性も探る。

-略-

 昨年10月から育てているトラフグは約430匹から約100匹に減った。減少の理由について、施設に常駐する海洋大の学生は、夏場の気温が高かったことやフグが水槽から飛び出したり共食いしたりしたことを指摘する。

-略-

 養殖したフグは早ければ来年1月か2月にもしほろ温泉プラザ緑風で食べられる予定。(津田恭平)

以上引用:十勝毎日新聞・士幌めーる 2013年11月10日の記事
http://www.tokachimail.com/shihoro/