人気ブログランキング |

2010年 11月 24日 ( 1 )

 第52回日本レコード大賞の審査会がこのほど東京・赤坂のTBSで行われ、帯広出身で12歳の 演歌歌手さくらまやさん が、日本作曲家協会奨励賞を受賞しました。昨年の新人賞に次いで2度目の受賞となりました。
 奨励賞に選ばれたのはさくらさん1人。史上最年少の演歌歌手としてテレビや映画などに大活躍し、演歌の普及に貢献したことが理由です。
 さくらさんは12月30日に生放送されるTBS系(道内はHBC)の「第52回輝く!日本レコード大賞」に出演します。
 さくらさんは2008年12月に「大漁まつり」でデビュー。東京に拠点を移し、多方面で活動しています。

《参考:『さくらまや』の公式ホームページ》
http://www.shinei-v.jp/sakuramaya/

《参考:さくらまや》
 さくら まや(1998年7月26日~ )は、日本の演歌歌手。北海道帯広市出身。本名は草野 真耶(くさのまや)。
略歴 [編集]
 実家は帯広市の老舗料亭。2歳半からヴァイオリン、3歳からピアノ、ハープ、童謡など小さい頃から音楽に関する英才教育(他にもバレエ、ソルフェージュなど)を受けていた。2004年には全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会で金賞を受賞。小学校入学前にアマチュア演歌歌手のステージを生で見て、クラシックとは違うノリと衣装に「ビビッと来て」から演歌の道を志すようになった[1]。歌に関するコンテストに関しては何度も上位入賞を果たすという、いわゆる「コンテスト荒らし」だった。
 2008年12月3日、日本クラウンから史上最年少演歌歌手として「大漁まつり」でデビュー。3日後の12月6日には、浅草花やしきでデビューイベントが開催された。12月31日には格闘技興行「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」のHIROYA対卜部功也の試合前に国歌独唱を行った。
 2009年に入りテレビ番組やラジオ番組の出演が増えて仕事が忙しくなり、帯広市から東京都の小学校に転校した。
 2010年8月、帯広観光大使に選ばれた。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%BE%E3%82%84