人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 浦幌町長が児童と「オーラポロひろば」 本別で介護職員初任者研修修了 >>

帯広の大型店「閉店」相次ぐ

帯広の大型店「閉店」相次ぐ_b0171771_20363209.jpg
旧藤丸百貨店=2016年9月撮影

 帯広駅の近くに百貨店の「藤丸」と「長崎屋」をはじめ,「イオン」や稲田地区の「イトーヨーカドー」,西帯広の「MEGAドン・キホーテ」の5店舗がありましたが,「閉店」が相次 いでいます。
 この中で,藤丸は道東地区でたった一つの百貨店として愛されてきましたが,今年1月31日,122年の歴史に幕を下ろし,長崎屋も7月31日に閉店しました。
 長崎屋と同じ建物の中では,書店や100円ショップなどが営業していますが,来年3月までにすべての店の営業が終了する予定です。

帯広の大型店「閉店」相次ぐ_b0171771_20375498.jpg
旧長崎屋帯広店=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯広の大型店 相次ぐ「閉店」~ぴぴっと先生に聞こう」 と伝えています。
 食べ物や服,おもちゃにゲーム…。いろいろな商品を売る店が1カ所に集まった場所を「大型店(おおがたてん)」といいます。大型店には多くの買い物客が集まるので,帯広では長い間,「まちの顔」として親しまれてきました。しかし,最近は閉店(へいてん)する大型店が相次いでいます。そして,JR帯広駅の周辺では買い物をする場所が限(かぎ)られることになり,近くに住む人の中には不便さを感じている人もいます。

5店から2店に
 帯広市内の大型店は長年,帯広駅の近くに百貨店の「藤丸(ふじまる)」と「長崎屋(ながさきや)」をはじめ,「イオン」や稲田(いなだ)地区の「イトーヨーカドー」,西帯広の「MEGAドン・キホーテ」の5店舗(てんぽ)がありました。

 この中で,藤丸は道東地区でたった一つの百貨店として愛されてきましたが,今年1月31日,122年の歴史(れきし)に幕(まく)を下ろしました。そして,長崎屋も7月31日に閉店しました。長崎屋と同じ建物の中では,書店や100円ショップなどが営業(えいぎょう)していますが,来年3月までにすべての店の営業が終了(しゅうりょう)する予定です。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2023年10月31日14時15分の記事

by hombetu | 2023-11-02 00:32 | 帯広市の様子 | Comments(0)
<< 浦幌町長が児童と「オーラポロひろば」 本別で介護職員初任者研修修了 >>