人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 浦幌小で感謝のピザ作り 十勝川にタンチョウの給餌場設置 >>

本別署,移動式オービスで取り締まり

本別署,移動式オービスで取り締まり_b0171771_00481944.jpg
国道242号(本別町南4丁目)=2014年8月撮影

 11月20日から,本別警察署は署管内(本別,足寄,陸別)の国道上で可搬式速度違反自動取締装置(移動式オービス)と車載式速度測定装置(パトカー)を使って,速度超過違反の取り締まり を集中的に実施します。
 移動式オービスは常設の架台を必要とせず,時間や場所を選ばず取り締まりができる。

本別署,移動式オービスで取り締まり_b0171771_00520662.jpg
【参考写真】移動式オービス=2006年9月
出典:フリー百科事典『ウィキペディア』
Traffic regulations of Japan.JPG

 十勝毎日新聞が, 「20日から移動式オービスで取り締まり 本別署」 と伝えています。
 【本別】本別署は20日から,同署管内(本別,足寄,陸別)の国道上で可搬式速度違反自動取締装置(移動式オービス)と車載式速度測定装置(パトカー)を使って,速度超過違反の取り締まりを集中的に実施する。期間は数週間を予定している。

 道内でシカとの衝突事故が多発。今後路面が凍結してスリップ事故が起きる可能性も高まることから,事故の原因の一つとなる速度の出し過ぎを防ぐ狙い。

 移動式オービスは常設の架台を必要とせず,時間や場所を選ばず取り締まりができる。10月下旬には釧路管内標茶町で,シカとの衝突がきっかけとみられる死傷事故が発生している。

-略-

(北雅貴)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2022年11月17日16時30分の記事

by hombetu | 2022-11-24 00:52 | 故郷本別町の様子 | Comments(0)
<< 浦幌小で感謝のピザ作り 十勝川にタンチョウの給餌場設置 >>