人気ブログランキング |

フルコースで「いけだ牛」感謝の夕べ

b0171771_22121147.jpg
北海道ホテル
=2019年5月撮影
 9月5日,全日本あか毛和牛協会は,帯広市内の北海道ホテルで 「いけだ牛 感謝の夕べ」 を開きました。
 十勝管内では池田町内の酪農家11戸が「いけだ牛」を生産していて,この日は,抽選で選ばれた100人が,フルコース料理で健康志向などで注目を集めるあか毛和牛を楽しみました。

b0171771_22182078.jpg
「いけだ牛」生産酪農家
=2016年9月撮影
 
 十勝毎日新聞が, 「『いけだ牛』のフルコース楽しむ 帯広で感謝の夕べ」 と伝えています。
ジューシーでヘルシー「あか牛」の魅力再認識  全日本あか毛和牛協会(熊本)は5日午後6時半から,帯広市内の北海道ホテルで「いけだ牛 感謝の夕べ」を開いた。抽選で選ばれた100人がフルコース料理を食べ,健康志向などで注目を集めるあか毛和牛を楽しんだ。

 あか毛和牛は赤身中心の肉質であっさりした味わいが特徴。肉のうま味成分は赤身肉に多いことや,健康志向の高まりを受けて注目されている。十勝管内では池田町内の農家11戸が「いけだ牛」を生産している。

 感謝の夕べは,生産地の住民にあか毛和牛の魅力を知ってもらう目的。100人の定員に約2000人の応募があった。「あか牛ブリスケ十勝ワイン煮のパイ包み焼き」「あか牛の牛ももローストビーフ」など8品のフルコースで,客は十勝ワインなどと一緒に味わった。

-略-

(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年09月05日20時15分の記事
by hombetu | 2019-09-12 06:05 | 池田町の様子 | Comments(0)