人気ブログランキング |

JAL名古屋便,なつぞら機でスタート

b0171771_05310244.jpg
【参考写真】中部国際空港 国内線出発待合室
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%83%A8%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF

 8月2日,日本航空(JAL)の帯広-中部国際空港(名古屋)線の今年度の季節運航が始まり, 名古屋からの初便 がとかち帯広空港に到着しました。
 今年はNHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送で観光利用が多くなる見通しで,搭乗率80%回復が期待されています。

b0171771_05424042.jpg
とかち帯広空港=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「名古屋季節運航 なつぞらジェットでスタート 観光客多く搭乗率80%期待」 と伝えています。
 日本航空(JAL)の帯広-中部国際空港(名古屋)線の今年度の季節運航が2日始まり,名古屋からの初便がとかち帯広空港に到着した。今年はNHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送で観光利用が多くなる見通しで,搭乗率80%回復が期待されている。

-略-

 JAL帯広支店によると今年は観光ツアーの団体予約が多いという。昨年は搭乗率が初めて8割を切り,77・5%だったが,今年の予約率はすでに78・2%。同支店は「目標の80%を超えられそう」と期待する。

 2日の初便は,機体に広瀬すずさんが描かれた「なつぞらジェット」で,ほぼ満席の162人が帯広に降り立った。とかち帯広空港の到着ゲートではJALや帯広市,空港ターミナルビルの職員が「おびひろ極上水」と観光パンフレットを配布して出迎えた。

-略-

(伊藤亮太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月02日18時00分の記事
by hombetu | 2019-08-16 06:28 | 帯広市の様子 | Comments(0)