人気ブログランキング |

ノーベル化学賞・鈴木章氏が講演


b0171771_00315210.jpg
参考写真:ノーベル賞を共同受賞した左から鈴木章氏,根岸英一氏,リチャード・ヘック氏
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E7%AB%A0

 6月16日,帯広畜産大学主催の「リベラルアーツ講演会」が,帯広市民文化ホール・大ホールで開かれました。
 2010年に ノーベル賞を受賞した 鈴木章氏が講演 し,「自分がやりたいことを見定め,猪突猛進して希望の道を切り拓いてほしい」と若者にエールを送りました。
 鈴木氏は有機合成化学の新たな触媒反応を開発したことなどが評価され,ノーベル化学賞を受賞しました。

b0171771_00332235.jpg
帯広畜産大学
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『道,切り拓いて』 ノーベル賞・鈴木氏が講演」 と伝えています。
 帯広畜産大学(奥田潔学長)主催の「リベラルアーツ講演会」が16日,帯広市民文化ホール・大ホールで開かれた。2010年にノーベル化学賞を受賞した鈴木章氏(87)=北海道大ユニバーシティプロフェッサー,名誉教授=が講演し,「自分がやりたいことを見定め,猪突(ちょとつ)猛進して希望の道を切り拓(ひら)いてほしい」と若者にエールを送った。

 学生や地域住民ら約800人が参加した。鈴木氏は有機合成化学の新たな触媒反応を開発したことなどが評価され,ノーベル賞を受賞した。講演テーマは「人類の進歩に役立つ科学の例 有機ホウ素化合物を利用する有機合成」。

 鈴木氏は自身の研究成果で,天然には存在しない有機化合物の合成が可能になったと説明。がんやHIV関連の薬,農薬,液晶などさまざまな分野で活用されているとし,「有用な物を容易に作ることが可能になった。人類の進歩に役立つことができたのではと考えている」と語った。

-略-

(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年06月16日20時00分の記事
by hombetu | 2018-06-21 06:24 | 帯広市の様子 | Comments(0)