トムラウシ山の登山道,道しるべ描く

b0171771_3265456.jpg
写真:忠別岳から望むトムラウシ山
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Tomuraushi_from_chuubetsudake_2006-8-25.jpg


 6月11日,夏山シーズンを前に,新得山岳会と新得警察署,新得町は,トムラウシ山の登山道で, 迷い道対策の道しるべ に正しい方向を示す赤のカラー矢印を引を描きました。
 トムラウシ山は7月上旬まで残雪が登山道を覆っています。


b0171771_05244782.jpg
新得町役場
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「迷い対策の道しるべ 新得・トムラウシ山」 と伝えています。
 【新得】夏山シーズンを前に,新得山岳会(小西則幸会長)と新得署(石川憲章所長),町は11日,日本百名山の大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の登山道で,迷い道対策の道しるべを描いた。

 2008年から関係機関が共同で,遭難防止の表示を付けている。この日は13人が,石灰計36キロを3キロずつ分担して背負い,短縮登山口から3時間かけて,標高1400メートルのコマドリ沢に到着。カムイサンケナイ川2カ所と同川に注ぐ小沢の上部1カ所の計3カ所で,まだ雪が深く残る雪渓上に正しい方向を示す赤のカラー矢印を引いた。

 トムラウシ山は7月上旬まで残雪が登山道を覆い,過去にも道に迷うケースが頻繁に起きるなど,経験豊富な登山者でも地図やGPS(全地球衛星測位システム)の携行が必要不可欠なコースになっている。

-略-

(佐々木健通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年06月13日21時00分の記事
[PR]
by hombetu | 2018-06-16 06:38 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)