ネイパル足寄で児童が農業体験

 
b0171771_03021926.jpg
ネイパル足寄
=2018年5月撮影

 5月19,20日の1泊2日, ネイパル足寄で農業体験 の「アグリ村のわんぱく隊 パート1」が開かれました。
 十勝農業改良普及センターの職員が講師となり,十勝農業の特徴や農作業の工程を説明し,子どもたちは6班に分かれ,ニンジンの種まきやタマネギの苗植えを行いました。

b0171771_01054331.jpg
十勝農業改良普及センター
=2012年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「児童41人が農業体験 ネイパル足寄」 と伝えています。
 【足寄】ネイパル足寄(杉山良雄所長)で19,20日の1泊2日,農業体験の「アグリ村のわんぱく隊 パート1」が開かれた。

 野菜の種まきから収穫までを体験し,食の大切さと集団生活も学ぶ場として年3回,企画されている。今回は帯広や音更など十勝の小学生41人が参加。ボランティアリーダーとして帯広畜産大学の学生3人,足寄高の生徒4人が協力した。

 十勝農業改良普及センターの職員が講師となり,十勝農業の特徴や農作業の工程を説明。子どもたちは6班に分かれ,ニンジンの種まきやタマネギの苗植えを行ったほか,ハンカチへの野菜染めも体験した。

-略-

(松本佳久通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年05月21日16時00分の記事
[PR]
by hombetu | 2018-05-23 06:20 | 足寄町の様子 | Comments(0)