人気ブログランキング |

足寄でラワンブキ茶「雨やどり」登場

ラワンブキ=撮影

 4月28日,足寄町特産 ラワンブキを使った ブランド茶「雨やどり」 が登場します。
 さっぱりとした味わいと新緑の香り,ハーブティーの位置づけで商品化されました。 足寄の道の駅関連施設のチャレンジショップ「ふきのしたのキッチン」で取り扱います。

「ふきのしたのキッチン」
=撮影

 十勝毎日新聞が, 「ラワンブキ茶「雨やどり」28日登場 足寄」 と伝えています。
 【足寄】町特産ラワンブキを使ったブランド茶「雨やどり」が28日に登場する。さっぱりとした味わいと新緑の香り,ハーブティーの位置づけで商品化された。足寄の道の駅関連施設のチャレンジショップ「ふきのしたのキッチン」で取り扱う。

 考案したのは同ショップの堀江誠代表。「足寄の新たな土産品とフキの活用」を視点に据えた。原料となるフキの葉は,町内の主婦や酪農女性でつくる農畜産物加工開発研究会から仕入れ,2日間ほど室内乾燥させてミキサーにかけ,焙煎(ばいせん)する。

 1袋3グラムのティーバッグで500ミリリットルのお茶が味わえ,煮出し時間によって濃淡や香りの違いが出る。冷やしても,はちみつを加えてハーブティーとしても楽しめるのが特徴だ。土をイメージしたブラウン地のパッケージにもこだわった。商品名は「フキの下でお茶を飲んで休んでほしい」と「雨やどり」に。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月18日9時00分の記事
by hombetu | 2018-04-30 06:32 | 足寄町の様子 | Comments(0)