ウラホロイチゲ咲き始める

b0171771_07451003.jpg
参考写真:ヤブイチゲ(キンポウゲ科)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%A6%E3%82%B2%E7%A7%91

 浦幌町下浦幌地区で,町内に自生し日本のレッドデータに絶滅危惧II種として記載されているキンポウゲ科の 「ウラホロイチゲ」が咲き始め 白い可憐な花びらが春の訪れを告げています。
 ウラホロイチゲの開花は例年4月中旬ごろで,今年は同地区の町有林で3月下旬に確認されています。

 十勝毎日新聞が, 「ウラホロイチゲ咲き始める 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】町内に自生するキンポウゲ科の植物で,日本のレッドデータに絶滅危惧II種として記載されているウラホロイチゲが下浦幌地区で咲き始め,白い可憐(かれん)な花びらが春の訪れを告げている。

 ウラホロイチゲの開花は例年4月中旬ごろで,今年は同地区の町有林で3月下旬に確認されている。その後,寒さが戻り開花スピードは鈍化したが,天候の回復とともに再び先を競うように咲き始めた。

 同地区の町有林では,ウラホロイチゲと同じ場所にアズマイチゲも咲いており,白い花の競演が見られる。花びらの大きさはウラホロイチゲが直径2~3センチであるのに対し,アズマイチゲは一回り大きい5~6センチ。花びらの枚数はウラホロイチゲが5~8であるのに対し,アズマイチゲは10~12と多いのが特徴だ。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月11日18時59分の記事
[PR]
by hombetu | 2018-04-20 06:41 | 浦幌町の様子 | Comments(0)