押切選手、涙の現役続行宣言

b0171771_23450724.jpg
中札内村文化創造センター
=2017年2月撮影

 3月21日、平昌冬季五輪女子スピードスケート5000mで9位だった中札内村出身の 押切美沙紀選手の報告会 が、村文化創造センター・ハーモニーホールで開かれました。
 村民ら約1000人が見守る中、押切選手は「チームパシュート(団体追い抜き)のメンバーとして金メダルを持ち帰れなかったのは悔しいし、申し訳ない気持ち」と涙を流し「平昌五輪後に引退しようと決めていたが、まだまだ頑張りたい」と現役続行を宣言しました。

b0171771_23460014.jpg
中札内村役場
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「押切選手が涙の現役続行宣言 地元中札内で五輪報告会」 と伝えています。
 【中札内】平昌冬季五輪女子スピードスケート5000メートルで9位だった村出身の押切美沙紀選手(25)の報告会が21日午後、村文化創造センター・ハーモニーホールで開かれた。村民ら約100人が見守る中、押切選手は「チームパシュート(団体追い抜き)のメンバーとして金メダルを持ち帰れなかったのは悔しいし、申し訳ない気持ち」と涙を流し「平昌五輪後に引退しようと決めていたが、まだまだ頑張りたい」と現役続行を宣言した。

 押切選手は2大会連続の五輪出場。けがの影響などで団体追い抜きメンバーから落選し、5000メートルのみの出場だった。

 報告会は村と押切選手を応援する会(濱本英生会長)が共催。後輩となる村スケート少年団の女の子たちが押切選手の入場をエスコートし、花束を贈呈した。

-略-

(松村智裕)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年03月21日20時15分の記事
[PR]
by hombetu | 2018-03-22 06:40 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)