人気ブログランキング |

作業急ピッチ,陸別しばれフェス

b0171771_00252582.jpg
しばれフェスティバル
=2017年2月撮影

 2月3,4の両日, 第37回しばれフェスティバル が,陸別町ウエンベツイベント広場で開かれます。
 気温が下がらず,苦戦していた「人間耐寒テスト」用のバルーンマンション製作は,深夜に及ぶ水掛け作業もあり,危機を脱しました。
 商工会青年部を中心とした実行委メンバーは,漫才の「とろサーモン」出演など多彩なメニューを用意して,開幕までの最終作業に入っています。

b0171771_00255381.jpg
バルーンマンション
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「極寒戻り作業急ピッチ 3,4日に陸別しばれフェス」 と伝えています。
 【陸別】第37回しばれフェスティバル(実行委員会主催)が2月3,4の両日,町ウエンベツイベント広場で開かれる。気温が下がらず,苦戦していた「人間耐寒テスト」用のバルーンマンション(氷のかまくら)製作は,深夜に及ぶ水掛け作業もあり,危機を脱した。商工会青年部を中心とした実行委メンバーは,漫才の「とろサーモン」出演など多彩なメニューを用意して,開幕までの最終作業に入っている。

 バルーンマンション製作は9日から始まったが,作業する夜が冷え込まず,外壁の氷を厚くする霧状の水掛けに苦戦。18日までに形になったのは例年の半分に満たない20基だった。

 しかし,徐々に陸別らしい“しばれ”が回復。加えて,午後6時すぎから同11時ごろの作業を午前2時まで延長したり,休養日の日曜も実施したりと,31日朝までに83基を造成。下山直人副実行委員長は「耐寒テスト(約300人)分は確保できる状況。連日50人ほどが頑張り,出来上がるイベント。ぜひ来場を」と呼び掛ける。

-略-
 
3,4の両日は,陸別・銀河の森天文台が「オーロラウイーク」を開催中。3日は「りくべつ鉄道」で無料の臨時運行を行うなど町を挙げた熱い2日間となる。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年02月01日12時44分の記事
by hombetu | 2018-02-02 06:22 | 陸別町の様子 | Comments(0)