足寄動物化石博物館,干支の動物展

b0171771_08224639.jpg
参考写真:ニホンオオカミの剥製
(国立科学博物館所蔵)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%9F

 足寄町の足寄動物化石博物館は,戌(いぬ)年にちなんだ ロビー展「干支動物展」 を開いています。
 ロビー展では,オオカミのほか,ブルドックやプードルといった6種類の犬のの頭蓋骨を展示っしています。

b0171771_08235215.jpg
足寄動物化石博物館
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「干支の戌にちなみ動物展 足寄動物化石博物館」 と伝えています。
 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は,戌(いぬ)年にちなんだロビー展「干支(えと)動物展」を開いている。

 犬はオオカミから派生し,人により家畜化され,さまざまな種類が誕生してきた。どの犬種同士,そしてオオカミとも交配できる。

 ロビー展では,オオカミのほか,ブルドックやプードルといった6種類の犬のの頭蓋骨(レプリカ含む)を展示。犬に近いタヌキやキツネ,アシカの骨格も公開している。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月10日14時20分の記事
[PR]
by hombetu | 2018-01-16 06:20 | 足寄町の様子 | Comments(0)