旧足寄温泉の公衆浴場,町が支援へ 

b0171771_08380136.jpg
旧足寄温泉
=2016年5月撮影

 12月13日,足寄町議会の定例会は,6氏が一般質問を行いました。
 町内に公衆浴場がなくなり,新設を問われた安久津勝彦町長は「廃業した足寄温泉 土地を取得し, 営業を視野 に入れる民間の動きがある。これに対し財政支援を検討したい。」と述べました。
 現在,自宅の浴槽が使えないなどの町民は,町高齢者等複合施設「むすびれっじ」の浴場を使用しています。

b0171771_08595074.jpg
複合施設「むすびれっじ」
=2014年8月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「足寄 一般質問 旧足寄温泉への公衆浴場 民間の動きを支援」 と伝えています。
 【足寄】定例会は13日,6氏が一般質問を行った。町内に公衆浴場がなくなり,新設を問われた安久津勝彦町長は「廃業した足寄温泉の土地を取得し,営業を視野に入れる民間の動きがある。これに対し財政支援を検討したい」と述べた。

 自宅の浴槽が使えないなどの町民は,町高齢者等複合施設「むすびれっじ」の浴場を使用している。安久津町長は利用者について,「1日平均約13人,浴場が小さいなどの苦情は聞いていない」とした。木村明雄氏,熊澤芳潔氏への答弁。(木村仁根)

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年12月14日9時38分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-12-24 06:34 | 足寄町の様子 | Comments(0)