思い出の「幸せの黄色いハンカチ」陸別ロケ

b0171771_08273045.jpg
参考写真:映画『幸福の黄いハンカチ』
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AE%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%84%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%81

 日本映画史に残る山田洋次監督の名作で,1977年に公開された「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」は,夕張をはじめ道内各地を舞台に,帯広や新得でもロケが行われました。
 十勝管内で最もシーンが多いのが陸別 でした。

b0171771_07101627.jpg
参考写真:JR北海道当時の「陸別駅」駅舎(1989年3月)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E5%88%A5%E9%A7%85#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Rikubetsu_Station_of_Hokkaido_Railway.jpg

 十勝毎日新聞が, 「あの時の記憶 陸別,幸せの黄色いハンカチロケ」 と伝えています。


 1977年5月,陸別町企画課で広報を担当していた佐久間幹夫さん(71)に,知人から電話が入った。すぐに駆け付けると駅前は人の山。撮影カメラとライトが囲んだ中央に,高倉健さんと桃井かおりさん,武田鉄矢さんがいた。「びっくりしたよ。陸別にロケが来ることはめったにないから」。駅舎を背景に撮影風景を写真に収め,町の広報誌に掲載した。


 日本映画史に残る名作「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」(山田洋次監督,77年公開)。夕張をはじめ道内各地を舞台に,帯広や新得でもロケが行われたが,十勝管内で最もシーンが多いのが陸別だ。


 映画の内容は,網走刑務所を出所した高倉さん演じる島勇作が,行きずりのカップル(桃井さん,武田さん)と繰り広げるロードムービー。陸別はその中盤に登場し,駅で帯広行きの汽車を待ったり,駅前にあった「かわもと食堂」でカニを食べたりするシーンが撮影された。スタッフは5月5日から数日にわたり,町内の浜田旅館に滞在しながら撮影した。


 なぜ陸別が選ばれたのか-。当時の新聞には「小ぎれいな駅や街に着目してここを選んだ」とスタッフのコメントが載っている。武田さんが演じる欽也がトイレを借り,朱実役の桃井さんの車が牧草に突っ込んだ場面には櫻井牧場(町弥生)が使われた。道内を移動中に探し歩いた中でぴったりの場所だったと,事前に山田監督から手紙が届いた。


-略-
(安田義教)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月24日06時30分の記事


[PR]
by hombetu | 2014-05-24 07:10 | 陸別町の様子 | Comments(0)