人気ブログランキング |

福島千里選手、短距離2冠達成

 幕別町・帯広南商出身の福島千里選手 (北海道ハイテクAC)が、陸上女子の100m・200mの短距離2冠を達成しました。短距離2冠は、福島選手にとって初めて。b0171771_4295762.jpg
 6月10日(金)~12日(日)、陸上の日本選手権が、8月開幕の世界選手権(韓国大邱)代表選考会を兼ねて埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われました。
 2日目の11日、女子100mで、福島選手(北海道ハイテクAC)が優勝。最終日の12日も、福島選手は200mを制し、女子短距離2冠を達成しました。
 2種目とも、福島選手が得意のスタートからの加速で後続を置き去りにして、そのまま危なげなくゴールする圧倒的な展開でした。意外なことに、2冠達成は、福島選手にとって初めて。

◇11日 100m:11秒39
◇12日 200m:23秒44


 福島選手は、陸上女子の100m・200m2種目の日本記録保持者です。
◇100m:11秒21(2010年 織田記念陸上 広島市)
◇200m:22秒89(2010年 静岡国際陸上 袋井市)


 また、今年5月8日、川崎市等々力陸上競技場で行われた陸上セイコー・ゴールデングランプリ川崎で、女子400mリレーに北風沙織選手、高橋萌木子選手、福島選手、市川華菜選手の4人で編成された日本Aチームが、43秒39の日本新記録をマークしています。

 なお、男子100mは江里口匡史選手(大阪ガス)が3連覇しましたが、記録は10秒38と平凡で、同種目はここまで参加標準Bの突破者もいない事態となりました。

写真:女子短距離2冠を達成した福島千里選手
by hombetu | 2011-06-12 20:04 | 活躍しています | Comments(0)