b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_02433611.jpg
柏林公園(大樹町)=2016年5月撮影

 9月16日,大樹町で 柏林公園まつり が,柏林公園で開かれました。
 恒例の「秋あじつかみ取り」では,先着100人の子どもたちがいけすに放たれた大樹漁協提供の秋サケを懸命に追いかけました。

b0171771_02445366.jpg
柏林公園(大樹町)
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「秋サケつかみ取りで奮闘 大樹で柏林公園まつり」 と伝えています。
 【大樹】柏林公園まつり(町,町観光協会主催)が16日,柏林公園で開かれた。

 恒例の「秋あじつかみ取り」では,先着100人の子どもたちがいけすに放たれた大樹漁協(神山久典組合長)提供の秋サケを懸命に追いかけた。中には秋サケを肩に担いだり,あまりの大きさに泣き出す子どももいて,会場は盛り上がった。

-略-

 会場では大樹の味覚が勢ぞろい,町民による一坪ショップ,宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設所在自治体で作る「銀河連邦」の物産展も人気を集めた。

(船水よう子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月15日18時30分の記事
[PR]
b0171771_05173569.jpg
本別町中央公民館
=2017年9月撮影

 9月15日,本別町の今年度の 開町記念式典 が,町中央公民館で開かれました。
 関係者約70人が出席し,開拓以来117年の歩みに感謝し,まちづくりに尽くした6人の功労者を表彰しました。

b0171771_05163790.jpg
本別町役場
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「開町記念式典-本別」 と伝えています。
 ◆開町記念式典-本別
 今年度の開町記念式典が15日,町中央公民館で開かれた。

 関係者約70人が出席。開拓以来117年の歩みに感謝し,まちづくりに尽くした6人の功労者を表彰した。

 高橋正夫町長が式辞を述べ,受賞者を代表して前副町長の砂原勝さん(71)=南3=が「きょうの感激を胸に,それぞれの立場で地域貢献に何かできるのかを考え,努力していきたい」と述べた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月17日10時30分の記事
[PR]
b0171771_05510204.jpg
道の駅ピアしほろ21=2017年8月撮影

 9月16日, 「しほろじゃがいもまつり2018」 が,士幌町の道の駅ピア21で開かれました。
 士幌特産で旬を迎えたジャガイモをテーマに,販売会や屋台,ステージイベントなど多彩な催しが繰り広げられ,多くの来場者でにぎわいました。
 会場には屋台がずらりと並び,いも餅やカレー,スープなどジャガイモを使った特製の料理を販売。ジャガバターも振る舞われ,多くの人が列をつくりました。

b0171771_05513301.jpg
道の駅ピアしほろ21=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「イモづくし満喫 『じゃがいもまつり』 道の駅 士幌」 と伝えています。
 【士幌】「しほろじゃがいもまつり2018」が16日,町内の道の駅ピア21で開かれた。町特産で旬を迎えたジャガイモをテーマに,販売会や屋台,ステージイベントなど多彩な催しが繰り広げられ,多くの来場者でにぎわった。

 ジャガイモの収穫期に合わせて昨年始まった。会場には屋台がずらりと並び,いも餅やカレー,スープなどジャガイモを使った特製の料理を販売。ジャガバターも振る舞われ,多くの人が列をつくった。ヨサコイ踊りやバトン演技も行われ,会場を盛り上げた。

  ジャガイモの詰め放題は開始直後から長い列ができる人気ぶり。男爵とホッカイコガネの2品種が用意され,来場者はコンテナの中へ手を伸ばしながら袋いっぱいに詰めていた。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月16日18時00分の記事
[PR]
b0171771_05480370.jpg
羊牧場「ボーヤ・ファーム」=2016年8月撮影

 9月8日,池田町様舞の羊牧場の放牧地でヒグマに襲われたとみられる家畜の死骸が発見されたことを受け,町が設置した箱わなに ヒグマ1頭がかかり駆除 しました。
 町は近く駆除したヒグマの胃などを試料として道立総合研究機構に提供します。

b0171771_05473802.jpg
羊牧場「ボーヤ・ファーム」=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「様舞の羊放牧地でヒグマ1頭捕獲 池田」 と伝えています。
 【池田】町内の羊牧場の放牧地(様舞)でヒグマに襲われたとみられる家畜の死骸が発見されたことを受け,町が設置した箱わなに8日午前,ヒグマ1頭がかかり,駆除した。町は近く駆除したヒグマの胃などを試料として道立総合研究機構(道総研,札幌)に提供する。

 町によると,駆除したヒグマは雄で,体長170センチ,体重157キロ,前掌幅15センチ,後ろ足長24センチ。8日午前8時ごろ,町が5日午後に仕掛けた箱わなにかかっていた。道猟友会池田支部池田部会(三坂一茂会長)が,町,放牧地を所有する町清見の羊牧場「ボーヤ・ファーム」の安西浩代表らの立ち会いの下,駆除した。

 この放牧地では,今年6月以降に数十匹の羊が行方不明となっており,8月末から今月1日にかけて羊の死骸やヒグマと思われる足跡が相次いで確認されていた。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月09日18時00分の記事
[PR]
b0171771_04555423.jpg
参考写真:ニンジン
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/94/Mrkva.JPG/1024px-Mrkva.JPG

 帯広市中心部の 広小路商店街で 飲食店「結 YUI」を経営する本間辰郎さんが呼び掛け人となり,市内の農業経営者2人の賛同を得て,商店街の「ギャラリー光影」前で,10日から17日まで 野菜の直売 が行われいます。
 愛国町のやぶ田ファーム,美栄町の森田農園が参加し,藪田さんはニンジン,長ネギ,加工した豆などを,森田さんは数種類のイモやニンニクなど,自慢の農産物を販売しています。

b0171771_05422634.jpg
広小路商店街
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「広小路で農家が『八百屋』開設」 と伝えています。
 帯広の中心街に交流もできる八百屋を-。帯広市中心部の広小路商店街で飲食店「結 YUI」を経営する本間辰郎さんが呼び掛け人となり,市内の農業経営者2人の賛同を得て,同商店街の「ギャラリー光影」(婦人服「こうえい」跡)前で,10日から17日まで野菜の直売が行われている。

 本間さんは「農家の人を主体としたつながりを」と発案。アーケードがあり,どんなときでも集まることができる広小路の特性を生かし,「農家と触れ合い,交流も図れる場所を中心街で作れば活性化にもなる」とコミュニティー構築の可能性を探っている。

 愛国町のやぶ田ファーム(藪田秀行代表),美栄町の森田農園(森田博之代表)が参加。藪田さんはニンジン,長ネギ,加工した豆などを,森田さんは数種類のイモやニンニクなど,自慢の農産物を販売。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月16日9時08分の記事
[PR]
b0171771_05082914.jpg
正造さんが住む野中温泉(足寄町)
=撮影

 9月14日,道は,道内長寿者の概要を発表しました。
 男性世界最高齢者でもある113歳の足寄町の 野中正造さんが男性最高齢 ,陸別町の111歳の 千葉タリさんが女性で2位 となりました。
 振興局別の100歳以上高齢者数では,十勝は男性が51人でトップ。女性は213人で2位でした。

b0171771_11060451.jpg
陸別町の牧場風景=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「陸別の千葉さん 女性2位 男性1位は足寄の野中さん 道内長寿者」 と伝えています。
 【札幌】道は14日,道内長寿者の概要を発表した。男性世界最高齢者でもある足寄町の野中正造さん(113)が男性最高齢,陸別町の千葉タリさん(111)が女性で2位となった。振興局別の100歳以上高齢者数では,十勝は男性が51人でトップ。女性は213人で2位,合計数も264人で2位だった。

 「老人の日」(15日)に合わせ,15日時点の年齢を基礎として今月1日現在の長寿者をまとめた。道内の100歳以上は男性463人(前年比40人増),女性2950人(同247人増)の計3413人(同287人増)となった。

 女性最高齢はオホーツク管内美幌町の稲垣セキさん(111)。夫婦ともに100歳以上は3組だった。

-略-

 日本人の平均寿命(2017年)は男性81・09歳,女性87・26歳。(

(津田恭平)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月14日13時00分の記事
[PR]
b0171771_04542759.jpg
参考写真:パン作り(冷却過程)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3

 9月2日,陸別町社会福祉協議会は,農畜産加工研修センターで 「ふれあいパン教室」 を開いた。
 10人が参加し,「くるみパン」と「くるみチーズパン」に挑戦しました。
b0171771_04593074.jpg
陸別農畜産加工研修センター=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「陸別で『ふれあいパン教室』」 と伝えています。
 【陸別】町社会福祉協議会(澤村壽展会長)は2日,農畜産加工研修センターで「ふれあいパン教室」を開いた。

 10人が参加。自宅で手ごねパン教室「Olive green」を主宰する天野雅美さん(音更町在住)が講師を務めた。  

「くるみパン」と「くるみチーズパン」に挑戦。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月13日6時10分の記事
[PR]
b0171771_04352678.jpg
参考写真:枝豆
=2017年8月,本別町で撮影

 全国一の生産量を誇る 中札内村の 枝豆の収穫がピーク を迎えています。
 24時間態勢でハーベスターが刈り取った実がトラックで続々と加工処理施設に運ばれ,鮮度を保ったまま瞬間冷凍されています。
 収穫作業はJA中札内村の職員により8月28日から始まっています。

b0171771_04365418.jpg
JA中札内村
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「枝豆収穫ピーク ハーベスターで続々と 中札内」 と伝えています。
 【中札内】全国一の生産量を誇る中札内村の枝豆の収穫がピークを迎えている。24時間態勢でハーベスターが刈り取った実がトラックで続々と加工処理施設に運ばれ,鮮度を保ったまま瞬間冷凍されている。

 収穫作業はJA中札内村の職員により8月28日から始まった。6日の胆振東部地震による停電の影響で加工施設が稼働せず収穫遅れも心配されたが,最近の好天で作業は順調に進んでいるという。

-略-

 今年は5月に村内農家121戸が段階的に計570ヘクタールに作付けした。収穫作業は今月19日ごろまでと見込んでいる。村内の枝豆は「中札内村えだ豆」として今年,特許庁の地域団体商標に登録された。

(高津祐也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月13日19時30分の記事
[PR]
b0171771_221127.jpg
「バナナ饅頭」(上外装/下内部)=2017年8月撮影
b0171771_2213578.jpg
  9月11日夜に放送されたTBS系のバラエティー番組「マツコの知らない世界」で,池田町を代表する銘菓で,土産物として100年以上親しまれ続ける 「バナナ饅頭」が紹介 され,一躍,全国規模で脚光を浴びる格好となりました。
 放送翌日の12日,バナナ饅頭を製造・販売する米倉商店が経営する「れすとらん よねくら」では,饅頭が次々に売れていました。

b0171771_18550084.jpg
「れすとらん よねくら」
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「銘菓『バナナ饅頭』一躍脚光 池田」 と伝えています。
 【池田】池田町を代表する銘菓で,土産物として100年以上親しまれ続ける「バナナ饅頭(まんじゅう)」が11日夜に放送されたTBS系のバラエティー番組「マツコの知らない世界」で紹介され,一躍,全国規模で脚光を浴びる格好となった。

 番組では「おみやげ饅頭の世界」と題したコーナーでバナナ饅頭(1905年販売開始)が取り上げられ,日本旅行記者クラブ会員で全国の饅頭を知る中尾隆之さんがご当地饅頭などを紹介した。中尾さんと司会進行のマツコ・デラックスさんが実際に食べ,「おいしい」と絶賛した。

 放送翌日の12日,バナナ饅頭を製造・販売する米倉商店が経営する「れすとらん よねくら」(米倉寛之社長,JR池田駅前)は大勢の客でにぎわい,饅頭が次々に売れた。幕別町から訪れた中島めぐみさん(45)は「テレビを見て食べたくなったので,昼食がてら来ました」。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月13日10時55分の記事
[PR]