b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_04114897.jpg
本別町中央公民館
=2017年2月撮影

 1月10日,第25回 子ども百人一首大会第44回 子ども将棋大会 が,本別町中央公民館と町老人福祉センターで開かれました。
 百人一首は小学2年生から中学1年生までの24人,将棋には小学2,6年生の4人が参加し,熱戦を繰り広げました。

b0171771_04125864.jpg
本別
町老人福祉センター=2017年2月撮影

十勝毎日新聞が, 「将棋百人一首大会 本別」 と伝えています。
 【本別】第25回子ども百人一首大会と第44回子ども将棋大会(町地域子ども会育成連絡協議会主催)が10日,町中央公民館と町老人福祉センターで開かれた。

 百人一首は小学2年生から中学1年生までの24人,将棋には小学2,6年生の4人が参加。同協議会の久能利幸会長による開会あいさつの後,それぞれ熱戦を繰り広げた。

 百人一首は1チーム3人編成で,児童館などの7チームがトーナメント戦を実施。参加者は,指導者の山田英雄さんらが読む下の句に集中し,木札を取り合った。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年01月13日20時00分の記事
[PR]
b0171771_03393922.jpg
広畜産大学講堂
=2014年1月撮影

 1月11日,帯広畜産大学で同大卒業生で福島県飯舘村の 菅野典雄村長が講演 しました。
 1年生対象のキャリア教育の一環。一般市民を含め約250人が参加しました。

b0171771_11481181.jpg
参考写真:飯舘村役場
=2008年11月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E8%88%98%E6%9D%91

 十勝毎日新聞が, 「飯舘村村長が講演」 と伝えています。
 帯広畜産大学で11日,同大卒業生で福島県飯舘村の菅野典雄村長(72)が講演した。

 1年生対象のキャリア教育の一環。一般市民を含め約250人が参加した。

 飯舘村は2011年の福島第1原発事故で全村避難を余儀なくされた。17年3月に避難指示が解除されたが,帰村率は2割に達していない。菅野村長は「起きてしまったことを悔いても解決しない。現実をどう乗り越えるか考えることが大切」と強調した。

-略-

(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年01月12日9時44分の記事
[PR]
b0171771_03423961.jpg
浦幌町中央公民館
=2016年5月撮影

 昨年12月18日,浦幌消費者協会の 道産米を使った料理講習会 が,浦幌町中央公民館で開かれました。
 参加者は,道産米「ゆめぴりか」を使用した花寿司と軍艦巻き,海鮮ドリア,米粉を使った海老と野菜のライスペーパー巻き,和風ビーフンスープ,白玉フルーツポンチの5品を調理しました。

b0171771_07465337.jpg
参考写真:寿司(軍艦巻き、握り
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E5%8F%B8

 十勝毎日新聞が, 「道産米料理を堪能 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】浦幌消費者協会(福原仁子会長,会員71人)の道産米を使った料理講習会が,町中央公民館で開かれた。

 北海道米販売拡大委員会の協力で,同協会が主催。昨年12月18日に実施した。会員25人が参加し,会員で料理愛好家の坂下禮子さんと松原賀子さんが講師を務めた。

 参加者は5班に分かれて1品ずつを担当。道産米「ゆめぴりか」を使用した花寿司と軍艦巻き,海鮮ドリア,米粉を使った海老と野菜のライスペーパー巻き,和風ビーフンスープ,白玉フルーツポンチの5品を調理した。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年01月11日10時00分の記事
[PR]
b0171771_03344148.jpg
JA本別町
=2014年8月撮影
 
 JA本別町青年部所属の河野綜太さんが,札幌市内で開かれた 「2018 純農Boy北海道オーディション」 で,十勝初の 準グランプリを受賞 しました。
 このオーディションは農業に熱い思いを持つ男性を「純農Boy」として表彰する,道農協青年部協議会の6年目の取り組みです。

 十勝毎日新聞が, 「本別 純農Boy河野さん」 と伝えています。
【本別】JA本別町青年部所属の河野綜太さん(22)=町勇足=が,札幌市内で開かれた「2018 純農Boy北海道オーディション」で,十勝初の準グランプリを受賞した。「機会があれば十勝農業のPRに協力したい」と話している。

 同オーディションは農業に熱い思いを持つ男性を「純農Boy」として表彰する,道農協青年部協議会の6年目の取り組み。優勝者はメディアに登場して北海道農業のPRを担う。全道12地区から各1人が選ばれ,昨年12月6,7日,面接やパフォーマンスで競った。

 河野さんは帯広農業高校を卒業後,20歳で実家に就農。ビートや小麦の畑作5品を扱っている。面接では青年部活動で行う高校生の受け入れについて語り,「農業に触れることで都会の若者たちの価値観が変わり,農産物や食への興味も持ってもらえることを伝えた」という。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版,/2019年01月10日8時30分の記事

[PR]
b0171771_09443593.jpg
道の駅しかおい=2017年2月撮影

 昨年12月23日, 鹿追焼き マグカップの販売会 が,道の駅しかおいで開かれました。
 鹿追焼きは,町内で産出する良質な粘土を使用し,地元工芸品として定着していて,開店前から来場客の列ができました。

b0171771_09470357.jpg
「鹿追焼き」マグカップ
=2017年2月,道の駅しかおいで撮影

 十勝毎日新聞が, 「鹿追焼きの販売会 道の駅しかおい」 と伝えています。
 【鹿追】鹿追焼きマグカップの販売会が昨年12月23日,道の駅しかおいで開かれた。開店前から来場客の列ができ,お気に入りのマグカップを買い求めた。

 鹿追焼きは,町内で産出する良質な粘土を使用。地元工芸品として定着している。町陶芸工作館の鹿追窯で製作され,200個限定1個500円で格安販売した。

 マグカップは20種類で,大きさや形などがそれぞれ異なり個性的な作品。製作した町商工観光課の三上一正陶芸係長と江口敬生さんは「多くの人に使っていただき喜んでもらいたい」と話した。

-略-

(大井基寛通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年01月05日12時38分の記事
[PR]
b0171771_09434054.jpg
十弗駅看板
=2017年8月撮影
 豊頃町内にあるJR根室線十弗(とうふつ)駅のプラットホームに, 10ドル紙幣をモチーフにした看板 が,閑静な無人駅で異彩を放っています。
 「十弗」が「十$」に見えることから,2007年7月,JR北海道釧路支社が金運を高める駅としてPRするために設置しました。

b0171771_09432196.jpg
JR十弗駅
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「異彩の『10$』看板」 と伝えています。
◆まちの穴場
異彩の「10$」
看板■JR根室線 十弗駅

 豊頃町内にあるJR根室線十弗駅のプラットホーム。10ドル紙幣をモチーフにした看板が,閑静な無人駅で異彩を放っている。

 「十弗」が「十$」に見えることから,2000年7月,JR北海道釧路支社が金運を高める駅としてPRするために設置した。縦90センチ横2・7メートル高さ2メートル。10ドル札を模した横看板で,「十弗は10$駅」のキャッチコピーと特急やSLの図案が施してある。

 設置から20年近くが経過し,多少色あせた感は否めないが今も健在。地域住民の平井昭徳さん(78)は「設置当初の人気はすごかった。今でも夏になると,自転車で立ち寄る人の姿を見かける」と語る。

-略-

(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年12月31日17時57分の記事
[PR]
b0171771_09255908.jpg
十勝ワイン=2014年1月,とかち村で撮影

 1月3日,池田町のワイン城は, 平成最後の初売り となる新春特別営業を行いました。
 秘蔵のビンテージワインを今年の年号にちなみ「2019円」で抽選販売し,十勝ワインや池田町の特産品が入った福袋もありました。
b0171771_09250461.jpg
池田ワイン城
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ワイン城で平成最後の初売り 池田」 と伝えています。
 【池田】ワイン城(町清見)は3日,平成最後の初売りとなる新春特別営業を行った。秘蔵のビンテージワインを今年の年号にちなみ「2019円」で抽選販売した。十勝ワインや池田町の特産品が入った福袋もあり,大勢のワイン愛好家らで賑わった。

 午前10時の開店前から大勢の来場者が列をつくり,75個の福袋は30分で完売。同10時半からの抽選販売には102人が参加した。

 1990年代後半から2000年代に醸造した「アムレンシス」「清見」などの16本の他,平成最後の秘蔵ワインとして89年産の「アムレンシス」(1本),96年,98年産の「清見」(各3本)も登場し,十勝ワインのファンを喜ばせた。

-略-

(水上由美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年01月06日10時32分の記事
[PR]
b0171771_09122136.jpg
参考写真:トウキ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%AD

 昨年11月,,陸別町の地域おこし協力隊の日向優さんが,陸別町農畜産物加工研修センターで 薬膳の試食会を実施 して,集まった参加者を前料理を振る舞いました。
 「トウキ葉のペペロンチーノスパゲティ」「キキョウのキムチ」など5品で,植物を蒸留してアロマオイルなどに用いられる「精油」の抽出も披露しました。

b0171771_09132813.jpg
陸別町農畜産物加工研修センター
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「陸別町『薬草栽培で地域おこし』」 と伝えています。
◆食でふるさと発信
■薬膳料理の試食会を開いた 日向優さん(35)


 昨年11月,陸別町農畜産物加工研修センターに集まった参加者を前に薬膳料理を振る舞った。「トウキ葉のペペロンチーノスパゲティ」「キキョウのキムチ」など5品。「体が温まる食材も使われている」。

 主催者の日向優さんは一昨年から,町の地域おこし協力隊として薬用植物の栽培研究に携わっている。薬膳の試食会は,この事業の周知を目的に初開催し,植物を蒸留してアロマオイルなどに用いられる「精油」の抽出も披露した。

 ビーカーを手に,化学実験はお手のもの。前職は大手製薬メーカーの研究員,薬学に関わる博士でもある。「何となく薬剤師になろうと大学に進み,いつしか薬の研究者に。もう少し広い視野で人の役に立ちたかった」と語る。移住フェアを通じ,陸別の生き生きした人たち,町のフィーリングが気に入った。

-略-

(木村仁根)


<ひなた・ゆう>
 1983年,札幌市生まれ。札幌開成高,北大薬学部卒。同大学院(博士・生命科学)を修了し,大阪の製薬会社へ。2017年10月,陸別町の地域おこし協力隊に転身。製薬会社でも同僚だった妻美紀枝さんも協力隊で観光事業を担当している。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年12月17日57時分の記事
[PR]
b0171771_02212103.jpg
参考写真:パンチボウルから望むハワイ州議会議事堂
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4%E5%B7%9E

 中札内村は今年から米国ハワイ州との 国際交流事業を本格化 させます。
 中札内中学校とハワイ州のエバマカイ中学校の生徒が互いに出向き交流する計画です。
 将来的には観光や芸術文化などの分野でつながりを深め,村の活性化と観光客の誘致につなげたい考えです。

b0171771_09491981.jpg
中札内中学校
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「今年からハワイ州と国際交流 中札内」 と伝えています。
 【中札内】村は今年から米国ハワイ州との国際交流事業を本格化させる。中札内中学校と現地の学校の生徒が互いの地域に出向き交流する。将来的には観光や芸術文化などの分野でつながりを深め,村の活性化と観光客の誘致につなげたい考えだ。

 村では昨年度までの20年以上にわたり,米国エルマ市やオーストラリアのモルヤ市と中学生派遣による交流をしていた。先方の都合で今年度から実施できなくなり,新たな交流先を模索。道が昨年,ハワイ州と姉妹提携を結んだこともあり,同州のエバマカイ中学校との交流を決めた。

 3月に中札内中2年生7人を現地に派遣。ホームステイや授業体験のほか,地域のボランティア活動などで住民と交流する。来年度はハワイ州から生徒が来村予定で,冬場の景観ツアーやスケートなどのスポーツ,芸術文化などを味わってもらう。

-略-

(高津祐也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年01月05日18時00分の記事
[PR]