b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_03225495.jpg
JAさらべつ
=2017年2月撮影

 7月13日, JAさらべつの 創立70周年式典 が,開かれ,来賓や組合員ら130人が出席し,節目を祝いました。
 JAさらべつは,1948年に設立し,2017年度の農畜産物販売高は140億5200万円で,一戸当たりの耕作面積は50ha以上で道内平均を上回ります。

b0171771_03222949.jpg
JAさらべつ
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「70年の節目盛大に祝う JAさらべつ」 と伝えています。
 【更別】JAさらべつ(若園則明組合長)の創立70周年式典が13日,同JAで開かれた。来賓や組合員ら130人が出席し,節目を祝った。

 若園組合長は「先人に残していただいた肥沃(ひよく)な大地と協同組合の相互の精神を次世代につなげ,役職員が一丸となってまい進していく」と式辞。元役員や取引先に感謝状が贈られ,前組合長の細矢芳己さんが謝辞を述べた。

-略-

 同JAは1948年設立。2016年には種イモ選別機が導入され,昨年は哺育・育成牛預託施設が完成した。17年度の農畜産物販売高は140億5200万円。一戸当たりの耕作面積は50ヘクタール以上で道内平均を上回る。

-略-

(高津祐也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月14日10時28分の記事
[PR]
b0171771_02495870.jpg
巡視船とかち
=2018年5月撮影

 広尾海上保安署は,8月4日に開かれる 第63回十勝港まつり で, 巡視船「とかち」の体験航海 を行います。
 体験航海は1日3回実施し,定員は各回80人の計240人で,1時間程度,沖を航海する予定です。

b0171771_02463650.jpg
十勝港
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「港まつりで巡視船とかち体験乗船 広尾」 と伝えています。
 【広尾】広尾海上保安署(下矢浩介署長)は8月4日に開かれる第63回十勝港まつりで,巡視船とかちの体験航海を行う。主催する同まつり協賛会は,乗船希望を今月17日から受け付ける。

 体験航海は1日3回,午前10時~,午後0時半~,午後2時半~。定員は各回80人の計240人。先着で定員になり次第締め切る。1時間程度,沖を航海する予定。

 巡視船とかちは昨年新造船に代わり,10月から広尾海保で運用されている。新とかちになってから,体験航海の募集は初めて。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月13日11時40分の記事
[PR]
b0171771_06301153.jpg
ナイタイ高原牧場
=2016年8月撮影

 7月12日,「地方創生」をテーマとした大人向けの 社会塾「かみしほろ塾」の 専門講座 が,上士幌町内の生涯学習センターでスタートしました。
 初日は入門向けの写真講座を開催し,町内を中心に約20人が,カメラの使い方や撮影の基礎についてプロカメラマンから学びました。
 13,14日は泊まりがけで,ナイタイ高原牧場やタウシュベツ川橋梁などの自然風景も撮影します。

b0171771_06292859.jpg
タウシュベツ川橋梁
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「かみしほろ塾 専門講座スタート 写真撮影学ぶ」 と伝えています。
 【上士幌】「地方創生」をテーマとした大人向けの社会塾「かみしほろ塾」の専門講座が12日午後,町内の生涯学習センターでスタートした。初日は入門向けの写真講座を開催。町内を中心に約20人が,カメラの使い方や撮影の基礎についてプロカメラマンから学んだ。

 かみしほろ塾は,町がまちづくりで重点に掲げる生涯学習推進のために展開する学びの場。主催者を代表し町の千葉与四郎副町長が「撮影技術を磨き,上士幌の良いところをカメラのレンズを通じて再発見してほしい」とあいさつした。

 講師は,首都圏で活動するプロカメラマンの川名廣義さんと望月久さん。ピントの合わせ方や構図のポイントなどを説明した。実習では,同センター周辺の花壇や園庭で遊ぶ子どもたちを撮影。

-略-

 13,14日は泊まりがけで,ナイタイ高原牧場やタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)などの自然風景も撮影する。写真講座はこの後5回予定している。専門講座は,18日にフードコーディネーター川端美枝さんを招いた料理講座が開かれる。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月12日18時00分の記事
[PR]
b0171771_04233420.jpg
豊頃町図書館
=2012年9月撮影

 7月15日,絵本セラピストの小笠原志穂さんを講師に招いて 「絵本セラピー講座」 が,豊頃町内のえる夢館で開かれます。
 当日は,参加者に絵本を読み聞かせしたり,気持ちを整えるアドバイスをする予定です。

b0171771_04184102.jpg
豊頃町える夢館
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「15日に絵本セラピー講座 豊頃」 と伝えています。
 【豊頃】絵本セラピストの小笠原(旧姓吉村)志穂さんを講師に招いた「絵本セラピー講座」(町図書館主催)が15日午後1時半,町内のえる夢館で開かれる。

 小笠原さんは,豊頃町出身で現在は檜山管内今金町在住。当日は参加者に絵本を読み聞かせ,思いを共有し,気持ちを整えるアドバイスをする。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月11日11時12分の記事
[PR]
b0171771_05101298.jpg
参考写真:京都府立医科大学・旧付属図書館
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E7%AB%8B%E5%8C%BB%E7%A7%91%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 7月6~8の3日間, 地域医療の体験プログラム「星空キャンプ」 が,本別町美里別地区公民館をメイン会場に行われました。
 道内外から医学生や看護学生,保健師ら26人が参加し,地域包括ケアシステムなどについて理解を深めました。
 山根由起子京都府立医科大学特任助教らが,講義を行いました。

b0171771_05094133.jpg
美里別地区公民館(旧
美里別小学校=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「地域医療を学ぶ 本別・星空キャンプ」 と伝えています。
 【本別】地域医療の体験プログラム「星空キャンプ」が6~8の3日間,町美里別公民館をメーン会場に行われた。道内外から医学生や看護学生,保健師ら26人が参加し,地域包括ケアシステムなどについて理解を深めた。

 昨年に続いて2回目。本別町と関わりが深い,諏訪中央病院(長野県茅野市)鎌田實名誉院長が所長を務める「地域包括ケア研究所」(本部東京)の主催。

 山根由起子京都府立医科大特任助教らの講義や,地域医療の魅力や課題を理解するワークショップを実施した。

-略-

(松本佳久通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月10日15時00分の記事
[PR]
b0171771_09105926.jpg
参考写真:アラスカ州スワード市
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89_(%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AB%E5%B7%9E)

 7月9日,米国アラスカ州スワード市との国際姉妹都市締結50周年を記念し 帯広市がスワード派遣する 訪問団の結団式 が,帯広市役所で行われました。
 帯広,スワードの両市は1968年に姉妹都市締結され,今回は市民や関係機関の代表ら10人が,8月15~23日にスワード市を訪れる予定です。

b0171771_05135103.jpg
帯広市役所=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「スワード訪問団が結団式」 と伝えています。
 米国アラスカ州スワード市との国際姉妹都市締結50周年を記念し帯広市がスワード派遣する訪問団の結団式が9日,市役所で行われた。

 帯広,スワードの両市は1968年に姉妹都市締結。73年から高校生の相互派遣やイベントなどを通して交流を深めてきた。今回は50周年の節目を記念し,市民や関係機関の代表ら10人が,8月15~23日にスワード市を訪れる。

 結団式では,訪問団長を務める米沢則寿市長が「交流の絆が深まるよう尽力を。(現地では)アウトドア観光のヒントをつかみたい」とあいさつした。

-略-

(本田龍之介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月10日12時19分の記事
[PR]
b0171771_01072891.jpg
菓子店「松月堂」
=2014年1月撮影

 7月6日,創業100周年 を迎えた本別町内の 菓子店「松月堂」 は,記念事業として通常500円の人気商品「しふぉんけ~き」ハーフサイズを100円で100個販売しました。
 格安販売は,町内の恒例イベント「第43回夜でかけナイト」に合わせて行われ,午後6時のスタートから15分で売り切れました。

 十勝毎日新聞が, 「名物ケーキ格安販売に列 本別・創業100年の松月堂」 と伝えています。
 【本別】創業100周年を迎えた町内の菓子店「松月堂」(北3,佐藤隆史社長)は6日,記念事業として通常500円の人気商品「しふぉんけ~き」ハーフサイズを100円で100個販売。店先には長い列ができた。

 同店は1917(大正6)年,神奈川県の菓子店で働いていた創業者佐藤竹次郎さんが開業。現在の隆史社長(37)は4代目となり,しふぉんけ~きは病床の父喜一郎さんからレシピを聞き取って継承した形見の商品でもある。

 格安販売は,町内の恒例イベント「第43回夜でかけナイト」に合わせて行われ,午後6時のスタートから15分で売り切れた。佐藤社長は「第1弾の感謝企画。町のにぎわいにも貢献できればうれしい。赤字ですが」と笑顔を見せた。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月08日6時30分の記事
[PR]
b0171771_01260456.jpg
ひまわり牧場(本別町西美里別)
=2014年8月撮影

 8月11,12日,JA本別町職員らの有志グループは,町内の西勇足196-5に 「ひまわり農園」を開園 します。
 昨年まで「ひまわり迷路」を運営していた町内の背戸田利光さんが亡くなり「本別のまちおこし行事がなくなるのは寂しい」と遺志を継ぎ,形を変えて復活させることになりました。

b0171771_01254593.jpg
故背戸田利光さん(右)
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「8月に収穫体験のひまわり農園 本別」 と伝えています。
 【本別】JA本別町職員らの有志グループは8月11,12日,町西勇足196-5に「ひまわり農園」を開園する。昨年まで「ひまわり迷路」を運営していた町内の背戸田利光さんが亡くなり「本別のまちおこし行事がなくなるのは寂しい」と遺志を継ぎ,形を変えて復活させる。農園にはヒマワリのほか,亜麻,ジャガイモ,カボチャなどが植えられ,観光農園として景観と収穫体験が楽しめる2日間とする。

 ひまわり迷路は,かつて17年続いた「とうもろこし3万坪迷路」終了後の2005年に始まった。昨年,主導してきた背戸田さんが亡くなり,今年の町内の同イベントは中止に。「迷路は本別の夏の風物詩であり,何とか続けたい」と同JA職員の糸納正仁さんや富川寛弘さんら有志11人が「ひまわり部会」を立ち上げ,農園を企画した。

 会場となるほ場は「佐野ファーム」(佐野政利代表)が提供。有志らは当初,「迷路」を考えていたが「面積は限られているので,それならば景観と収穫も楽しめる農園に」(糸納さん)と形態を変えた。

-略-

 ひまわり迷路をめぐっては,8月に背戸田さんと親交のあった帯広市広野町の農家仁田義勝さんが自身の畑で開催するほか,来夏には本別の農家前田茂雄さんが町内で復活させる計画を持つ。

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月06日9時00分の記事
[PR]
b0171771_08073353.jpg
参考写真:「ラピスラズリ」の原石
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%94%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%AA

 7月7日,足寄動物化石博物館とりくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台は,天文台で,地球と小惑星に見立てた鉱物が入った 発掘キット「惑星をほろう」 の限定販売を始めました。
 5年目の夏の企画で,今回は,青色の顔料にも用いられる「ラピスラズリ」を球状に研磨した鉱物とサハラ砂漠産の隕石を使用しています。

b0171771_08055755.jpg
足寄動物化石博物館
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「発掘キットを限定販売 足寄・陸別」 と伝えています。
 【足寄・陸別】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)とりくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)は7日,同天文台で,地球と小惑星に見立てた鉱物が入った発掘キット「惑星をほろう」の限定販売を始めた。

 両施設の包括連携協定に基づく夏の企画で,5年目。14日からは同博物館でも発売する。

 今回は,青色の顔料にも用いられる「ラピスラズリ」(和名・瑠璃=るり,直径約3センチ)を球状に研磨した鉱物とサハラ砂漠産の隕石(約1センチ)を使用。それぞれ地球と小惑星に見立て,模造岩(長さ12センチ,幅8センチ,高さ5センチ)のブロックに埋め込んだ。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年07月06日19時30分の記事
[PR]