b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_05030751.jpg
音更高校
=2018年5月撮影

 11月10日、音更高校開放講座 「大人のためのジャンボ書道講座」 が、音更高校書道教室で開かれました。
 音更高の比企絢子教諭が指導し、受講者は三尺四尺判(幅90cm長さ1.2m)の半紙に、全身を使って大きな筆を操り、思い思いに5枚ずつを一気に書き上げました。

 十勝毎日新聞が, 「ジャンボ書道に挑戦 音更」 と伝えています。
 【音更】音更高校開放講座「大人のためのジャンボ書道講座(大字書・前衛書)」が10日、同校書道教室で開かれた。

 町教委との共催。同校の比企絢子教諭が指導し、書道部の福田菜瑚未部長(17)と宮田沙奈副部長(17)=いずれも2年=がサポートした。

 受講した町内の小口泰江さん(64)と高橋京子さん(55)は、三尺四尺判(幅90センチ長さ1・2メートル)の半紙に、全身を使って大きな筆を操り、思い思いに「音」「心」「花」や孫の名前など5枚ずつを一気に書き上げた。

-略-

(村西信一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月14日13時43分の記事
[PR]
b0191190_03095138.jpg
銀河の森天文台=2018年5月撮影

 11月10日,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で, 「驚き! おもしろ科学実験2018」 が開かれ,家族連れら約200人が来館しました。
 イベント運営には北大,名古屋大,北見工大の教員や学生による実験コーナーのほか,今年は町の地域おこし協力隊のメンバーや陸別中学校ボランティア部の4人も協力しました。

b0191190_03110758.jpg
陸別中学校
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「おもしろ科学実験楽しむ 銀河の森天文台 陸別」 と伝えています。
 【陸別】りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)で10日,「驚き! おもしろ科学実験2018」が開かれた。

 家族連れら約200人が来館。イベント運営には北大,名古屋大,北見工大の教員や学生による実験コーナーのほか,今年は町の地域おこし協力隊のメンバーや陸別中学校ボランティア部の4人も協力した。

 実験は,紙粘土でつくった山の頂上から液体が噴出する噴火や,ペットボトル中のロケットが圧力で上下に動く「空気のゆれ」の確認など。

-略-

(津田久美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月14日10時00分の記事
[PR]
 
b0171771_03435832.jpg
文芸誌「沖積土」49号
=2018年11月撮影

 本別町教育委員会は, 町民文芸誌「沖積土」 の第49号を発刊しました。
 町民や町にゆかりのある人の短歌や俳句,詩,エッセー,絵など約50編を収めている。特集は次号へと続く『戦争』がテーマで,今号には22編が寄せられました。
 町中央公民館で販売しています。

 私(ブログ作成者) は,毎年,故郷の「沖積土」を読ませていただいています。
 今号は,特集のテーマが『戦争』で,本別空襲を扱った作品を読むと,私が生まれ育った本別でも,戦争があり,機銃等で40名の方が命を落とし,焼夷弾で町が焼失ことを,体験された人の証言で確認することができました。
 次の50号の発刊も,期待しています。

 
b0171771_04381270.jpg
本別町中央公民館
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「町民文芸「沖積土」発刊 本別」 と伝えています。
 【本別】町教育委員会は,町民文芸誌「沖積土(ちゅうせきど)」の第49号=写真=を発刊した。

 沖積土編集委員会(和田優江委員長)が編集した。町民や町にゆかりのある人の短歌や俳句,詩,エッセー,絵など約50編を収めている。

 特集は次号へと続く「戦争」がテーマ。今号には22編が寄せられ,「勝つまでは」を合言葉に軍需工場で戦闘機の部品を作り続けた東京での様子や,操縦士の顔も見えた本別空襲など,薄れつつある戦争を丁寧に掘り起こした。

-略-

 町中央公民館(0156・22・5111)で販売している。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月07日15時30分の記事
[PR]
b0171771_05253363.jpg
工事中の帯広第2地方合同庁舎
=2018年8月撮影

 11月5日,国の 帯広第2地方合同庁舎が完成 しました。全体の工期は来年3月末までで,今後帯広開発建設部現庁舎の解体や駐車場の整備を行います。
 新庁舎には,帯広開発建設部のほか,老朽化が指摘される帯広財務事務所,帯広税務署が入居します。

b0171771_00535469.jpg
旧帯広財務事務所
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯広第2地方合同庁舎が完成 12日から順次業務開始」 と伝えています。
 国の帯広第2地方合同庁舎(西5南8)が5日,完成した。全体の工期は来年3月末までで,今後帯広開発建設部現庁舎の解体や駐車場の整備を行う。帯開建のほか,老朽化が指摘される帯広財務事務所,帯広税務署が入居。12日以降に順次業務を開始する。

 帯開建(西4南8)の敷地内で建て替え,5日までに電気など設備工事などを終えた。  新庁舎は鉄骨鉄筋コンクリート造り6階建て,延べ床面積約9700平方メートル。敷地面積は約1万2000平方メートル。約72時間の自家発電設備や貯水設備を持つなど災害時の防災拠点としての機能を持つ。

 引っ越し作業は土・日曜など閉庁日に行う。10日の帯広財務事務所から始まり,12月中旬まで続く予定。

-略-

(中島佑斗)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月06日12時42分の記事
[PR]
b0171771_07483633.jpg
参考写真:「アピオス(アメリカホド)」の塊茎
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%9B%E3%83%89

 JA本別町青年部が試験栽培する 世界三大健康野菜を使った スープカレー が,来年1月以降,札幌の有名店で試験販売される見通しになりました。
 青年部の本別・仙美里支部は2016年から,世界三大健康野菜とされる無農薬の「アピオス」「ヤーコン」「キクイモ」を試験栽培しています。
 11月1日,青年部やJA関係者ら約60人が集まった道の駅多目的ホールで,試作品を振る舞いました。

b0171771_04321641.jpg
道の駅ステラ☆ほんべつ
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「本別産「三大健康野菜」,スープカレーに」 と伝えています。
 【本別】JA本別町青年部が試験栽培する世界三大健康野菜を使ったスープカレーが,来年1月以降,札幌の有名店で試験販売される見通しになった。町が事業化を模索するプロジェクトの取り組みで,同野菜を使ったスイーツも別の専門店で検討されている。1日,両店の経営者を招いた講演会が開かれ,明らかになった。

 同青年部の本別・仙美里支部の本別支部グループ(古澤元基支部長)は2016年から,世界三大健康野菜とされる無農薬の「アピオス」「ヤーコン」「キクイモ」を試験栽培している。この取り組みを地方創生・農商工連携に生かそうと,町は高収益作物産地化の可能性について,中小企業診断士の新宮隆太さん(札幌)に検討を委託していた。

 健康をうたう商品開発に協力したのは,札幌本店の「ガラク」などスープカレー9店舗を展開する「雅楽」(福生雅寿社長)と,札幌でスイーツの「カフェドロマン藻岩店」を経営する「ロマントラスト」(竹口健児代表)。1日,同青年部やJA関係者ら約60人が集まった道の駅多目的ホールで,試作品を振る舞った。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月09日8時45分の記事
[PR]
b0171771_08201814.jpg
参考写真:白糠町役場
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E7%B3%A0%E7%94%BA

 11月3日,陸別町文化祭の協賛事業として,白糠(しらぬか)町への 「ふるさとの遺跡をあるく」 が開かれました。
 1884(明治17)年に,現在の町村役場の前身にあたる「戸長役場(こちょうやくば)」が新設された白糠村の管轄は,白糠郡と足寄郡の4村(足寄村,利別村,螺湾村,陸別村)で,陸別にとって白糠は“母村”となります。

b0171771_08202615.jpg
考写真:JR白糠駅周辺
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E7%B3%A0%E7%94%BA

 十勝毎日新聞が, 「『ふるさとの遺跡を歩く』 陸別文化祭事業」 と伝えています。
 【陸別】町文化祭の協賛事業として3日,釧路管内白糠町への「ふるさとの遺跡をあるく」が開かれた。  1884(明治17)年に戸長役場が新設された白糠村の管轄は,白糠郡と足寄郡各村(足寄村,利別村,螺湾村,陸別村)で,陸別にとって白糠は“母村”となる。  郷土研究会員ら45人が参加。白糠のアイヌ文化活動施設「ウレシパチセ」(互いに育む家の意味)や,白糠町公民館に収蔵されている文献などを閲覧した。
-略-

(斎藤朋子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月09日9時30分の記事
[PR]
b0171771_01354535.jpg
参考写真:燃焼状態の
木質ペレット
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E8%B3%AA%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

 11月24,25日の1泊2日,環境に優しい木材について学ぶ 「地球環境レスキュー隊」 が主催するネイパル足寄などで開かれます。
 木質ペレットの製造過程や使い方を知り,実際に火力エネルギーとして調理体験も楽しむ予定です。

b0171771_01111038.jpg
芽登ペレット製造工場(足寄町)
=2018年5月撮影
 
 十勝毎日新聞が, 「地球環境レスキュー隊募集 足寄」 と伝えています。
 【足寄】環境に優しい木材について学ぶ「地球環境レスキュー隊」が24,25日の1泊2日の日程で,主催するネイパル足寄などで開かれる。

 木質ペレットの製造過程や使い方を知り,実際に火力エネルギーとして調理体験も楽しむ。対象は小学3年生から中学生まで,定員50人。費用は1人2000円(食事代など含む)。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月08日13時15分の記事
[PR]
b0191190_21165506.jpg
帯広の森「サラダ館」
=2016年9月撮影

 10月21日, 第56回全日本通信珠算競技道東大会道東大会 が,帯広の森サラダ館で開かれました。
 個人総合競技では,日農機の今井博暁さんがそろばん道東一に輝きました。 団体総合競技では,高校生以上の部で帯広南商業高,中学生の部で幕別中,小学5・6年生の部で芽室小,4年生以下の部で新得屈足南小が部門を制しました。

 十勝毎日新聞が, 「今井さん珠算道東一 団体は南商高V 全日本通信大会」 と伝えています。
 第56回全日本通信珠算競技道東大会兼北海道珠算選手権大会道東支部予選が10月21日,帯広の森サラダ館で開かれた。個人総合競技では,日農機の今井博暁さんがそろばん道東一に輝いた。

 団体総合競技では,高校生以上の部で帯広南商業高,中学生の部で幕別中,小学5・6年生の部で芽室小,同4年生以下の部で新得屈足南小が部門を制した。

-略-

 個人総合競技部門の優勝者は次の通り。(敬称略)
▽高校以上の部=今井博暁(日農機)
▽中学の部=近藤小夏(芽室中学校)
▽小学6年の部=國村史織(帯広つつじが丘小学校)
▽小学5年の部=伊藤彩七(羅臼小学校)
▽小学4年以下の部=吉家悠莉(音更鈴蘭小学校)

(石川友史)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月07日12時20分の記事
[PR]
b0171771_01151333.jpg
よころ物産直売所
=2016年5月撮影

 国道38号沿い茂岩入り口の 「とよころ物産直売所」 は,今季最終営業日となる11月11日, 感謝セール を行います。
 セールでは,全商品1割引きで,地場産野菜や水産加工品などを販売しま。

b0171771_01155656.jpg
とよころ物産直売所
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「 11日に感謝セール 豊頃直売所」 と伝えています。
 【豊頃】国道38号沿い茂岩入り口の「とよころ物産直売所」は,今季最終営業日となる11日,全商品1割引きの感謝セールを行う。町商工会よる大津産シシャモの限定販売も行われる。

 「感謝セール」として地場産野菜や水産加工品などを販売する。シシャモは箱入り(20匹)の雄雌混合,すだれ干しなど。価格は1000円前後。感謝セール,シシャモ販売は午前9時から午後3時まで(なくなり次第終了)。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年11月08日12時09分の記事
[PR]