b0171771_07293640.jpg
本別交通公園・ゴーカート
=2016年5月撮影

 ゴールデンウイーク初日の4月29日、「本別交通公園」でゴーカート を楽しむ親子連れらの歓声が響きました。
 コースは旧自動車教習所の施設を再利用し、信号機や横断歩道、踏切などもあり、人気の体験スポットになっています。

 私(ブログ作成者)も、昨年帰省した折に「本別交通公園」を訪問しました。道東でも信号機のある数少ない交通公園で、多くの親子が、順番待ちをしていていました。
 町の保育園児が「交通安全教室」をかねて利用することもあると、保母さんから伺いました。

b0171771_07295815.jpg
信号機のある交通公園
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ゴーカートに歓声 GWの本別交通公園」 と伝えています。
 【本別】ゴールデンウイーク(GW)初日の4月29日、本別交通公園(朝日町)ではゴーカートを楽しむ親子連れらの歓声が響いた。

 コースは旧自動車教習所の施設を再利用。信号機や横断歩道、踏切などもあり、人気の体験スポットになっている。毎年GWは地元本別をはじめ、道内各地から大勢が訪れ、順番待ちの列ができる。

-略-

 同交通公園は町交通安全協会が委託運営を行う。事務局員の中村輝久さん(70)は「交通ルールを学び、運転を楽しんで」と話す。

 料金は1人乗り200円、2人乗り300円。7日までは毎日営業する。営業時間は午前10時半~午後4時半。(木村仁根)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月30日13時31分の記事
[PR]
b0171771_07151470.jpg
足型ブロック
=2015年8月撮影

 4月27日,足寄町の異業種のまちづくり団体「日本足並み会」の今年度総会が,飲食店「熊の子」で開かれました。
 主要事業の 足型採取は2016年度末で 累計7262枚 になったことが報告されました。昨年度の足型採取は計145人で,内訳は一般110人,高校生35人でした。

b0171771_07161799.jpg
「足型工房」
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「足型採取累計7262枚に 足寄・足並み会」 と伝えています。
 【足寄】異業種のまちづくり団体「日本足並み会」(高橋秀樹会長,会員103個人・団体)の今年度総会が27日,町内の飲食店「熊の子」で開かれた。主要事業の足型採取は2016年度末で累計7262枚になったことが報告された。

 昨年度の足型採取は計145人で,内訳は一般110人,高校生35人だった。

 今年度も同事業を継続し,29日から10月31日まで,道の駅あしょろ銀河ホール21敷地内の「足型工房」(月曜定休)で実施する。採取した足型ブロックは6,10月に敷設する。破損したネームプレートの補修や雑草の除去も行う。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月28日16時02分の記事
[PR]
b0171771_07112214.jpg
おびひろ動物園・ニホンザル
=2015年8月撮影

 ゴールデンウイーク初日の4月29日, おびひろ動物園の 夏季開園 がスタートしました。
 心配されていた雨もやみ,正午までの帯広の最高気温は16.4℃で,春の日差しの中,大勢の家族連れでにぎわっていました。

b0171771_07110894.jpg
おびひろ動物園正門
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「GW幕開け おびひろ動物園夏季開園にぎわう」 と伝えています。
 ゴールデンウイーク(GW)初日の29日,おびひろ動物園(柚原和敏園長)の夏季開園がスタートした。心配されていた雨もやみ,正午までの帯広の最高気温は16.4度。春の日差しの中,大勢の家族連れでにぎわった。

 午前9時の開園を前に,300人以上が集まった。開園セレモニーでは米沢則寿市長が「たくさんの動物が待っている。楽しんで」とあいさつ。吹奏楽グループ「ウィンズ」の演奏で幕開けし,園内でモルモット,ハリスホーク,エゾフクロウ,ミニチュアホース,ヒツジが来園者を出迎えた。

-略-

 夏季開園は11月5日まで。午前9時~午後4時半(9月30日以降は午後4時まで)。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年4月29日 14時00分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201704/20170429-0026464.php
[PR]
b0171771_01570797.jpg
本別観光体験農園(登坂農園)=2016年8月撮影

 本別町の登坂昇農園は,今年度の 観光体験農園の 体験入園者を募集 しています。
 道東自動車道本別インターチェンジ近くの畑=写真=で,登坂さんの指導を受けながら,種まき,植え付け,収穫を体験します。
 体験期間は5月から10月で,1区画(約33平方メートル)が割り当てられます。体験利用料は年1万円で,農機具,堆肥,苗は用意されます。

b0171771_01564957.jpg
別観光体験農園(登坂農園)=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「野菜栽培体験者を募集 本別の登坂農園」 と伝えています。
 【本別】登坂昇農園(登坂昇園主)は,今年度の野菜栽培の体験入園者を募集している。

 道東自動車道本別インターチェンジ(IC)近くの畑で,登坂さんの指導を受けながら,種まき,植え付け,収穫を体験する。農地の賃貸権などを設定しない,カルチャースクールとしての位置づけ。

 体験期間は5月から10月。1区画(約33平方メートル)が割り当てられる。体験利用料は年1万円。農機具,堆肥,苗は用意される。

-略-

 申し込みは登坂さん(090・8273・7777)へ。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月24日9時30分の記事
[PR]
b0171771_05131174.jpg
参考写真:地球と木星の大きさ比較
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%98%9F

 4月26日,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で,木星観望会 が始まりました。
 天文台はゴールデンウイーク期間中,5月7日まで休まず特別開館します。
 木星はこの時期,ひときわ明るく夜空を彩り見頃を迎え,天文台の大型反射望遠鏡「りくり」から,特徴的なしま模様や木星を周る衛星(ガリレオ衛星)を見ることができます。

b0171771_05131637.jpg

参考写真:木星とガリレオ衛星の合成画像
(上からイオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%AA%E8%A1%9B%E6%98%9F

 十勝毎日新聞が, 「木星観望会始まる 陸別・銀河の森天文台」 と伝えています。
 【陸別】りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で26日,木星観望会が始まった。同天文台はゴールデンウイーク(GW)期間中,5月7日まで休まず特別開館する。

 木星はこの時期,ひときわ明るく夜空を彩り見頃を迎える。同天文台の大型反射望遠鏡「りくり」から,特徴的なしま模様や木星を周る衛星(ガリレオ衛星)を見ることができる。

 5月3日は天候次第で,午後6時半から同8時半を目安に,月にアルファベットのX(エックス)の文字が浮かび上がる「月面X」も観察できる。同天文台の技師中島克仁さんは「GW中は天気も良さそう。ぜひ木星を見に来館ください」と話していた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月28日15時30分の記事
[PR]
b0171771_00115909.jpg
本別町商工会館
=2015年8月撮影

 4月17日,本別町商工会青年部の2017年度通常総会が,町内の飲食店「酔月」で開かれました。
 任期満了に伴う役員改選で,副部長だった「源すし」経営の 池田圭吾氏が新部長に 選任されました。

b0171771_00125618.jpg
池田圭吾氏(左)
=2016年9月,きらめきタウンフェスで撮影
 
十勝毎日新聞が, 「新部長に池田さん 本別商工会青年部」 と伝えています。
 【本別】町商工会青年部(部員16人)の2017年度通常総会が17日,町内の飲食店「酔月」で開かれた。任期満了に伴う役員改選で,新部長に副部長の池田圭吾氏(36)=源すし=を選任した。

 賛助部員を除く全員が出席(委任状含む)。16年度の事業・決算報告を承認した後,17年度の事業計画・予算を決めた。主催事業として,本別の大イベントとして成長している「樽生ビアー彩」「豆まかナイト」開催のほか,先進地視察研修などを計画している。

 池田新部長は「部員は町を盛り上げながら家業に生かす視点を持ってほしい。そのこともサポートしていきたい」と抱負を述べた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月19日12時24分の記事
[PR]
b0171771_02532860.jpg
ふるさと銀河線りくべつ鉄道
=2016年5月撮影

 4月16日,「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」 を運営する陸別町商工会は,今期の営業開始となる22日に向け,車両や線路の点検作業 を行いました。
 町商工会の役職員と,りくべつ鉄道を支援する全国組織のボランティアグループ「りくべつ鉄道運行支援部」のメンバー計20人が参加しました。

b0171771_02522183.jpg
陸別町商工会=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「22日営業開始へ点検作業 りくべつ鉄道」 と伝えています。
 【陸別】「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」を運営する町商工会(石橋強会長)は16日,今期の営業開始となる22日に向け,車両や線路の点検作業を行った。

 同商工会の役職員と,同鉄道を支援する全国組織のボランティアグループ「りくべつ鉄道運行支援部」のメンバー計20人が参加した。

 昨年10月末の営業終了から使っていない車両と線路の状態を確認し,劣化した枕木や車両のオイル交換を実施。冬期間に線路を除雪した「ハイモ」(排雪モーターカー)や気動車の入れ替え,駅構内外で実際に列車も試運転させた。

 今期の営業は10月29日まで。開場は午前9時~午後4時。列車の運転体験(要予約)や駅構内外の乗車体験,足こぎトロッコの乗車体験などを行う。

 初日の22日は午前8時45分から旧陸別駅1番線ホームで安全祈願祭を執り行う。同9時20分発の列車(駅構内往復)のみ無料で運行する。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月19日8時30分の記事
[PR]
b0171771_00160530.jpg
「つつじの園」(ふれあい交流館)
=2016年5月撮影

 本別町の就労継続支援B型事業所 「つつじの園」の ス ニーカークリーニング が好評です。
 丁寧な仕上がり具合に加え,冬場も作業可能になったことから,昨年度は過去最多の547足を受け付けたました。
 持ち込まれたスニーカーは,事業所隣の小屋で,ひもや中敷きも外して内外をしっかりと手洗いしています。

 十勝毎日新聞が, 「スニーカークリーニング好評 本別『つつじの園』」 と伝えています。
 【本別】就労継続支援B型事業所「つつじの園」(町向陽町,新津和也施設長,利用者12人)のスニーカークリーニングが好評だ。丁寧な仕上がり具合に加え,冬場も作業可能になったことから,昨年度は過去最多の547足を受け付けた。

 持ち込まれたスニーカーは事業所隣の小屋で洗う。ひもや中敷きも外して内外をしっかりと手洗いする。洗剤を入れたお湯に浸け,浮き上がった汚れを粉せっけんを付けたブラシで落としていく。

-略-

 小屋には洗濯機型の靴洗い器があり,手洗いしたスニーカーの仕上げ洗い,乾燥も行う。自然乾燥による生乾きを防ぎ,臭いも残らない。汚れやサイズにもよるが,1足3時間弱で作業し,朝に預ければ夕方には受け取れる。丁寧な仕事に常連客も多い。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月22日7時00分の記事
[PR]
b0171771_00184534.jpg
十勝バス本社
=2017年2月撮影

 十勝バスの2016年度の路線バス運送収入の概算額がまとまりました。
 全路線合計では前年度比5.4%増の10億1100万円で, 6年連続の増収 になりました。
 台風災害もあり利用が増えた帯広-札幌間の都市間バスのほか,一般路線バスでも前年超えを達成しました。
 都市間バスの帯広-札幌間は同34.2%増の1億6500万円で,台風災害によりJRの特急列車が不通となった9~12月の期間は同83.5%増でした。
帯広市内を走る十勝バス=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯広-札幌間34.2%増 十勝バス運送収入」 と伝えています。
 十勝バス(帯広,野村文吾社長)の2016年度の路線バス運送収入の概算額がまとまった。全路線合計では前年度比5.4%増の10億1100万円で,6年連続の増収。台風災害もあり利用が増えた帯広-札幌間の都市間バスのほか,一般路線バスでも前年超えを達成し,増収につなげた。

 都市間バスの帯広-札幌間は同34.2%増の1億6500万円。1年を通じて前年度を超える月が多く,特に台風災害によりJRの特急列車が不通となった9~12月の期間は同83.5%増。中でも10月は同104.2%増と大幅に利用が増えた。

 収入の柱となる一般路線バスも同0.5%増の7億4800万円で,4年ぶりに増加に転じた。市内近郊へ向かう路線の利用が増えており,「小学生向けのバス利用の出前講座や戸別訪問など,継続して実施してきた事業の成果が少しずつ出てきているのでは」(同社)とする。

-略-

 帯広-旭川間は同15.5%増の2300万円,市街地ととかち帯広空港を結ぶ空港連絡バスは同4.0%増の6600万円だった。

-略-

(中島佑斗)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月22日9時45分の記事
[PR]
b0171771_05483826.jpg
コープさっぽろベルデ店
=2015年8月撮影

 4月22日,十勝総合振興局は,帯広市内のコープさっぽろベルデ店で, エゾシカ肉の普及 を目的に「初めて鹿肉・始める鹿肉」と銘打った 初のキャンペーン を行いました。
 地元の高校生による作品展示やシカ肉の試食,販売を通じて買い物客に理解を求めました。

b0171771_00085395.jpg
十勝総合振興局
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『知って,食べて』シカ肉PR 振興局」 と伝えています。
 十勝総合振興局は22日,帯広市内のコープさっぽろベルデ店(西17南4)で,エゾシカ肉の普及を目的に「初めて鹿肉・始める鹿肉」と銘打った初のキャンペーンを行った。地元の高校生による作品展示やシカ肉の試食,販売を通じて買い物客に理解を求めた。

 同店は管内のスーパーで唯一,エゾシカ肉のレシピを取り扱っている。道が定める毎月第4火曜の「シ(4)カ(火)の日」の定着も視野に,人の入りが見込めるこの日に設定した。(小縣大輝)

 管内7高校の生徒が授業でまとめた掲示物では,エゾシカの生態や深刻な自然被害について視覚で訴えた。

-略-

(小縣大輝)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月22日16時25分の記事
[PR]