4月24日(土)、 ばんえい十勝が開幕しました。新生競馬は今年で4年目で、来年3月28日までの26開催150日間、帯広競馬場で行われます。
b0171771_17414634.jpg
 開幕日の24日は第1レース(午前11時20分)前に米沢則寿新市長がファンに主催者あいさつをしました。
 24日開幕のばんえい十勝応援のため、岩手県滝沢村の「チャグチャグ馬コ同好会滝沢支部」と同村役場職員の一行22人が参加して、ばん馬4頭などが鈴の音を響かせて23日(金)午後1時前から帯広の中心街を初めてパレードしました。「日本3大馬祭り」の一つチャグチャグ馬コは、国の無形文化財になっています。

《参考:滝沢村ホームページ》 チャグチャグ馬コの映像もみられます。
http://www.vill.takizawa.iwate.jp/chag
[PR]
 北海道で、4月20日(火)午後から21日(水)午前にかけて湿った降雪 がありました。
 これは北海道上空を低気圧が通過した影響で、十勝管内では上士幌町で11cmの降雪を観測しました。b0171771_50376.jpg十勝でのまとまった雪は4月7日以来、約2週間ぶり。帯広測候所によると、降り始めからの降雪量は芽室町で10cm、上士幌町糠平(ぬかびら源泉郷)と中札内村上札内、大樹町で9cmなど。最低気温は糠平で氷点下1・7℃、芽室で0・8℃を記録した。
 7cmの降雪となった帯広市稲田町のはるにれ公園では、ハルニレの大木の枝が花を咲かせたように白く染まっていました。
[PR]
 「ラリー北海道」(アジアパシフィックラリー選手権第2戦、全日本ラリー選手権第3戦)が、5月21日(金)~23日(日)、十勝管内の5市町で行われます。この競技の成功に向け、観戦ステージが設けられる各地の成功させる会の打ち合わせ会議が4月16日(金)、本別コミュニティーセンターで開かれ、地元住民を対象とした割引チケットの販売方法などを協議しました。b0171771_11122918.jpg
 本別や陸別、足寄などの支援団体関係者ら12人が出席し、前売り観戦チケット(通常料金2,000円)については、観戦ステージの地元住民に限り一律1,200円で割り引き販売し、帯広を除く各駐車場の利用料金を500円と設定。各地で必要なのぼりやポスターなど広報用具なども調整しました。
写真:「ラリー北海道」の広告看板(勇足-本別間)
[PR]
 本別町教育委員会は2010年春から、義経の里パークゴルフ場(以下PG)3コース(27ホール)のうち「弁慶コース」を閉鎖 することになりました。利用が少なく、また、シカのふん被害が深刻だったためで、残る2コースは5月8日から今季の営業を始める予定です。
 弁慶コースは義経の里スキー場の斜面を利用した同PG場南側の9ホール。(写真地図の下中央部分)3コースの中で最も利用が少なかったほか、山林に面しているためシーズン中はシカのフン被害が深刻で、教育委員会には、利用者らから苦情も寄せられていていました。
 コースの芝刈りを行ってきた本別町PG協会の閉鎖要望もあり、教育委員会はコース縮小を検討してきました。PG協会など利用者側との協議を経て、弁慶コースを芝地に戻すことにしました。
b0171771_10375979.jpg

[PR]
 4月29日からのゴールデンウィークにあわせ、十勝川温泉観光協会は、温泉宿泊者を対象に電動自転車の貸し出しを始めることになりました。十勝が丘公園の花時計「ハナック」(写真)など坂道のサイクリングや、温泉街周辺の観光を楽しんでもらおうと企画した。b0171771_19575981.jpg
 電動自転車は小回りが利き、坂道の走行や遠出も可能で、温泉観光ガイドセンターに10台を用意し、利用料金は3時間1000円程度にする予定。時間に応じて料金コースを設定します。温泉に宿泊した人が2日目の滞在を楽しんだり、ホテルのチェックアウト後の時間を有効活用できるよう、周辺の観光ルートの案内と一緒に提案します。
 温泉街から帯広駅までの距離は約9kmで、電動自転車を使えば約40分。池田のワイン城にも約1時間で行ける距離です。協会では「坂道がきつい十勝が丘展望台や、帯広、池田まででも電動自転車なら走行が可能になります。
[PR]
 4月20日(火)から、ドリカムの曲がJR池田駅の改札音となりました。b0171771_5301749.jpg 
 DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)は、池田出身の吉田美和さんが所属しています。改札音は、昨年来町したドリカムの中村正人さんが「池田のどこかで曲が流れる所を」と話したことから実現しました。
 昼間の特急「スーパーおおぞら」(写真)が到着するまでの10分間、ホームと待合室に「晴れたらいいね」「ALMOST HOME(オールモスト・ホーム)」の2曲がオルゴール音で流れます。町では、「ドリカムの音楽が池田、十勝の観光の力になれば」と期待を込めています。

Dreams Come True YouTubeサイト
◆「晴れたらいいね」
http://www.youtube.com/watch?v=QRqbM1hzl6I&feature=related
◆「ALMOST HOME(オールモスト・ホーム)」
http://www.youtube.com/watch?v=4iX428gmijc
[PR]
 4月10日(土)に第1陣12人、翌11日に第2陣16人、池田「まきばの家」b0171771_972971.jpgをツアー客が訪れました。
 「まきばの家」は、日本一のヒツジのテーマパークを目指している町内清見の観光施設で、関西のツアー客が初めて訪れ、目玉のシープドッグショーに歓声を上げていました。 民営化に伴う2007年のリニューアルオープンから4年目。スタッフが施設の魅力アップを図ってきた成果が徐々に表れつつあります。
 毛をなびかせてボーダーコリー4匹が、疾走と伏せを繰り返し、ヒツジたちを柵の中に追い込みます。さらにヒツジの背中に飛び乗って間隔を詰めさせる技を披露すると、客席から拍手がわきました。
 このツアーは、JTB西日本が組んだ3泊4日「春彩(はるいろ)の積丹・えりもと富良野・美瑛・十勝絶品かにグルメ」の旅。ショーを担当しているのは、施設隣のヒツジ牧場「ボーヤ・ファーム」の安西浩さん。毛刈りを実演し、子ヒツジの授乳体験の場も用意しました。
 滞在時間は1時間ほど。ショーの後、施設側が一行をプリンとコーヒーでもてなしました。ツアーは6月9日まで断続的に続き、バス3台で140人以上が訪れる日もあります。予約は既に計約2200人入っており、さらに増える可能性もあります。

《株式会社「まきばの家」公式ホームページ》
http://makibanoie.shopblog.jp/

《道新動画NEWS:牧羊犬ショー》
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video/?c=news&v=77684427001

地図 赤☆印…まきばの家 青☆印…ワイン城 緑☆印…池田町役場

[PR]
b0171771_06324415.jpg
雌阿寒温泉・国民宿舎「野中温泉別館」

 4月16日(金)、 道道オンネトー線 の雌阿寒温泉-オンネトー湖畔間3.
3kmの冬季通行止めが解除されました。早速、観光客やアマチュアカメラマンらが「神秘の湖」を訪れています。
 今年は、林野庁による展望台前の樹木伐採により、「オンネトー展望台」から湖面も見えるようになりました。
 雌阿寒温泉に携帯電話の基地局も設置されたことから、NTTドコモの携帯電話が通話可能になったことで、地元は来訪者の増加を期待しています。

《参考:オンネトー》

 オンネトーは、北海道足寄郡足寄町東部にある湖である。名前はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味である。
b0171771_8121569.jpg

地理
 阿寒国立公園内に位置する。雌阿寒岳の噴火により西麓の螺湾川の流れが止められてできた堰止湖で、湖水は酸性で魚類は棲めないが、エゾサンショウウオとザリガニが棲息する。湖面は刻々と色を変えることから五色沼の別名もある。波のない時は雌阿寒岳と阿寒富士を映し出す。阿寒湖から近い湖沼だが、流出河川の螺湾川は、東方の釧路方面ではなく、西方の十勝方面へと流れる。

観光・利用

 オコタンペ湖、東雲湖とともに北海道三大秘湖の一つとされているが、湖畔には散策路が設けられ、国設野営場もあるなど、他の2つと比べると周辺の整備は進んでいる。オンネトー野営場と雌阿寒温泉は、雌阿寒岳の登山口となっている。北東に約2km進んだ雌阿寒温泉は野中温泉ともいい、国民宿舎とユースホステル、民宿がある。

オンネトー湯の滝

 野営場から南へ続く遊歩道を2kmほど歩くと、温泉水が流れ落ちる「オンネトー湯の滝」という滝がある。かつては滝つぼで入浴ができたが、微生物がマンガン酸化物を生成する現象が発見され、保護のため入浴禁止となった。そのため湯船が別に作られ、無料で入浴できた。しかし、この湯船に湯を引湯することが原因で、それより下流でのマンガン酸化物を生成する現象に影響があることが判明し、2005年にこれも廃止されたため、この滝の湯で入浴することは完全に不可能となった。2000年には「オンネトー湯の滝マンガン酸化物生成地」として国から天然記念物の指定を受けた。

交通アクセス

 足寄市街地から東へ約50km。国道241号、北海道道949号オンネトー線を経由する。夏期は阿寒湖畔からバス(所要時間30分)が運行されている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(写真も)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%88%E3%83%BC



[PR]
4月18日(日)、帯広市長選の投開票が行われ、米沢則寿氏が初当選 しました。
 任期満了に伴う帯広市長選は、無所属新人の元会社役員米沢則寿氏(54)=民主党、新党大地推薦=が他の2候補を下し、初当選しました。
 また、市議補選は神谷博之氏が当選しました。

確定得票は次の通り
▼帯広市長選
上野敏郎氏 無所属・新(自民・公明推薦) 37,378
米沢則寿氏 無所属・新(民主・大地推薦 社民支持) 37,516 当選
猪股 寛氏 無所属・新1,781

▼帯広市議補選
▼帯広市議補選
高田雪子氏 無所属・新 6,547
三井寿果氏 無所属・新(民主・大地推薦) 26,630
神谷博之氏 無所属・新(自民推薦) 33,641 当選
杉野智美氏 共産・新 8,172

《米沢則寿(よねざわ・のりひさ)氏の経歴》
 1956年帯広市生まれ。帯広柏葉高、北大法学部卒。石川島播磨重工業、日本合同ファイナンス(現ジャフコ)などを経て95年から北海道ジャフコ社長。2005年にジャフココンサルティング社長。10年1月からジャフコ経営理事。53歳。

《神谷博之(かみや・ひろゆき)氏の経歴》
 1955年帯広市生まれ。帯北高、名城大卒。1985年から22年間、故中川氏の秘書を務めた。
[PR]
b0171771_00200182.jpg
ミッチェル市紹介コーナー=2014年8月撮影
※この画像は後日アップロードしました。

 5月7日(金)~12日(水)の6日間、本別町の国際姉妹都市オーストラリア・ミッチェル市訪問団 (ケビン・ムルロニー団長)が本別町を訪問することになりました。

 昨年1月、ミッチェル市を含む同国ビクトリア州一帯で山火事が発生し、甚大な被害を受けました。その際、町民らが被災地に人道支援を繰り広げた縁で5月7日に本別入りする訪問団が、滞在中の同9日(日)に「本別山渓つつじ祭り」(会場・義経の里本別公園)のステージに立ち、町民に感謝の意を伝える予定で、歌や踊りを披露するほか、物産販売なども繰り広げる予定です。

 本別町とミッチェル市は1991年9月、国際姉妹都市を締結。92年度から相互に訪問団を派遣し、友好を深めています。ビクトリア州の山火事被害を受け、本別側は同市を訪問したことがある中・高校生ら町民が被災住民を励ます寄せ書きや千羽鶴を現地に送り、町は町民から募った義援金約60万円と見舞金20万円を送金。町内で復興を願う機運を盛り上げ、人道支援に手を尽くしました。本別側の温かい応援に、ミッチェル市は、3年ぶりの訪問団派遣を大勢の町民が集う「つつじ祭り」に合わせて設定。直々に感謝と友好の思いを伝えることになりました。当日はムルロニー団長ら団員12人がステージで感謝の言葉を述べ、歌や踊りも披露。会場では特産品を販売するほか、被災1周年を特集した新聞や雑誌を張り出し、来場者に被災状況や復興の様子などを紹介することになります。

 訪問団の滞在中の5月8~10日は、町内の一般家庭でホームステイし、11日は町歴史民俗資料館や本別中学校などを訪問、町中央公民館で華道や茶道など日本の伝統文化にも触れる予定です。

《姉妹都市/オーストラリア・ミッチェル市》
 ミッチェルはオーストラリア大陸の南東部ビクトリア州にあり、1985年に始まった「町民ジェット」で前身であるキルモア町を訪問したことから交流が始まり1991年(平成3年)の本別町開基90年に際し、キルモアとの姉妹都市提携を結びました。
 1994年(平成6年)にキルモアと周辺市町の合併でミッチェルが誕生し、合併前にそれぞれの町が結んでいた姉妹都市提携を検討した際、本別町はキルモアとの活動的で素晴らしく実り大きい関係を持っていたことが評価され、市は本別町との姉妹都市提携に合意しました。
 以来、中高生の海外研修や親善訪問など相互において密な関係を結び、1998年(平成10年)からは、本別町において英語指導助手を担う国際交流員がミッチェルより招致され、現在も一層の交流に努めています。
引用:「本別町姉妹都市」
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/town/exchange.html

b0171771_01093868.jpg
姉妹都市記念フラッグ=2014年8月撮影

《参考:ビクトリア州》

 ビクトリア州(ビクトリアしゅう、ヴィクトリア州とも、The (Crown) State of Victoria, 略号 VIC)は、オーストラリア連邦南東部に位置する州。面積 227,416 平方キロで大陸部の州としては最小であるが、人口 5,012,300 人と人口密度は高い。州都はメルボルン。州人口の70%はメルボルン地域に集中する。

歴史

 1803年最初の流刑植民団がメルボルン付近のポート・フィリップ湾に入植し、わずか7ヶ月で崩壊した。20数年後、再び入植が行われ、ニューサウスウェールズ流刑植民地政府の管理下に置かれた。1851年にバララット (Ballarat) で金鉱が発見され、人口が急激に増加したため、同年ビクトリア植民地政府が成立した。「ビクトリア」の名称は、1851年の植民地政府成立時に在位していた女王ヴィクトリアにちなむ。 1901年オーストラリア連邦成立に伴い州となり、連邦首都キャンベラが選定・建設中、当時オーストラリア最大の都市であったメルボルンに一時的に首都が置かれたこともある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%B7%9E

[PR]