2月11日(木)、NHKハイビジョンで『硫黄島からの手紙』が放送されます・
 第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、日本側の視点から描いた戦争映画です。クリント・イーストウッド監督による『父親たちの星条旗』に続く、硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品です。
 劇中の栗林忠道中将の手紙は、彼の手紙を後にまとめた『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)に基づいています。硫黄島でアメリカ軍を悩ませた伝説の陸軍中将である栗林忠道と彼の部下たちによる死闘が描かれます。
 この映画での注目の一つは、渡辺謙が演じる栗林忠道陸軍中将とともに、伊原剛志演じるバロン西(西竹一陸軍中佐)が、実在の人物であり、本別にゆかりがあることです。ロサンゼルス五輪馬術で金メダルを獲得した西中佐は、本別町西仙美里にあった旧軍馬補充部に勤務していました。戦後もこの地域を「軍馬」と呼ぶ人が多くいました。
 映画の場面に、本別や軍馬補充部の場面が登場することはありませんが、西中佐の時代をこえた人となりが、見事に描かれています。
 現在、本別町歴史民俗資料館には、西中佐関連の品々が展示されています。

放送データ
チャンネル:NHK・ハイビジョン
放送日:2010年2月11日(木)
放送時間 :午後11:00~深夜1:25
〔監督〕クリント・イーストウッド
〔出演〕渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江、松崎悠希、渡辺広、坂東工

《参考1:軍馬補充部十勝支部》
 明治42年に中川郡本別村(後に本別町)西仙美里に設置。用地面積は1万9800ヘクタール。昭和20年11月の陸軍省廃止に伴い用地は大蔵省に移された。昭和21年本別町西仙美里の土地は北海道立農業講習所(昭和49年から北海道立農業大学校)が取得し、足寄町鷲府にあった支部用地は昭和24年に九州大学が取得し北海道演習林として利用する。昭和63年には国鉄仙美里駅長の森弘が軍馬の鎮魂碑を建立した。西竹一(バロン西)が在籍(昭和14年3月-昭和15年8月)していたことも知られている。

《参考2:「硫黄島の戦い」》
 1944年8月グアム島をほぼ制圧し終えた米軍は、次の攻撃予定として、12月20日レイテ島上陸、1945年2月20日にルソン島もしくは3月1日に台湾上陸、との作戦計画を立案したが、台湾か沖縄かはこの時点では決定されていなかった。しかし、アメリカ太平洋艦隊司令部では既に1944年9月にスプールアンスの献策から、台湾攻略は補給の限界と日本本土への影響力行使の観点から、意味がないと判断した。
 レイテ攻略で、ほぼ日本海軍の戦闘能力はなくなり、台湾攻略の戦略的な価値が下がった上に、米陸軍も日本本土への戦略爆撃の効果から硫黄島攻略の意義を唱え、「硫黄島攻略後に沖縄上陸」という基本戦略が秋の日本本土上陸への前提としてアメリカ軍全体の方針となった。
 これを受けて、1945年2月19日にアメリカ海兵隊の硫黄島強襲が、空母機と艦艇の砲撃の支援のもと開始された。3月17日、激しい戦闘の後にアメリカ軍が島を制圧し、日本軍守備隊陣地の多くが壊滅した。3月21日に大本営は17日に玉砕したと発表。その後も、生き残りの日本兵からの散発的に抵抗は続き、3月26日、栗林忠道中将(戦闘終結直前に大将へ進級)以下300名余りが最後の攻撃で壊滅し、これにより組織的戦闘は終結した。
 日本軍に増援や救援の計画は当初よりなく、2万933名の守備兵力のうち2万129名までが戦死した。これは損耗率にして96%にのぼる。一方、アメリカ軍は戦死6821名・戦傷2万1865名の計2万8686名の損害を受けた。太平洋戦争後期の上陸戦でのアメリカ軍攻略部隊の損害(戦死・戦傷者数等の合計)実数が、日本軍を上回った稀有な戦いであった。
出典: いずれもフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

地図赤☆印…硫黄島(いおうとう)
 硫黄島は、東京都小笠原村に属する東西8 km、南北4 kmの火山列島(硫黄列島)中最大の島です。現在は海上自衛隊管理の航空基地が設置され、全島がその基地の敷地とされているため、民間人および自衛隊員以外の公務員が島に立ち入ることは禁止されています。 小笠原諸島の父島からは300 km、本州、グアム島、南鳥島、沖縄本島から、それぞれ約1,200 kmから1,300 kmほぼ等距離に位置しています。

[PR]
 「立春」を迎えた2月4日(木)、陸別で今季最低の-30.9度まで下がりました。これは、道内2番目の最低気温に当たります。十勝管内は、北海道上空に非常に強い寒気が流れ込んだ上、放射冷却現象の影響も加わり、この冬最も冷え込みました。帯広測候所によると、最低気温は陸別で今季最低の氷点下30.9度まで下がり、管内では2006年(平成18年)1月13日の陸別同30.5度以来、4年ぶりに氷点下30度を下回りました。
 また、4日午前7時には、本別で氷点下24.7度に低下しました。
 道内の最低は、上川管内占冠村で同34.4度でした。占冠では、アイスキャンドル作りの作業中、あまりの寒さでバケツの中の氷が膨張しすぎ、ほとんどが破損してしまうハプニングが起きたとのことです。
 氷点下30度以下になったのは、占冠村や陸別町のほかに、釧路管内弟子屈町川湯で同30・1度を観測しました。また、夕張市(氷点下23・6度)や日高管内日高町(同27・8度)などでは観測史上最低となり、道内各地で平年を10度近く下回りました。
 帯広も今季最低の同22.4度を記録しました。帯広で同20.0度を下回ったのは昨年12月18日の同20.3度以来です。ほかの十勝館内での最低気温は幕別町糠内同29.1度、大樹同28.0度、音更町駒場同27.9度などです。帯広市の帯広競馬場では午前5時から、ばん馬の調教が行われており、練習場は馬の吐く息で真っ白になっていました。(写真
b0171771_1848441.jpg

[PR]
 2月2日(火)、前原誠司国土交通相は、高速道路37路線を無料化すると発表しました。全国の高速道路延長の約18%にあたる1,626キロが対象になります。この中には、道東道=本別・足寄~占冠が含まれていて、6月には無料化される見通しです。もともと交通量が少なく、無料化で渋滞が起きにくい地方路線が中心で、山形道や山陰道など、既に無料通行できる区間と有料区間が混在している路線も優先的に無料化します。

無料化される北海道の高速道路
▽道央自動車道=士別剣淵―岩見沢
▽深川留萌自動車道=深川西―深川JCT
▽道東自動車道=本別・足寄―占冠、夕張―千歳恵庭JCT
▽日高自動車道=沼ノ端西―苫小牧東

 道内は、上記のように、道東道を含む4路線(5区間)計319キロが無料になります。ETC搭載車や休日割引に限らず、現金利用者を含む全車種が対象になります。
 十勝を中心とする道東自動車道は、本別・足寄−占冠など開通区間の全線が対象となるだけでなく、本別インターチェンジ(IC)-浦幌IC間(延長8キロ)がすでに無料で運用されていました。そして、また、十勝と道央方面を結ぶ高速道路は現在、夕張インターチェンジ(IC)−トマムIC間が整備中で、2011年には開通する予定です。
 そのため、札幌圏からの日帰り観光客の増加が見込まれることなど期待する声が聞こえ、観光や流通部門で大きな波及効果が期待されます。また、経費節約のため、日勝峠を越えなければならなかった運送業のドライバーは、負担軽減による安全の確保が期待できるとのことです。
地図:赤☆印…道東自動車道=足寄IC-占冠IC(6月無料に)
    緑☆印…道東自動車道=本別JCT-浦幌IT(すでに無料)
    青☆印…帯広広尾自動車道=帯広JCT-中札内IC(すでに無料)

[PR]
 月刊児童詩誌「サイロ」が創刊50周年の節目を迎え、2010年1月号は記念すべき創刊600号となりました。この50年間に掲載された作品数は1万1302点。
 「サイロ」は1960年に創刊。六花亭製菓の創業者で名誉会長の故小田豊四郎さんが、福島県の製菓会社が発行する子供の詩集「青い窓」の中にあった一編の詩に心を打たれ、十勝の子どもたちにも豊かな詩心をはぐくむ場をつくろうと、次男の担任教師に持ち掛けたのがきっかけだと言われます。
 レンガ積みのサイロは、酪農王国・十勝のシンボル。誌名は栄養豊かな飼料を貯蔵するサイロのように、子どもたちの詩心が熟成し、豊かな人生の糧になるようにと名付けられました。
 創刊以来、十勝にゆかりのある画家故坂本直行さんが描いた草花や山の絵が表紙を飾ってきました。50年の節目を迎え、表紙を一新して、真野正美さんが十勝の原風景を描くことになりました。
 また、チーズサブレ「リッチランド」の袋には、帯広十勝の児童詩が掲載されています。(写真)このチーズサブレを手にして、子どもたちの詩に、心を癒された思い出のある人は少なくないことと思います。

小田豊四郎記念基金・児童詩誌「サイロ」のHP
URL…http://www.oda-kikin.com/sairo.html
b0171771_175952.jpg

[PR]
 アイスキャンドルが真冬の街を照らす「2010ほんべつ雪あかりナイト」(実行委員会主催)の準備が着々と進められています。
 今回は、2月6日(土)午後4時から8時まで、道の駅「ステラ★ほんべつ」と銀河通り、大通り(南1丁目~北5丁目)を会場に開かれます。
 本別町小規模通所作業所「つつじの園」(本別町向陽町23-1・水元博宣施設長)で行われてきた氷灯用のキャンドル作りが22日で終了しました。同作業所では今回、会場にともる全キャンドルの約8割に当たる7000個を用意しました。当日は、このほかに実行委側が用意する分と合わせ、約8600個のキャンドルが氷灯の中で揺らめくことになります。
 ほんべつ雪あかりナイトは、「1町民1個」を目標にアイスキャンドルを作り、各商店が店先を思い思いに飾り付けるほか、道の駅の広場については、町内の小、中、高校生や企業などが担当します。 ちなみに、本別町の公式ホームページによると、平成21年12月末の本別町の人口は、8,5666人(男:4,216人/女:4,350人)です。
 当日、道の駅では岡女堂本家の甘納豆などを無料配布するほか、最低でも500円の商品券が入っている雪中宝探し(300円)、町内飲食店のクーポンが当たるアイスキャンドル輪投げ(100円)などを行う予定です。
 また、道の駅に高さ5メートル長さ18メートルの「氷の滑り台」が、初めて登場します。滑り台づくりは28日に始まり、ショベル2台で周囲の雪を積み上げました。北海道建築士会十勝支部本別分会が整形を担当します。
[PR]
 1月29日(金)、おびひろ氷まつりが開幕しました。
「第47回おびひろ氷まつり」は、帯広のまつり推進委員会が主催し、帯広市内の緑ケ丘公園で行われています。期間は31日(日)までの3日間。
 メーン会場の「氷雪の国」には大氷雪像などが集合しています。陸上自衛隊第5旅団第5特科隊が製作した大雪像「ガリバー旅行記」と十勝毎日新聞社の大氷雪像「アイスワンダーランド」の滑り台には長い行列ができました。
b0171771_6554018.jpg
 大雪像のガリバーは高さ5メートル、幅18メートル。横たわるガリバーの横には、長さ22メートルの滑り台も併設されています。会場には氷雪像約50基も並んでいます。
 帯広青年会議所の「回転そり」や「雪の迷路」も大人気です.
 19日午後6時15分からは、北海道新聞社の提供による「道新おびひろ冬花火」で、スターマインなど花火約2千発が打ち上げられました。また、30日午後6時からは、十勝毎日新聞の提供で「WINTER HANABI SHOW・雪原の火祭り」行われます。
 帯広には、三つの大きなおまつりがあります。
 8月には短い夏のメインイベント「平原まつり」、10月下旬から11月上旬には「菊まつり」、厳しい寒さの1月には「氷まつり」が開催されます。 これらのおまつりは、「帯広のまつり推進委員会」を中心に行われています。

会場図・日程表:帯広観光コンベンション協会のチラシより 
URL…http://www.obikan.jp/
b0171771_7131253.jpg
b0171771_7263912.jpg

[PR]
 1月19日(水)、北海道立農業大学校の学生が、仙美里地区の伝統芸能「本別駒おどり」の歴史を学びました。本別駒おどり保存会(登坂昇会長)の会員を講師に招き、踊りも体験しました。
 農業・農村の生活文化や歴史を学ぶ教養課程「農村文化論」の講義の一環で、昨年に続き2回目。同校が旧陸軍省軍馬補充部十勝支部跡地にあり、駒おどりが同支部に勤務していた竹ケ原仁蔵氏によって伝えられた経緯もあることから、学生に地域の歴史を知ってもらおうと講義に盛り込みました。
《参考:本別駒踊り》
〔概要・見所〕
 青森県三本木村(現・十和田市)で習得した「南部駒おどり」を伝承したもので、出陣から行軍、戦場での騎馬戦、そして凱旋を表現したおどりです。終戦まで陸軍の軍馬補充部がおかれ、その慰安行事として披露されたのが「本別駒おどり」のはじまりです。
 1946(昭和21)年に保存会が、1996(平成8)年には少年団が発足し、活動が行われています。
[保存会等名称]本別駒おどり同好会
[公開の時期]本別きらめきタウンフェスティバル(9月)、本別町芸能発表(11月)や学校行事等で披露をしています。
出典:北海道文化資源データバンク
http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-bsbsk/bunkashigen/index.html

地図:赤☆印…青森県十和田市三本木地区

[PR]
 陸別中学校の2人が、韓国で行われるショートトラック競技に出場します。
 第8回日韓青少年冬季スポーツ交流事業(日本体育協会主催)が、1月18日(月)~24日(日)の日程で、韓国・ソウルなどでスピードスケートやアイスホッケーなど6競技にわたって行われます。この事業には、道内の中学生130人が参加します。この事業は2002年のサッカー・ワールドカップ大会日韓共催を機に、両国の青少年がスポーツを通じて交流を図ることを目的に始められました。
 陸別中の生徒が参加するのは初めてで、S君とSさんの2人は、同校では十数年ぶりのスケート選手で、普段は少年団とともに町民スケートリンクで練習しています。ただし、ショートトラックの経験は少ないため、少し不安な面もあるようですが、初めての世界舞台に期待が集まっています。
 なお、2人が中学生のため、個人情報保護でイニシャルにしました。ご了承ください。
[PR]
 道は、2009年4月1日現在の地方公務員の給与実態調査をまとめました。管内市町村公務員給与指数とは、国家公務員給与を100とした場合の地方公務員給与水準を示す「ラスパイレス指数」で、管内市町村平均(加重平均)は97.1で前年より0.1上昇しました。 
 本別町は、前年比2.0のUPで、十勝管内で最高でした。
 また、指数の最高は陸別町の100.1で管内で唯一100を超えました。最低は清水町の93.1でした。なお、「ラスパイレス指数」は、市町村の財政状況の良し悪しを表す数値ではありません。

 ラスパイレス指数は、2006年から国の給与機構改革に伴い、国家公務員と地方公務員の給与水準を比較するため導入されました。管内平均は2006年が94.7で、上昇は4年連続。管内では10市町が前年より高くなり、最も上がったのは本別町でした。
 100を超えた陸別町は10年ほど前のピーク時に比べ、職員が20人近く減るなど人件費削減も進んでいますが、年齢構成が高く、国家公務員の水準を上回りました。

 帯広市は前年より1.5上昇し98.1。団塊世代の大量退職に伴い昇進ペースが上がったこと、昨年度据え置いた若年層の昇進を解除したことなどが理由とのことです。
 道内の市の平均(札幌を除く)は95.4で、最も高いのは江別市の99.4。帯広は全34市中、8番目に高い98.1。道内町村平均も95.4で最高は渡島管内八雲町の101.7。陸別は3番目に高く、十勝は道内町村の上位20(全33町村)までの中に9町村が入っています。

十勝管内市町村らスパイラル指数(2009年4月1日)
順 市町村  指数  前年比
1 陸別町 100.1  1.1
2 足寄町  99.4  1.5
3 帯広市  98.1  1.5 
4 上士幌町 98.1  1.1
5 音更町  98.0 -0.7 

8 池田町  97.8  1.8

11 本別町  97.6  2.0

19 清水町  93.1 -1.1 
道平均    95.5  0.1
全国平均   94.6  0.4

参考:ラスパイレス指数≫ 地方公共団体の一般行政職の給料額(本給)と国の行政職俸給表の適用職員の俸給額(本給)とを、学歴別、経験年数別にラスパイレス方式により対比させて比較し、算出したもので、国を100としたものである。
http://www.soumu.go.jp/iken/kyuyo.html
[PR]
 1月27日(水)、衛星映画劇場に、ばんえい競馬を描いた映画「 雪に願うこと」が登場します。
 鳴海章(なるみしょう)の人気小説「輓馬」(ばんば)を映画化したもので、厳冬の帯広を舞台に、ばんえい競馬の世界に生きる人々の人間模様と、そんな人々や馬との触れ合いを通して自分の再生の道を探ろうとする青年のかっとうを感動的に描き出しました。母と兄を故郷に捨てて、東京で一旗あげようとした弟・学。そんな学が十三年ぶりに故郷の帯広を訪れ、厩舎を営む兄のもとに姿を見せるのですが……。東京国際映画祭でグランプリを含む四冠を獲得。

チャンネル:NHK・BS2
放送日:2010年1月27日(水)
放送時間 :午後9:00~午後10:55(115分)
〔製作〕若杉正明
〔監督〕根岸吉太郎
〔原作〕鳴海章
〔脚本〕加藤正人
〔撮影〕町田博
〔音楽〕伊藤ゴロー
〔音楽プロデューサー〕佐々木次彦
〔出演〕伊勢谷友介、佐藤浩市、小泉今日子、吹石一恵、草笛光子、山﨑努 ほか

《参考:ばんえい競走》
ばんえい競走(ばんえいきょうそう)とは、競走馬がそりを曳きながら力と速さを争う競馬の競走である。世界で唯一、北海道でのみ行われている形態の競馬である。一般の平地競走で使われているサラブレッド系種などの「軽種馬」は使わず、古くから主に農耕馬として利用されてきた体重約800-1200kg前後の「ばんえい馬」(重種馬)が、騎手と重量物を積んだ鉄製のそりを曳き、2箇所の障害が設置された直線200mのセパレートコースで走力と持久力を競う。
帯広市が主催する地方競馬としての「ばんえい競馬」のほか、一部地域では「草ばんば」(後述)も行われるなど北海道が生み出した独自の馬文化として定着しており、それらを含めて「北海道遺産」に選定されたほか、ばんえい競馬を題材にした映画「雪に願うこと」も製作されるなど、注目度は高まりつつある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

b0171771_1118681.jpg

[PR]